山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【白地山】新緑のブナとアカシデの森へ、ようこそ。(2008.5.18)

<<   作成日時 : 2008/05/30 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5


十和田湖は、秋田県・青森県にまたがるカルデラ湖。
そのカルデラ湖の西側にある外輪山の一つが、
白地山(しろじやま1034.0m)。

ホントは、
ボクとしては、
和賀岳に行きたかったんだけど、
相方が珍しく、ガイドブックを眺めつつ  「白地山に行きたい。」
で、
決定。


東北自動車道 小阪ICを降り、十和田湖方面への標識に従い、

真っ青な空の下 樹海ラインを進む。

ほどなく、

駐車スペースのある登山口。
『入山料 一人一日千円』の看板に度肝を引っこ抜かれる。
が、
こういう理由なので、
山菜採取目的じゃないなら、OK。 って、ことみたい。
(念のため、翌日 小坂町役場に電話して確認。)
一安心。


【8:19】

足元には。花咲く 見事な新緑の森へ出発。


【8:28】

ほどなく、鉛山峠の分岐。


今度は、黄色いスミレが両脇に咲く道を。

足元の花にばかり気をとられていると、
目の前には、

どばぁ〜〜ん。
と、
十和田湖!

道は、また、
湖を見れない森の中。

見上げる・・・。


【8:50】

あずまや のある 白雲亭展望所。

スンゴイ景色にコーフン。
居合わせた地元の方に、写真を撮ってもらっちゃう。

おかげさまで、珍しくツーショット。

で、
ここからの展望は、
クリックで拡大
わんだほっ!     ※写真は順光の下山時に撮ったもの。
青い湖面に、遊覧船らしき ちっこい白い船影。

白雲亭展望所を過ぎると、
また、道は鉛山を巻く森の中に入って、十和田湖とは暫し お別れ。

相方は鉛山を巻く間に、アカシデの花粉症炸裂。

花粉症対策で、鼻ポン(メンソール)装着。


【9:48】

ミソナゲ峠 着。

まもなく、
ズバット、右側が切り立った崩壊地にでると、

「ふぁれぇ、みゅで、(あれ、見て)」と、
頭目が言うので、見ると、

そこには、
十和田湖の左奥のほうに、残雪輝く山なみ。

八甲田。

眺めを楽しみながら、足元に注意を払いつつ、崩壊地通過すると、
十和田湖が見え隠れする外輪の上。

まだ、桜が咲いていた。

このコース唯一の急登。

でも、1分間。


登りきると、
【10:41】

大川岱分岐のある 997.2m展望所。

ここの展望所に来るまでも、十和田湖の眺望は、よかったけれど、
クリックで拡大
ここからが、このコース一番の十和田湖の眺め。
          ※写真は順光の下山時に撮ったもの。

ここで、ちょいと休憩。
頭目は鼻ポン交換。

展望所からは、十和田湖から離れるように、

笹のトンネルへ。

笹のトンネルは直ぐ終わり、
抜け出ると、

白地湿地帯。 木道歩きは楽しい。
梅雨前の乾いた湿地には、雪融けの名残り、
ショウジョウバカマが数輪。

湿地の木道歩きも終わろうかという頃、

登山口が青森県側にある久吉林道コースと合流地点(碇ヶ関分岐)。

木道が切れたら、

なだからな坂を登って、


【11:10】

山頂到着。

山頂からの眺めは、
クリックで拡大
360°       ↑クリックで拡大

特に、

岩木山。


八甲田。
の眺めがバツグン。


【11:51】
山頂で、景色を楽しみながら、ゆったり食事(頭目は、鼻ポン交換作業も)したら、

同じ道で、下山開始。

午後になると、日の差す方向が変わったので、
十和田湖対岸の山々の色がより美しく見えるようになって、





要所要所で写真を撮り(相方は鼻ポンちぇんじ)ながらの下山。


【14:14】

駐車場に戻って、無事下山。


帰路は、十和田IC方面へ。

途中にある平塚果樹園
りんごソフトクリーム が絶品。
さっぱりしてるのに甘くて上品な味でした。

立ち寄り湯は、
『秋田大湯温泉ゆとりランド』
この日は、すいていて、湯船独占。 泳いじゃった。


相方は、湯上り後も鼻のとおりが辛そうなんで、
もうこの白地山には来たくない。っていうかな?
って、思ったら、
「今の季節じゃなかったら、また来たい。」
と、モガモガ鼻息交じりで喋っておりました。


今回 歩いたコースは、
クリックで拡大
 国土地理院の地図使用。
 ルートはGPSの軌跡なので誤差アリ。
 そのへん御了承ください。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【花粉症】についてブログで検索すると…
花粉症 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると… ...続きを見る
病名・病気・医学のブログリンク集
2008/05/30 08:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ぽんいじさん おはようございます^^
白地山、山岳本にもあって、前から行きたいなぁとは思っていた山!
道中の十和田湖の遠景が楽しそうですね
山頂の眺望も遮るものがなさそうで、爽快ですね!
近くの目印の山が(岩木山、八甲田)がすでに結構遠そうなので、実際どんな風に見えるのか、想像つかない…行くしかないな^^; 近いうち
日曜日は、森吉山のツアーに参加予定
画像アップしますので、思い出してみてください!
でらり
URL
2008/05/30 02:35
何の気なしに写真を見ていて、「アレ!見たことがある景色だ」と思い、タイトルをよくよく見ると「白地山」でした。白神山地の続きだと勘違いして見ていました。

だいぶ前に歩いたことあります。大川岱から登って、ミソナゲ峠から再び大川岱に戻るコースでした。天気が悪くて、あたかも「白霧山」状態でした。晴れているとこんなふうに見えるのですね。

会長さんと同じように「また来てもいい」と思いました。でも、今度は晴れた日がイイ!

紅葉も綺麗な気がしますが・・・。
山塔花
2008/05/30 22:26
>でらり様
登山口〜山頂まで、ほとんどといって良いほど、眺望の良いルートでしたよ。
機会がありましたぜひどうぞ。
今度は、森吉山なんですね。
花もそろそろ本格的に咲き出すんでしょうか?
楽しみですねー。

>山塔花 様
さすが山塔花さんですねー。
白地山も歩いていたんですね。
紅葉の時期も良さそうですね。
天気に恵まれると、十和田湖に周りの紅葉が映り込んで絶景になるんじゃないかなー。って、想像しながら歩いてきました。
ぼんいぢ
2008/05/31 00:22
ぼんいぢさん こんばんは。再レス失礼します^^
 お名前を間違えてしまいました
 失礼しましたm(_ _)m

今日は、あいにく雨模様で、登山は中止で、
一部有志で森を歩きました(わたしを含めて7人)
"桃洞滝" というところまで行きました

みなさん野草に詳しく下を見ては説明をしていただきました
しかしながら、わたくしは樹のカタチや様子を眺めるのが好きなので、わたしだけ視線が上^^;

会話もかみ合わなかったのですが、出発点へもどってからの昼食の頃には楽しく過ごせました!

この辺は、車道も山道も複雑なので、次回以降一歩一歩探検できたらなぁと思っています^^
報告でした♪
でらり
URL
2008/06/01 23:00
>でらり様
森吉山行 中止 残念でしたね。
でも、桃洞滝って有名ですよねー。
秋田のトレッキングガイドとかに出てますもんね。
天気はあいにくでしたようですけど、
花に森の木々と楽しく過ごせたようでようでうらやましいです。
ボクは、日がな一日ゴロゴロしてしまいました。
過ごしてから、アレやれば良かったコレやれば良かったと後悔中。
ぼんいぢ
2008/06/04 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【白地山】新緑のブナとアカシデの森へ、ようこそ。(2008.5.18) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる