山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【経塚山】アナドッテ、スイマセンデシタ。 (2009.6.14)

<<   作成日時 : 2009/06/20 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

一ヶ月ほど日曜ばかり悪天候続き。
5月は、いろいろ残雪歩きをしたかったし、
6月は第一日曜の焼石岳の山開きとか行きたかったんだけど、
なあんとまぁ GWの那須以来の山歩きになっちゃいました。

今回は、
毎年6月第二日曜に行われている夏油(ゲトウ)三山の山開きに参加。
夏油三山は夏油温泉に登山口を持つ牛形山・金ヶ崎駒ヶ岳・経塚山の三座で、
山開きは この三座を順番に三年で一巡するように行っいて、
今年は経塚山。

6月第二日曜はメジャーなあの早池峰の山開きに重なっちゃているので、
ちょっと可哀想な山開きのイメージがあったんだけど、
けっこう賑わってました。

受付で申し込み書に記名しながら、
オソルオソル。
「記念品とかありますかね?」
訊いてみる。

記念品があれば、今回の山行レポを、
【夏油(ゲトウ)で、GET!】  
というベタな タイトルにしようと目論んでいたんだけど、
残念ながら記念品はなくて、
その代わり、
周辺の温泉の共通入浴割引券を入手。

なんとはなく、
参加者名簿をチラ見したら、
参加者のほとんどが、昭和10〜20年代生まれ。
なら、
楽勝だな。
と、
思っちゃったのが大間違い。



【6:35】

山開き神事に参加。


【7:11】
神事も滞りなく終わって、登山開始ー!

肌寒いからフリース着て行くという相方に、
「すぐに暑くなるから脱いで行った方がいいんちゃう?」
「人のやる事にイチイチ口出しすんな!」
と、一蹴くらう。

いちびって、2番目3番目で出発!

2分後には、暑いからと、フリース脱ぐ相方。
ほらネ、
無駄荷 決定。
脱いでいる間に半数近く抜かれるも、
まぁ すぐ追いつけると思っていたんだけど、

道はすぐ林道と合流し、

歩けど歩けど追いつけず。

【8:00】

林道寸断 崩壊地点。

早朝3:30に起きて4:30に家を出発したので、
すでに小腹空いちゃって、間食休憩。
この間にも、
どんどん抜かれて、この時点で ほぼ最後尾。
それでも、
もうちょい進むと急登があるはずなので、
その辺で追いつけるだろうと、楽観視。

小腹を落ち着かせて、

林道を寸断させた沢を渡渉。

ほどなく、

登山道は林道から分かれて、

夏油川を渡るため

急降下。

赤いつり橋が見えてきたら、

急降下おしまい。


【8:06】

経塚山歩道橋は、思ったよりも揺れず 一安心。

渡り終わると、

垂直なんじゃね?
と、見違うほどの岩登り。

やっとこ
岩を登りきると、

お次は、約30分続く
漫画『ジョジョの奇妙な冒険』なら、
ツヅラァ オレ オレ オレ オレ オレ オレ オレ オレ オレ オレ オレェー!
って、
表現したくなる そりゃーもー凄い九十九折れの急登開始。

視界は、

こんだけ。

つまるところ、へろへろ。
先行者に追いつくどころの騒ぎじゃないデス。
で。
そんな時にかぎって、
お話好きのオジサンに見初められちゃって、
歩きながら いろいろ話かけられたんだけど、
青色吐息。
生返事返すのでイッパイイッパイ。

枝の隙間に牛形山が見えて、

ちょっと休憩しますので、お先にどうぞ。と、やりすごす。

急登の道中にも、









花は咲いていたようで、
あんまり記憶にないんだけど、
ブロガー魂のなせる業なのか シャッターは押していたみたい。

九十九折れの急登が終わると、

たまに藪ってたりするけど


木道があったりする


おおむね快適な尾根上の緩やかな登り道。


【9:24】
水場 着。

帰宅後、相方が見てご立腹したという
変な姿勢の時に一枚だけ撮ってしまった水場の写真。


【9:36】

お坪の松 到着。


この周辺だけ 明らかに植生が違うんだけど、
足元に点々とある小さな風穴から冷気が出てるせいなのかな?


【9:53】

小さな湿原。


ハクサンチドリが数輪。



やけにガスってきたな。
って、
思ったら、
【10:13】

おおきな雪渓からの水蒸気みたい。

雪渓を登りきると、

ガスが行ったり来たり。



ここから山頂まで、

左手が切り立った お花畑。


サンカヨウ


なんか黄色のスミレ。


シラネアオイ。


イワカガミ。


ハクサンチドリ。


ミヤマキンバイ かな?


ミヤマカラマツ。


チシマフウロ。(南限らしい)


ヨツバシオガマ   ミヤマシオガマ。


ホソイワベンケイ。


ユキワリコザクラ。

以上、花の名前調べてみましたが、
間違いにお気づきの際は、お教えくださいませ。



【10:38】
やっとこ山頂到着ぅ〜。


結局。

抜かれっぱなしで、
ほぼ全員抜き返せず。
昭和前半期生まれの皆様方を、あなどっていました。
誠にもって、申し訳御座いませんでした。

つか、
経塚山、手強いです。
前夜 寝たのが24:00で起きたのが3:30なんで、
寝不足のせいかもしれないけれど、
今までの 『疲れた山行Best3』内に入っちゃいます。
あの和賀岳よりキツイ気がしたなー。



山頂についた時は、

ガスっていてイマイチだったんだけど、

お昼ご飯を食べているうちに、
ちょこっと視界が良くなってきたので、
食事を中座して、
写真を撮るため 山頂をウロチョロ。


牛形山。


三角点と焼石岳方面。

金ヶ崎駒ヶ岳は変わらずガスの中だったのが残念。


んで、

山頂記念写真は、アムロ顔で撮影。


山頂では、山開き行事があり。
参加者一名が登山者代表として ごみ持ち帰り宣言 などを行い終了。
それぞれ下山。 と、なりました。

下山していいよ。
と、
言われても、

こんな見事なお花畑は去りがたい。



【11:53】

同じ道で、下山開始。










【12:34】

水場。




サンショウウオの卵発見。  きもい。


つづら折れ開始。









ちくっと、休憩。


つづら折れ終了。
あたりまえだけど、下りは登りより楽。


【13:46】

歩道橋 通過。


せっかく下ったのに、登り返しの急さに、
やり場のない怒りに近いものを感じてしまう。

登り返し切って、

林道と合流。


林道崩壊地で、残ったおやつを食べきるため休憩。


あとは、だらだら林道を歩いて、


【14:51】

下山完了。


下山後の入浴は、
登山口にある 岩手の秘湯中の秘湯『夏油温泉』に入りたかったんだけど、
日帰り入浴で入浴できる露天風呂は、石鹸・シャンプーが禁止なので、
泣く泣く断念。


車で15分ほどの『瀬美温泉』へ。

入浴料500円。 手に入れていた割引券は400円分。
って、ことは、一人100円。
そんなに気前良くていいのかなと要らぬ心配。

瀬美温泉には、
美人の湯 と 長寿の湯があって、
「どっちにする?」
相方に訊くと、 「長寿!」
即答。

ボクは、美しさに磨きをかけるため 美人の湯をチョイス。




今回歩いたコース。

↑ クリックで拡大
  国土地理院の地図使用。
   ルートはGPSの軌跡なので誤差アリ。
   コースから外れているかもしれません。
   そのへん御了承ください。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
この日は、久し振りの良いお天気でした (^^♪
お花もいっぱい咲いてますね

おおきな雪渓で、道を見失いませんでしたか?
雪渓で、よく遭難するんですよね
赤いつり橋は揺れないんですねφ(.. )メモメモ
Makinobayashi
URL
2009/06/21 00:45
>makinobayashi様
おかげさまで、
久しぶりの好天でお花もたくさん見れ楽しく山歩きが出来ました。
雪渓は端を歩くことになっていたので、足元さえ見えればガスが濃くてもだいじょうーぶそうに感じました。
ぼんいぢ
2009/06/21 23:39
なかなか色々と変化にとんだコースですねー♪
お花もキレイで新緑の山歩きは気持ちよさそうですね!

サンショウウオの卵って写真の真ん中にいっぱいあるやつですか??
なんか凄いいっぱいありますねぇ。
実際にみたら気持ち悪そうだっ(^^;

やす
URL
2009/06/22 10:13
>やす様
九十九折れの急登はつらかったですけど、
それ以降はホント気持ちよかったですよー。
サンショウウオの卵はいっぱいある白いヤツです。
触ったことはないんですけど、ぬるっとしそうなんですよ。
ぼんいぢ
2009/06/22 23:18
私は次の日に早池峰山を歩いていました。
残念ながら山開きには参加できなくて…
でも、天気は最高に良かったです。
今年の早池峰山の記念品は絵馬だったみたいです。
滋賀県から百名山登りに来ていらっしゃった方が見せてくれました。
写真中ほどのシオガマはミヤマシオガマです。
お花畑があると見入っちゃって離れがたい気持ちわかります。
キース
2009/06/23 15:44
>キース様
花の名前のさっそくのご指摘ありがとうございます。
 早池峰の山開きは数年前行きましたけど、その時も絵馬が記念品でした。
山頂での神楽奉納や修験者による法螺貝の演奏?
があったりと印象深い山開きでした。
そろそろ、ハヤチネウスユキソウシーズンですかね?
ぼんいぢ
2009/06/23 23:52
>夏油(ゲトウ)で、GET
が出来なくて残念でしたね。
でも結局は温泉400円引きなんて超お得!!
そうそう、昭和前半期生まれの方々ってなんであんなにお元気なの〜
おしゃべりしながらでも余裕で抜かれちゃったりします。。。
>帰宅後、相方が見てご立腹したという
>変な姿勢の時に一枚だけ撮ってしまった水場の写真
を掲載しちゃっていいのかな〜?
私も度々変な写真あるけど、しっかり封印します!
岩手の山もたくさんの花で賑わってますね。
mikko
URL
2009/06/25 13:22
>mikkoさま
400円引きって太っ腹でしょー。
山開きの式辞で夏油温泉の関係者の方の挨拶があったのですが、昨年の震災の風評で夏油温泉でも大分客足が遠のいたらしいです。
そのせいで、割引率もいいのかな?
って、勝手に憶測していました。
それとも、毎年400円引きなのか・・?
ホントのところはわからないんですけど、
ともあれ、
栗駒・焼石周辺は観光客や登山客が激減というのはホントらしいです。
さぁ!
岩手宣伝部長の出番ですよー!!

それから、
相方は、ボクのブログをあんまり読まないんで、
今のところ写真に気づいてないかもデス。
ぼんいぢ
2009/06/26 00:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【経塚山】アナドッテ、スイマセンデシタ。 (2009.6.14) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる