山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【金華山】困らない人生を手に入れたい。(2013.5.4)

<<   作成日時 : 2013/06/17 22:53   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


ようやくのGW後半れぽ。
写真は自分にお土産で買った大漁旗柄手ぬぐい。
見てると なんか元気が出てくるので、部屋に貼っちゃいました。


GWの山旅は、相方が珍しく めざす山を2座チョイス。
GW前半は男鹿三山。
んで、後半は、それ同様 だいぶ前の山雑誌から見つけてきたのが、
今レポの 宮城県の金華山。
金華山は、山の名前 兼、島の名前。

牡鹿半島の東にある島で、東日本大震災の震源地に最も近い陸地。
となると、
山行計画を練るにあたり 気になるのが、
参考にした山雑誌は古くて、震災以前のもの。
現状、山歩きができる状態になっているのか?
まだまだインフラが復旧してないんじゃないかな。
ってこと。

観光協会等に電話をしてみたら、
やはり、インフラ復旧はまだまだな感じ。
けど、
電話先の方から、
「是非いらしてください。」
と言って頂けたので、計画決行。

山行前夜は、石巻の道の駅 「上品の郷」で、
バイキングを食べて お腹が超パンパンにして、車中泊。 駐車場はめっちゃ激混み。



金華山へは、
女川港と、鮎川港の二つの港から渡れるんだけど、
ボクらは女川港からの定期航路で。
と、
いうのも、
この定期航路
前日の5月3日に再開したばかり。
画像

画像

この船。
津波を乗り越えたとのこと。

地震が起きたときの話。 津波を乗り越えたときの話。
津波が湾に入っていく様子。 地震後船上で数日過ごした話。
等を、
行きの船内で話していただいたんだけど、
ボクがここにうまく書ける自信がないので、
是非、
現地で、機会があれば、
復興なんてまだまだ先の先、
インフラ復旧も殆ど手がついていない状況らしいなんてことも併せて、
現地の人に直に伺ってみて欲しいなって・・、

そう感じさせる お話を聞いたのでした。

画像
このちいさな船つき桟橋も地盤沈下で使えなくなったものを、
2年かかってようやく ひとつ使えるように出来たんだって。




山も海も、
画像

画像

画像
怖いけど、美しいんだよね。


そんな海と山と両方たっぷり楽しんだ山行記録は、
こちら ⇒【金華山】2013.05.04

フルスクリーンでみてみよう



んで、
今回、金華山を訪れた重要なホントの理由は、
です。
この島では、
画像
鹿が神の使いとして優遇されていることから分かるように、
この山(島)は信仰の山。
なんと、
『金華山に三年続けてお参りすると、お金に不自由しない』
といわれ、(詳しくは、金華山黄金山神社で確認してくださいませ。)
金華山銭洗辯財天とかもあったりして、
金欠ぼんいぢ家もご利益に授かりたいのデス。

相方も「アンタが不甲斐無い さかい。」とかなんとか言って
真剣願掛けしてました。



記事の最後に、下世話な願望で締めくくってスイマセン。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、はじめまして。
「銀のひしゃく」で検索してたどりついたものです。
当方、盛岡でミニコミ誌を編集しているのですが、
ひしゃくの事でちょっと伺いたいことがあり、不躾ではございますがメールいただけないでしょうか?何卒よろしくお願いいたします!
info@tekuri.net
てくり木村
2013/06/24 16:00
てくり木村様
コメントありがとうございます。
先ほど、御社のメールフォームから
ご連絡させていただきました。
ぼんいぢ
2013/06/24 19:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
【金華山】困らない人生を手に入れたい。(2013.5.4) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる