山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【一本杉清水】柄杓ハンター出動。(2006.11.23)

<<   作成日時 : 2006/12/09 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

屋外にいると、自然とハナミズがちょちょぎれてしまうこの季節。
寒がりのボクは、山頂を目指す山歩きを早々に冬仕舞い。
コタツでぬくぬく。
そんな自堕落な生活を送っていたのだけれど、
「雪が積もる前に、やっておかなくちゃ!」
と、
思い立ったことは、やはり『銀の柄杓探し。』

山と渓谷社の「東北百名山」の姫神山のページ(P50)には、
登山道の途中の一本杉清水といわれる水場に、
あの柄杓と思われるブツが写っていたし、
登山口からの距離も徒歩10分程と短いので、
今年中には確かめておこうと思っていたんです。




画像
山頂まで行くつもりが無いので、午後からお出かけ。
姫神山の山頂が見える登山口のキャンプ場。

画像
杉林の中を10分ほど進むと、

画像
一本杉清水の水場に到着。

画像
水は、こんこんと湧いているんだけど・・・・・・。


肝心の柄杓がない。


代わりにあったのは、

『この水は飲料水に適さないので生水は飲まないでください。
                 平成十一年七月一日 玉山村』

というお知らせの紙。
ちなみに、現在、玉山村は盛岡市と合併して無くなってしまった。

柄杓を繋いでいたと思われる銀の杭はあるのに・・・・。
周辺を相方と暫く探し回ったがやっぱりない。
あると、確信していただけに、落胆は大きい。

意気揚々と来た道。 引き返す時はトボトボ。


杉林を抜けキャンプ場に辿り着くと、
画像
岩手山が話しかけてきました。
「おめだぢ。何につけても、そうそう物事が思い通りになるど思ってはならねぞ。世の中そんなにあまぐねがらなっす。」

んだども、
あきらめの悪いボクは、
画像
念のためキャンプ場の水場も流しの下まで覗いてみたりした。


少し前までは、一本杉清水は名水とされていた。
が、
もしかしたら、飲料水に適さないとなった時期に、
柄杓は撤去されたのではないか。
と、推理。

では、撤去された柄杓はいずこ?


柄杓ハンターの道は、なかなか厳しそーだ。  つづく?





おまけ写真。

その日、天気が良かったので
画像
岩手山も
画像
早池峰も、すっきり見えました。


一本杉清水

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
しばらくUPがありませんでしたので、「冬眠」に入ってしまったのかと思っていました。そちらは、雪はさほどではないでしょうが、とても「寒〜い」でしょうから・・・。
逆に関東平野の冬は、空気の澄んだ晴天の日が多いですから、展望を求めての「低山」歩きに最適の季節です。陽だまりはポカポカです。
柄杓、予想もしない所にあると嬉しいでしょうが、あると思って行って無いとガッカリですね。
山塔花
2006/12/09 10:33
え〜、柄杓、残念〜。
私も柄杓ハンターの仲間入りしたいんですけど、岩手は遠いからなーー。とりあえず姫神山は来年あたり登りに行きたいです☆
そだ!ぼんいぢさん&奥様を訪ねがてら岩手にスキーに突撃しようと思ってます!年明けになると思いますが(^^)またご連絡しますね〜☆
しげぞう
2006/12/10 21:12
柄杓ハンターの原因を創った一人としては、お慰めの言葉も有りません。
でも来年も楽しみが益々増えたと思えば張り合い有り?(無責任)
今頃の岩手山登ってみたいな〜
輝ジィ〜ジ
URL
2006/12/11 15:26
>山塔花様
ご明察です。冬眠に入っていました。
さすがに日中に氷点下にはまだなってませんが、
池に張った氷は融けなくなりました。
雪かきに精魂つきる時期も目の前です。
山登りの記事をしばらく書けなくなるので、
みなさんのブログをゆっくり徘徊してみます。
関東の低山記事、たのしく読ませていただきます。

>しげぞう様
「岩手にいらっしゃったら、ワタシのひくソリにのりますか? そのソリの燃料はジャーキー。」
なそうです。
以上、まりな からの伝言でした。

>輝ジィ〜ジ様
そうそう! 来シーズンの楽しみができました。
ガイドブックとか見ながら「この水場は?」
とか、わくわくしてます。
無責任といわず、責任とって頂いてどこかご一緒してもらおうかなー。
ぼんいぢ
2006/12/11 22:36
>まりなさま
了解しました!東京産の各種ジャーキーを取り揃えてはせ参じます!!!果たして、まりな様お口に合いますかどうか・・・
その代わり、絶対ソリに乗せてね(笑
しげぞう
2006/12/12 01:14
あ〜っ、銀の柄杓がヒシャクが〜(泣)!!!。一体どこへ消えてしまったのでしょう?。残念でした。

今年も雪の積もるのが早いようですね。ぼんいぢ隊御中、ご自愛召されませ。来年は雪融けと共に、ブロガーが柄杓探しにイーハトーブへ押し寄せそうですね。どうか、ご指導よろしく。
テントミータカ
2006/12/12 20:36
う〜ん・・・柄杓を求めて・・・・本気ですネ!
ところで、今岩手に行くともれらくまりなちゃんのソリに乗れるんですか!
我が家では、あの動画は永遠に不滅です(*^^)v
「この冬バージョン」も見たいです!
heppoco
URL
2006/12/12 21:09
そうそう、もう冬眠?と思っちゃいました・・・
が、やはりもう山は店じまい?これからなのにぃ〜(笑)
ひしゃく残念でしたね〜
姫神の駐車場懐かしいです。
私もまた雪の時期にそちら行きたいな!(^^♪
sanae
URL
2006/12/13 12:16
>テントミータカ様
いえいえ、こちらこそご指導ご鞭撻お願いします。
まず来年は、教えていただいた笊森山を確かめに行こうと思ってます。ところで、この水場の柄杓ことはご存知だったんですか?

>heppoco様
雪の状態(圧雪だと良く滑ります。スピードもかなりでます)と、まりなの機嫌(これ一番重要!飽きやすいので数回しか走りません)と、燃料しだいですが乗れますよ。
ちなみに、こちらはまだ雪が積もってはいません。
例年であれば、年末年始に根雪になるんですけど。

>sanae様
もう冬眠してました。11月の末からちょっと築30年の店の内装を改装していたので、バタバタしてました。これから、ゆっくり皆様のブログを拝読させていただきます。コチラのブログは、たま〜に更新するかもです。
ぼんいぢ
2006/12/13 16:50
一本杉清水の文字をみたとたん“美人になれる山”と反応してしまいました。
奥様ったらずるーい!
自分ばっかり美人になるつもりだなっと・・・
ところが銀の柄杓探しだったのですね (^_−)☆
残念でしたね。私も来年は探しますよ!
くどいようですが、山頂を踏まないとやはり美人カウントにはならないのでしょうか?
mikko
2006/12/14 22:57
そういえば以前の記事で救出劇があったアレ
本に掲載されてましたね。
現役消防士さんも雑誌のメンバーの方だったんですね。
キース
2006/12/15 12:56
>mikko様
どうでしょ。山頂を踏まないと美人カウントされないのかは残念ですがわかりません。と、いうか、
「わたし、姫神山に5回登ったおかげで美人になれわぁ。」と言う人に未だにお目にかかってないんですよ。ガセネタなのか、それとも美人になると、心も美しく奥ゆかしく謙虚になるのか?
後者であってほしいです・・・ね。

>キース様
そうでしたね。雑誌の記事になってましたねー。
どっかにボクが写りこんでいないかと思ってたのですが、ヘリの写真だけでした。
ぼんいぢ
2006/12/15 20:35
初めまして!
今朝テレビで姫神山の銀の柄杓!報道されていました。 姫神山の管理人が(86歳)姫神山のトイレの掃除用具入れに入れていました。何でも捨てられていた柄杓を誰かが管理人に届けたそうですが、それをしまっていたらしいです。 姫神山と柄杓に刻印されていましたよ!

2007/06/30 21:16
>桜さま
はじめまして、コメント有難うございます。
この番組ボクも見ました。
いやはや、オドロキの展開ですよねー。
それに、
なくなっていたと、思っていたのに、
無事に存在していて良かったです。
やっぱり、幸運の柄杓。
見つけた人に幸運を授けるだけでなく、
自分自身も紛失という災難から身を、
守ったんですね。
幸運パワーはいかばかりでしょうか?
さて、
土曜日の後編がとっても気になるところですね。
ぼんいぢ
2007/07/02 14:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【一本杉清水】柄杓ハンター出動。(2006.11.23) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる