山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【黒森山】マシュウの気持ちで登って、くだりは・・・、(2014.4.20)

<<   作成日時 : 2014/05/02 17:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年の今頃は、
地元が舞台のNHKの朝ドラ「あまちゃん」にドップリはまりまくり。
その後、
その時間の癖になってしまい後番組の「ごちそうさん」
今放映中の「花子とアン」と、
つづけて見てたりする今日この頃のぼんいぢ家。
今の番組の「花子とアン」は、訳者の村岡花子の生涯なのだとか。

そういえば・・・、

ウチにありました。  赤毛のアン と、続編のアン シリーズ(5冊目まで)。

赤毛のアンは少女小説の代名詞なわけですが、
相方の蔵書ではありません。

じつは、
ボクのだったりします。

中学の時に手当たりしだい小説を読んだ時期があって
(と、いっても堅苦しい本は避けてましたが)
そのなかに赤毛のアンがありました。
アンシリーズたしか10冊ぐらいあったと記憶してますが、
5冊目で挫折。
個人の感想を正直に書けば、
巻が進むたびにどんどんつまんなくなってしまった記憶。

そんなわけで、
「花子とアン」の影響で
ン年ぶりに本棚から引っ張り出して、
赤毛のアンを再読中なのです。

再読し初見で当時気づかなかったのは、
赤毛のアンは、引用というかパロディがけっこうあったこと。
ドラマ「花子とアン」も赤毛のアンをベースにした
エピソードを入れていて、
赤毛のアンを読んだ人は、クスッとか、コレは! となる仕掛け。

しかし、
それよりもなによりも
再読してショックだったことが、
いつのまにやら マシュウとマリラに感情移入して、
読んでいる自分に気づいたこと。  ガーン。

ボク 老けてしまったのかな。    ・・・カナ?



そんなわけで、
すっかり老け込んだ気分のまま、
黒森山へ出かけてきました。
普段は鬱蒼として、
名前のとおり黒い森の山らしいんだけど、

この時期は ご覧の通り、

見晴らしいの良い山肌のなか歩いてきました。

途中
三度目のバッタリになる

イチタローさんとスライド。
登山道の情報を教えて頂き、
最初は林道で下山するつもりだったけど峠ルートに変更。

2時間弱で、頂上。
画像
イイ眺め。

頂上では、
20人前後の人生の先輩方の団体さんと ご一緒したんだけど、
下界では、もうあまり言われなくった「若いわねー」
と、
言われ、 登り時のマシュウ・マリラのクスバート兄妹気分も何処へやら。

下山は

枝の隙間に早池峰を眺めつつ、
ギルバート気分で歩いておりました。 

スッタカター。





おしまい。

明日からはGW。
遠征予定は新潟。 晴れろー。
それと、
相方のザック 黄色から黒に変わりました。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりでしたぁーーー(^o^)
峠ルートはどうでした?イマイチだったでしょ?でも、早池峰山がきれいに撮れてますね。この時期なら峠ルートもありかもですね。葉が茂ってくると何も見えなかったと記憶しております(^^ゞ
またどこかで会いましょう。
イチタロー
2014/05/07 09:51
イチタローさま
先日はどうもありがとうございました。
峠ルートは、
おっしゃる通りまだ葉が茂ってなかったんで、
早池峰周辺の山々が枝の隙間から良く見えて、
伺ってたよりも楽しくあるけました。
おかげさまでした。
ぼんいぢ
2014/05/09 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
【黒森山】マシュウの気持ちで登って、くだりは・・・、(2014.4.20) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる