山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 五葉山の春は、まだまだ。天気は上々!!(2005.05.22)

<<   作成日時 : 2005/05/22 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
山開き前の五葉山をめざす。
国道107号線から赤坂峠の登山口を目指す山道は、
新緑と対比する真っ赤に咲き誇るツツジに彩られていた。
が、しかし、登山口に着く頃には、ツツジも新緑も無くなる。
山の春は、これからの様だ。

赤坂峠の登山口、祠へお参り、トレッキングの無事を祈る。


出だし緩やかな幅広登山道を暫く進む。
振り返ると、東に大船渡湾カナ? 海が見える。


同じ場所から南を見ると建設中の鷹生ダム。

地球を削り取っている感じがする。
必要だから造っているのだろうけど、なんか自然がもったいない。

賽の河原と呼ばれる地点につく、なんか寂しげな所だ。

先に進むと、蕾もまだまだなのに、
たった一輪ツツジが咲いているのを発見!! あざやかだ。
 

さっきから気になるのだが、所々にある動物の糞

なんの動物かな? 気になる。
先日の岩手日報新聞に五葉山の麓に親子の熊達が現れたと出ていた。
ちょっと、怖ぇ。
すると、
林の置くから「ぐぉぉ。ぐぉぉ。」と、音がする。
相方と目が会う。ザックに付いてる熊ベルを
ガラガラ。チリチリ。と大きめに鳴らし早足になる。
と、
林をぬけ、畳石の地点に出る。
人がいた。ちょっとほっとする。

この方、高山植物を守るボランティアの方で

人が衣服に付けてきた種から芽を出した本来山に無い雑草やゴミを
回収して歩いているそうだ。エライ。尊敬です。

この人もいるし、もう一方後から来た安心感で
熊の事は忘れ、ベンチもあるのでちょっと休憩。

ここから斜面は角度を若干増す。
樹林帯を抜け平坦地出るとそこは、石楠花(シャクナゲ)の群生地

花々は、まだまだだけれど、圧倒するものがる。

見晴らしの良い所に石楠花山荘がある。
愛読書「ヤマケイJOY」であたった水筒を被写体に海に向かって、パチリ。


山荘からすぐに山頂の平坦地にでる。
そこには、日枝神社がある。
そこでもお参り。
 


ここから歩いて数分の三角点のある山頂までは、景色がさほど変わらない。
 
360度の展望だ。左が三角点のある北側。右が尾根続きの南側

ちょっと霞がかっているが、早池峰や栗駒山が見える。
岩手山は見えない。

立派な三角点で早池峰をバックに記念撮影。


石楠花山荘にもどり、広場で昼食。結構人がいる。
お天気も良いので、ちょっとお昼寝。
山は下界と違い雑踏の音も無く耳を澄ますと、
鳥の鳴き声・木々のざわめき・隣のオジサンのイビキが良く聞こえる。

山荘傍の水場でお土産の天然水を汲み

下山開始。

登りの時は、まだまだだったツツジの蕾が膨らんでいる。

数日で満開になるんだろうな。

景色を眺めつつ無事駐車場へ。帰路に着く。

帰宅途中の宮守村の道の駅で休憩。
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を思い出させるめがね橋。

夜にはライトアップするときもあるそうな。

そんな五葉山の日帰りトレッキングでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
五葉山の春は、まだまだ。天気は上々!!(2005.05.22) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる