山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【岩木山】青森へ初遠征! その2 (2006.9.3)

<<   作成日時 : 2006/09/08 23:09   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 18

八甲田の撤退を早々にしたため、
この日の予定がポッカリあいた。

んじゃあ。ってことで、
岩木山登山口の下見にでも、と、西へ。
弘前市街地を抜けるころには、
山頂が雲で覆われた岩木山が見えてきた。
振り返ると、八甲田も雲の中。

百沢コース登山口の岩木山神社に着く頃には、
山頂の雲がとれてる!

ラッキー。
登ろうと思って、
相方に、ご機嫌を伺おうと思い助手席を見る。
寝てた・・・・。

恐る恐る声をかける。
寝ぼけ声で、即答。
「八合目まで車。」
八甲田を撤退したせいで、気が抜けて、
5時間登り一辺倒の百沢コースへの気力を充填出来ないそうな。
不機嫌に拍車をかけたくないので、無理強いせず。

ところで、
振り返って八甲田。
ナント!
晴天ではないけど、雲が取れていた。
相方に気づかれたら、大惨事。

つづらおれの車道、岩木スカイライン
まさに、空の道。
白神山地を見ながら高度を上げる。


標高1247mの駐車場から1625mの山頂を目指す。
その標高差・・・・・・・378m・・・・・・・・・。


【9:27】

まだ、まばらな駐車場。
濃霧のため止まっていた登山リフトが動き出した。
が、辞退。


うりゃ。

うりゃ。うりゃ。
早朝降っていた雨で濡れ濡れの木々の間を、
うりゃ。うりゃ。うりゃ。


【9:50】

リフトのコースと合流。
もう岩岩ゾーン。

クリックで拡大
日本海の海岸線が絶景。   (↑クリックで拡大)


岩岩登り開始。   右側通行。


岩岩登り、ひと段落。
振り返って、右側リフト乗り場。


鳳鳴ヒュッテ。

ここは、百沢コースとの合流点。

百沢コースを見る。

津軽平野まで一直線。
むむむむ。
これ、登ってくるの大変そうだ。
今日は、登って来なくてヨカッタ。
と、ちょっと思ってしまいました。


鳳鳴ヒュッテから、二のおみ坂へ。
コースタイムが短いこのルート。
舐めてました。
結構キツイ。

白装束の女性達が数名。
信仰登山のよう。
経文のようなものを唱えながら登ってます。
かなり御高齢に見受けられるけど、力強いです。
ズイズイ登っていきます。
ついて行くのがイッパイイッパイ。

二のおみ坂を上りきると、二のテラス。

(二のテラスから見下ろす。下山時に撮影)

二のテラスから三のおみ坂を見る。

お祭りの時に開くという売店小屋あり。
タイムカプセルの標注もあった。

気合入れて、三のおみ坂うりゃっと登って、


【10:22】

かなり広めの山頂。  

探索へ。

メモを片手に、聞き込みする登山者あり。
追跡。
信仰登山の方々にイロイロご質問。
聞き耳。
経文のよう言葉は?意味は?
残念、聞き取れず。
小屋の焼け跡は何?
落雷で焼けたようだ。
などなど。
を、さり気なく盗み聞き。


三角点。


岩木山神社奥宮。


奥宮から津軽平野が一望。
なるほど、
この岩木山そのものが御神体だということが実感できる眺め。


北側も雲の晴れ間に海岸線。


山頂の様子、グルッと動画は、コチラ


二のテラスまで戻って、お昼ごはん。

ご飯を食べている最中、
一気に立ち上がる雲発見。
こんなグーっぽい雲が東にいっぱい。



では、ここで、
今回は今までと趣向を変えまして、『華麗なる下山シーン』
を、動画でドーゾ


短いけど、キツイ山歩きでした。
いえ、キツイけど短かった。
正直、不完全燃焼ッポイ。
ホセ・メンドーサに出会いたい気分。


駐車場脇には、当初予定していた、
百沢コースから登り、下山時に元気が残っていれば、
通る予定だった嶽登山道入り口があった。
傾斜キツそう。膝にきそう。

駐車場横に丘があり、展望台。

雲の下ギリギリの高さのせいか、
山頂より眺めが良く感じる。
白神山地が良く見えた。


また、岩木山スカイラインを下る。
カーブに番号札アリ。
最初に気づいたのが66番。
カウントダウン開始。
途中まで数えたが、あまり減らず、げんなり。
最後の4〜1ぐらいは微妙なカーブ。
あれをカーブと言っていいのか疑問だったけど、
車酔い注意なのはたしか。

「嶽きみ」なるトウモロコシの産地直売店が立ち並ぶ道を進む。

しばらくで、岩木山神社。

次回の裾野から登る時のため、下見。


立派な参道。 と、なんかエラそうな相方。

下見を追え帰宅。
途中、『大鰐町地域交流センター 鰐come(わにかむ)』で入浴。



今回GETの商品。

りんごカレー と、


岩木山バッチ


おまけトリビア。

東北自動車道の岩手山SA内のレストランでは、
ぴょんぴょん舎の冷麺が食べられる。
観光をしない山ヤのみなさん。
盛岡市街地によらなくてもOK!!


これにて、青森初遠征ノ巻 どっとはれ。





岩木山

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
みちのくの秋 その1
台風以上の低気圧の影響で、2度も予定変更。今回は、3度目の正直。 お陰?で、同行 ...続きを見る
じぃ〜じの風の吹くまま
2006/10/18 07:07
岩木山
<登山日>2009/6/20(土) <天 候>くもり時々晴れ <コース> 百沢スキー場[約320m]〜姥石(60分)〜焼止りヒュッテ(40分)〜種蒔苗代(90分)〜岩木山山頂[1625m](30分)〜種蒔苗代(20分)〜焼止りヒュッテ(30分)〜姥石(30分)〜百沢スキー場(30分) <標高>16.. ...続きを見る
なんちゃって☆百名山
2009/06/30 07:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
なあ〜んだ、そのまま帰っちゃたのかと思ったよ!
自分達も8合目からのPHでした、
動画を見て?? 何かに乗ってる??
消化不良がますます・・でしょう(笑)
でも次回は裾野からチャレンジとか!拍手、拍手!!
トシちゃん
URL
2006/09/09 16:43
>トシちゃん

あれれ? この曜日・この時間にコメント書いてらっしゃるとは??
具合でも悪いのかな?と、心配しちゃったりして・・
(笑)
ぼんいぢ会長
2006/09/09 21:36
『華麗なる下山シーン』って・・・(笑)

白神山地、惹かれますね〜

無事に山頂を極められて何よりでした。
オマケに下見!次回のやる気満々ですね(^_-)-☆
sanae
URL
2006/09/10 10:35
こちらの最新のページで返答します。

裏岩手縦走路の写真ですが、最初に歩いた1985年のものがあります。それ以外はありません。特別に会長さんの御要望に答えて近日中に私のブログにUPします。

尚、源太ケ岳の写真に三ツ石山が写っているのが1枚もないのが私としては残念でした。源太ケ岳山頂から湯ノ沢を隔てて三ツ石山が見えていたはずなんですけど・・・。湯ノ沢のおかげで源太ケ岳山頂では、私は空に浮かんでいる気分になりました。
山塔花
URL
2006/09/10 21:27
>山塔花様

うあー、見せていただけるんですね。21年前・・・
どんなだろう?すごく楽しみです。
わざわざ写真を探していただいたんだなぁと、感激しております。

それにしても、1980年代の記事を書かれているブログは拝見した事がなかったので、温めていらっしゃるその当時の山行記事があれば是非、拝見したいです。
ぼんいぢ会長
2006/09/11 21:16
>sanae様 トシちゃん様
今年は無理かもしれないけど、
裾野から再挑戦がんばりますよー。
かなりバテそうな道に見えたので、
真夏はしんどそうなので、来秋くらいに・・・
ぼんいぢ
2006/09/11 22:07
天気が良くて、眺めも良くて良かったですね。
自分が数年前に登った時は、ガスガスガスで何にも見えずでした。
三角錐のテッペンから、快晴の津軽平野と日本海が見たいと、再度のチャンスを狙っています。
山いろいろ
2006/09/12 13:24
>山いろいろ様
この日の早朝、八甲田で雷音を聞いたときには、
今日は、ダメだ。と、思いましたが、
岩木山に移動して天気に恵まれたので、
ホントに嬉しかったです。
岩木山神社奥宮から見た津軽平野は、
なんとも言いがたい眺めでした。
正に神様の目線という感じです。
あの光景をみると、津軽を守る神様とされているのも実感でした。
ぼんいぢ
2006/09/13 15:38
ぼんいぢさんコンバンハ〜TiCAです。
岩木山、晴れているとこんな眺めなんですね!
私が7月に登った時はガスガスでしたので・・嶽きみも食べたかったなぁ。
ぼんいぢさんのレポはテンポが良くて楽しく読めちゃいますね♪まねしたいところです。。
ではでは〜お邪魔しました!
TiCA
URL
2006/09/13 23:47
ご無沙汰しています。
岩手もすっかり秋になったんじゃないですか?
友達んとはそろそろ稲刈りで忙しくなるだろうなぁ・・・

と記事とは関係なくてすいません。
冷麺は下り・上り???

突然ですがブログいろいろとあって引っ越しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
KAZU
URL
2006/09/15 16:33
>TiCA様
わぁ。 コメント有難う御座います。
物凄い勢いの東北お山ツアー読んでいましたよぉ。
その記事読んで、
嶽きみが非常にたべたくなったんですけど、
ものすごい混みようにあきらめちゃいました。
また、岩木山はいってみようと思いますので、
そのときには、嶽きみのレポートを彦麻呂なみに
がんばります。 ・・?

>KAZU様
稲刈りの準備で、田圃にはコンバインが出動、スンタンバってますよ。少しずつ黄金色になってきました。
冷麺は上りでみました。下りもあるのかはちょっとわかんないです。
お引越し了解しました。
センスの良いデザインですねぇ。
ぼんいぢ
2006/09/15 22:24
お似合いCOUPLEお二人さま
毎度ながらテンポの良い記事で、Senseの高さを覚えます。ロートルジィ〜ジには勉強になります。
お二人さんの記事に触発され、八甲田・岩木山追いかける事にしました。10月第1週に!! 祈る 晴天。
輝ジィ〜ジ
URL
2006/09/17 06:26
>輝ジィ〜ジ様
おぉ! 八甲田・岩木山遠征ですか。
八甲田は僕らも天気しだいで近々リベンジしなくちゃと、思っていました。10月第1週なら紅葉の時期ですね。休日は混みそうですけど、輝ジィ〜ジさんは平日遠征派みたいですし、ゆったり山行になりそうですね。うらやましい。
ぼんいぢ
2006/09/18 00:00
こんにちわ〜
ガスってない岩木山だ〜うらやましいです〜
わたしが登ったときはな〜んも見えんのでした(涙
絶対リベンジだ〜。で、神社から登るんだっ。
ぴょんぴょん舎の冷麺、いい情報ありがとうございました!必ずや!
#鳥海山、ぼんいぢさんの期待を絶対裏切らないと思います!素晴らしい山でした。
まゆ太
2006/09/20 12:51
>まゆ太様
岩木山ってほんと、単独峰なんですよね。
周りが全部平野ですから、眺めが最高でした。
ウチの近くの岩手山も単独峰って言われてますけど、
片側は山が続いてますし、標高は若干低いけど、
岩木山の360度平野はすごいと感じました。
ガスのないときに是非また。
 それと、まゆ太さんのブログに勘違いコメント残しちゃいました。来夏に!と、思っていたのは、月山〜湯殿山なんですよ。このお盆に鳥海山に登って、そのあと、出羽三山の手付けに羽黒山に登ってきてました。
スヌログ一気読みして鳥海山のところに、出羽三山のコメントも書いてしまったいうわけで・・・。
スイマセン。
でも、鳥海山からの景色だなってのは、分かりましたよ。ヒントは、ちょっと、気づきませんでた・・・。
ぼんいぢ
2006/09/20 15:42
>このお盆に鳥海山に登って、
やっぱりそうですよね・・・。なんかそんな記憶もあったのですけど、わたしもうる覚えで。ぼんいぢさん=鳥海山、っていうわけのわからん方程式が頭の中にはあったのですけど(笑
お花たくさんのレポートでしたよね。ぼんいぢさんが登ったときもすばらしいお天気で。独立峰でお天気いいと、ほんとびっくりするような展望ですよね!月山はわたしもまた行きたいところです。も〜頂上では、雨風にやられまくりでしたから(涙 登山口は晴れてたのになぁ。
まゆ太
2006/09/20 21:16
いや〜、いいですね岩木山。
うちだったら華麗に上りも下りも機動力使っちゃいそうです(笑)
標高1000メートル台でこの景色、さすが東北ですね〜。
こちら、2000メートルまで樹林帯でした、週末(笑)

heppoco
URL
2006/09/21 00:26
>heppoco様
写真で見るとなんとも思わないんですけど、
離れて生で見ると、平野に突然ググッと一山だけ
せり上がる姿。
岩木山ってほんとかっこいいですよぉ。
そして、鳥海山の時もそうだったんですけど、
山から海岸線が見えるのって、どう表現していいのかわかんないですけど、すんげーデス。
ぼんいぢ
2006/09/21 21:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【岩木山】青森へ初遠征! その2 (2006.9.3) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる