山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【和賀岳】波乱万丈になる山(’15.7.12)

<<   作成日時 : 2015/08/04 00:47   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

和賀岳は、
岩手秋田県境にある山で、
岩手側から相方と2度チャレンジしたんだけど、
2度とも山頂までたどり着けてないヤマ。

特に岩手側からのルートは、
山歩きをはじめて今まで歩いた中で一番キツイと断言できるコースなのです。

でも、
7月はじめのニッコウキスゲは素晴らしいラシイ。
特に秋田側からの稜線上がすばらしいとネットでよく見るので、
今回は秋田甘露水登山口から。
と、
計画したんだけど、

相方いわく
「ワタシ 来週、地元京都で同窓会だから、
 今週は、おめかしに美容室行くんで山はパス。」

登頂できてないアンタのために計画したのに! 
というコトノハは口から出さず。 一人で出かけてきました。

で、
さすが、難関 和賀岳 一筋縄では行きませんデシタ。



まずは登山口に たどり着くまで、

未舗装林道が10キロ以上あるんだけど、
先日通った南本内林道よりは、ほんのちょっとだけ道が良いのと
暑くなる前に少しでも早く登りだしたいという気持ちが、
砂利道なのにスピードを出すことになっちゃったみたい。
登山口につくとそこに居合わせた登山者に教えてもらいました。
「タイヤパンクしてますよ」
!!
見ると、
ペッタンコ。
登山口は渓谷の奥の奥なので携帯は通じないし、どうすんべ?
と頭まっしろになっていると、
パンクを教えてもらった方が、
「今日は知り合いを登山口まで送ってきただけなんで、戻って連絡してあげますよ。」
と、言ってもらい。
ようやく落ち着きを取り戻し、
稜線に出れば電波が通じるということに思い至り、
そこから電話すればいいんだ。
と、対処法にめどが付いたのでした。
万一電波が届かないじたいにそなえ、
念のためその方の好意にも甘え連絡をお願いし、
登山を開始することに。
そして、
同じ方にもっと衝撃的なことを教えて頂きました。
「昨日、このコースで熱中症で亡くなった方がいるから
                   気をつけていってらっしゃい。」
!!
いちおう、
和賀岳対策としては、
普段持っていくガス一式は置いていき、飲み物を多めにしたんだけど、
よりいっそうペース配分に気をつけて出発。
で、結果は、
熱中症にならず、稜線に出た薬師岳で
自動車保険についているロードサービスに目出度く連絡つきました。
レッカー移動したがる担当者に、
10キロの細いグネグネした崖っぷちの未舗装林道をレッカーで引っ張るのは、
無理な気がすると言い。
スペアタイヤを貸してもらえないかとお願いし
 (ウチの車はスペアタイヤを積まない修理キット装備車)
待ち合わせを下山予定の16時にして登山継続。
その16時ごろに下山すると、
『パンクタイヤには現場ではパンク箇所不明のため
        レンタルタイヤに取替え済みです(13時)。』
とメモが張られ車脇に置いてありました。
あれ?
待ち合わせじゃなかったんだ。
ま、
時間短縮になってよかった。
と、
林道を今度は注意深くソロソロ進んでいくと、
メモを書いた業者さんの車と鉢合わせ。
16時に待ち合わせを16時までに修理してと勘違いしていたとのこと
電話で受け付けた人にもう一度現場に行って説明するようにと言われ、
30キロ先の会社からもう一度説明に来たとの事。
いやぁ。二度もこの林道を往復 ご難儀かけました。
こんなメンドクサイ対応だったのに、
すべて無料のロードサービスでおさまって助かりました。
といっても、
タイヤのパンク箇所は修理不可の場所で、
4年目のタイヤだったこともあり4本まとめて買い換えることに。
もう一年は使おうと思っていただけにチト痛い出費。
んで、借りてたスペアタイヤはその日のうちに着払いで返却。
そんなこんなタイヤ購入とかタイヤ返却手続きとかしてたら22時。
クタクタな和賀岳山行になったのです。

そんで、
美容室で女磨きに成功(?)した相方は、
翌週 羽目をはずし存分に同窓会を楽しみ帰宅したのですが、
夏風邪をひいて、
マスクするようにというボクの意見は採用せず、
見事にボクにうつしたのでした。

キツイシンドイ夏風邪でした。



そんな後まで辛さが尾をひくことになった和賀岳のニッコウキスゲは、






すっばらしい。  の一言。









ちなみに、相方抜きだと今回で3回 山頂踏めてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
見事なニッコウキスゲですね。
キツイ山頂まで行かなくてもこのキスゲ群生地まででもいいじゃん!
って思ったのですが・・・
登山口までの林道が問題なのでした!ね。

でも稜線までもキツそうですね〜
風邪はもう治りましたか?
mikko
2015/08/08 17:02
mikkoさま
すっごいニッコウキスゲでしたー。
和賀岳のだいぶ手前の薬師岳の群落も
和賀岳山頂と遜色ないお花畑でした。
ここまでなら時間短く楽しめますよー。
んで、
林道はソロソロ運転推奨デス。

風邪も おかげさまで治りました。

そろそろお盆ですね。
ウチでは遠出したいんですけど、
予定の行き先のお天気微妙なんですよね。
岩手出ないほうがいいのかな?

mikkoさんは岩手ですか?
ぼんいぢ
2015/08/09 19:16
しんどい山に何度もご苦労様でした。
にしてもホント伺っていた通りスンバらしいニッコウキスゲですね。メディア見つかったんですね、よかった、よかった!(^_-)-☆
和賀岳での熱中症の記事読みましたよ。
飲み水が少なかったのかしらね・・・お気の毒に。
ぼんいぢさんが行かれたのはその後だったのですね。
ここは長丁場で大変ですよね。
でもとってもいい山でした。
また行ってみたいけど長すぎる・・・(・_・;)
林道、トシちゃん緩めなかったですよ、運転(^_^;)
車が泣いてます^^;
で、タイヤの買い替え痛かったですね。
我が家もあちこち問題が出てきて頭痛いです^^;
sanae
2015/08/30 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
【和賀岳】波乱万丈になる山(’15.7.12) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる