山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【乳頭山】はじめてのルートを選んでみた。(2012.9.2)

<<   作成日時 : 2012/09/08 00:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

前記事にも書いたんだけど、
9月に入っているというのに北東北の岩手でも、
まだ
あづいんデス。
で、
風の通らない樹林内の登りはしない!
汗だくになるような急登はやめよう!


2条件で選んだのは、
ピークも踏まず阿弥陀池の畔で、山カフェとか昼寝でもして
ダラダラ時間を過ごすのも イイんじゃね。
と、
秋田側八合目登山口から行く秋田駒ヶ岳。


マイカー規制があるので、
バスに乗るためアルパこまくさ へ。

そこからは、西側は、
田沢湖 越しに鳥海山までまるっとお見通しの好天気。

なのに!!

肝心の秋田駒の山頂だけ 見事なガスっぷり。

バスで八合目まで標高を上げていったら、
ガス ぷらす ちょびっと風も出てきて、

阿弥陀池畔のお昼寝は無理そう。

そんなわけで、コース変更。
秋駒はパスして、
お盆休みにガスガスに泣いた白馬岳に、
片側が切れ落ちてるっていうところが似てる乳頭山への縦走路を、
歩いたことのないルートを選んで歩いてみようってコトに。
八合目登山口〜笹森山〜湯森山〜笊森山〜(千沼ヶ原に寄らないコース)
〜乳頭山〜田代平〜蟹場分岐〜蟹場温泉

       は、はじめて歩いたルート。)

地図だと
【乳頭山】(2012.9.2) at EveryTrail

こんな感じ。

  ◎フルスクリーンで見る
  ◎写真一覧を見てみたい。
  ◎写真を一枚一枚見ちゃいたい。


【7:48】
 
八合目小屋前から笹森山へ出発。


足元の花とか見ながら



のんびり歩き出したら、


バッタバッタと斃れたバッタ死体に、

多数遭遇。

こんなに たくさん 花の茎にしがみついて亡くなってるなんて、
バッタの習性なんだろうかと、検索してみたら、
昆虫疫病菌(バッタカビ)の仕業みたい。
この病気にかかってしまうと、
茎の上部に登りたくなって登りきったところで死亡。
と、いう恐ろしい菌みたい。
菌が意識を乗っ取るということなんだろうか?
しかも、感染力が強いらしく 「個体群を短期間に全滅させる」
なんて書いてあるサイトもありました。

ま。
その時はあんまり深く考えず、後ろを振り返ったりして、

秋駒の八合目より上のガスっぷりに、やっぱ パスして良かった。
なんて思いながら、先にすすんじゃってたんだけど。


【8:22】

笹森山山頂への分岐。


5分ほど歩いて、

【8:27】

笹森山の山頂は 思ってた以上の  ぜっけー!
秋田駒ヶ岳と田沢湖が、  どどーん。

動画もドーゾ



はじめての笹森山山頂の景色を楽しんだら

のんびり縦走開始デス。    (左から 乳頭山・笊森山・湯森山)


まずは、

湯森山へ。

振り返った笹森山。

乳頭温泉へ直接行くルートが見えてたんだけど、爽快そう。



【8:52】
湯森山到着。




湯森山の展望地からは、

岩手山頂上の先っちょだけ見えマシタ。

お次は、

笊森山へ向けて、れっつらごぉ。


【9:13】



熊見平。


【9:27】



宿岩。


【10:10】



笊森山はガスの中でした。


今回は、



千沼ヶ原によらず、歩いたことのない乳頭山への最短コースへ。


おお! 乳頭山はガスってないよ。 綺麗に見えてる。

なんて言いながら、この辺で昼食。


ところが、


いよいよ山頂って時に、すばらしい霧景色。
白馬につづき白馬似の山でも濃霧にやられちゃいました。


【11:56】
乳頭山山頂。
オリンピックのレスリングで覚えた

『タックルするぞ』のポーズで記念写真。

山頂には長居せず 田代平へ。

奥から森吉山・大白森・田代平


【12:24】
田代山荘に着いたら



乳頭山のガス取れてました・・・    orz


ここからは、
田代分岐から乳頭温泉への最短ルートは歩いたことがあるので、
田代平の湿原を歩ききる大白森へ続く縦走ルートを進み、
途中、蟹場分岐から乳頭温泉へ下山するルートを行って見ることに。


そこは、

















高層湿原越しに乳頭山・秋田駒ヶ岳・森吉山などを見ることが出来る
ちょーいい感じの場所でした。

田代平を楽しんだら

ちょっとのアオモリトドマツ帯を過ぎ




ブナ林のなかを、ゆるゆる下っていって、


【13:31】

熊さんの歯型爪型つきの標柱の蟹場分岐。

またまた
ブナ林を黙々と下っていくと、一箇所、

秋田駒ヶ岳と田沢湖の眺望のいいところがあって、
つか、
今さら 秋駒の山頂のガスとれてるんですけど・・・。


【14:08】



蟹場温泉へ下山。



アルパこまくさへ戻るバス時間まで間があったので、

大釜温泉の無料足湯へ。
そこで尻尾がメタリックブルーのニホントカゲの幼体に遭遇。
写真が撮れなくってザンネン。
って
なことがあって、


【14:30】

バス出発。













おおー。
(自分で感嘆)
ひさびさに 山れぽ がんばっちゃいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜♪
“ 山レポ ”楽しませて頂きました〜
んで・・・やっぱり歩きたくなっちゃいました。。。
私も大好きな秋駒〜乳頭山の縦走コース!
期待を裏切りませんね。
乳頭山からは乳頭温泉に直接降りてしまったのですが
田代平も超〜気になっていたんです。
とっても素敵な高層湿原ですね。
いつか歩いてみたいな。。。
「バター餅」気になります。
mikko
2012/09/09 20:45
>おおー。
> (自分で感嘆)
> ひさびさに 山れぽ がんばっちゃいました。

拍手〜♪

ガスだって良いこともあるサ!ですね(^_-)
sanae
2012/09/10 01:34
ブログ、力(りき)入りましたネ〜。

そっか〜、あの風景は乳頭山から下って来て孫六分岐〜蟹場の間で森吉方面を撮ったものでしたか、ハズレました(笑)。
孫六から登って黒湯に下りているので、後ろを振り返っての風景には気が付きませんでした。 
秋駒八合目からだと。歩行は楽だけど、長距離ですネ。 先月、秋駒の男女岳・中腹で大きなクマさんを観ました。 お互いに気を付けましょうネ!!
オシラ。
2012/09/10 07:01
mikkoさま
秋田駒でのんびりのつもりが、
縦走になっちゃったんですけど、
やっぱりこのコースいいですよねー。
おまけに笹森山と田代平の良さを発見しちゃって、大満足の山歩きになりました。
バター餅に気づいてもらってありがとうございます。
今、秋田で話題沸騰らしいですよ。
もともとマタギの行動食らしいんで、山歩きのお供にぴったりです。秋田によったら是非オススメです。

sanaeさま
そうですよねー。
秋田駒がガスってたおかげで、
田代平の高層湿原に出会えました。
なんでか
高層湿原の木道って大好きなんですよ。
ここも お気に入り湿原木道リストに追加デス。

オシラ。 さま
今年は熊が活発に動いているみたいですね。
ニュースで聞いていたんで今回は鈴を入念に鳴らしながら歩いていました。
山も渇水気味みたいでしたから里にも下りていく熊もでてくるんでしょうかね?
ぼんいぢ
2012/09/10 19:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【乳頭山】はじめてのルートを選んでみた。(2012.9.2) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる