山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【白馬岳】視界 数十bの花の山旅 ('12.8.13-14)

<<   作成日時 : 2012/08/30 22:54   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

あづぅ〜い日が、北国岩手でも続いてマス。
で、
今朝 ナニゲに見ていた気象情報によると、
今夏は太平洋高気圧が、チョーがんばってるみたい。
その頑張り屋の高気圧なんだけど、
ちょっとだけ頑張るのを怠けた時があるそうじゃない。
それが、 よりよって、  お盆休み中

お盆休みの時には、
こんなに猛暑が続くとは、思いもよらず、
天気予報とか見ていたら、
なんか全国的に天気予報が びみょー。
今年の夏は早く終わるかも。
残念だな。
と、
思いつつも、


その時は、

来ました来ました。 
       待ちに待った
                 夏休みですよー。
と、
ハイテンションだったの。


「るるるんるんるん。るるるんるんるん。」
と、
七色の花を見つける寸前的な花の子ルンルン気分で、
北アルプスへ!


そう!
今回の目的地は、花の白馬岳!

相方と運転を交代しながら白馬駅前に到着したのが12日午後4時ごろ。
駅前のロータリーが2時間まで無料だったので、
北アルプス総合案内所をのぞいたり、
となりの観光案内所の足湯を楽しんだり
またまた、逆隣で信州そばを食べたりしながら、
駅前を行くトレッカーの方々をヒューマンウォッチング。

テッカッテッカに顔をアカアカと日焼けさせて下山してきた山ガール達を筆頭に、
みんな満足げにザックを担いで闊歩かっぽ。

北アルプス総合案内所の人の話だと、
天気予報が良くなくって、
各山小屋はキャンセルが多く、小屋は広く使えて、
かつ
天気予報が外れて、かなりの好天。

そりゃ、
皆さん楽しそうなハズですよ。


んじゃ
明日も天気予報がはずれて、好天だよ。
と、楽観。

夕闇が近づいてきたので、
栂池ゴンドラ近くの駐車場で社中泊準備をしつつ
空を見上げると雲は殆どないんだけど・・・、
うっすら ウロコ雲。
あれ?
ウロコ雲って、下り坂の天気の予兆って聞いたような・・・。

深夜。
目が覚め。 東の空をみると星空。
ヨカッタヨカッタ。
と、
目を白馬岳のある西に転ずると。
星が見えませぬ。
寝ぼけてるせいかなと思って目をゴシゴシ。
やっぱ星がみえない。
あ。 そっち側には街灯があるから見えないんだと
思い込んで再度就寝。



翌朝。
白馬連峰方面。 (栂池ゴンドラから)

どよ〜ん。



ま、
そんなかんじで、
我が家の山行決行日の天気予報は悪い方に的中。
コンチクショォー。


それでも、風は強くなさそうなので、

様子を見つつ白馬大池まで行って見ようってことに。


途中で小雨も降ってきたけど、風は出てこないから前進。


白馬乗鞍岳乗り越えて、


白馬大池見えてきたよー。   前方暗雲だけど・・。

そんな暗雲が心配になって、
下山してきた人に様子を聞いてみると、
ガスってて景色は望めないけど、強い雨じゃないし風も強くはないよ。
とのことなので、前進決定。

ここからは、視界数十メートルの霧中の行進。
なんだけど、
霧が一瞬切れた時にガンバって写真撮りまくったら、
総数600枚いってました。

そんな中からの厳選 霧霧 写真集は、↓ で
【白馬岳】2012.08.13-14 at EveryTrail

フルスクリーンは、コチラ

そんなわけで、
白馬大池 以降のレポは、上のリンクサイトで!

だってね。
予定では白馬山荘で一泊後は、
白馬三山縦走して白馬鑓温泉経由で下山するつもりが、
夜は暴風雨になっちゃって、
翌日の下山は無理かも。  連泊停滞か。
と覚悟して、翌朝。
なんとか風がおさまっったけど、
ガスガスの中 鎖場のある白馬鑓温泉ルートは止めておいて、
無難な もと来たルートを帰ることにしたから、
不完全燃焼。
山レポを書く気力が出ないんですもん。



決して、
暑くて、だりぃ〜 誤魔化しちゃえ的な感じではゴザイマセン。 
・・・ホントだよ。



そうそう。
今回久々に植物図鑑引っ張り出して、
花の名前調べてみました。
間違いとかあると思うんで、その際は教えてくださいマセ。


いちおう、
画像を等倍で表示します
登頂証拠写真をば。



今回は、ハレクルの力及ばず。 どころか、風に負けてつっぷしてました。



大出原とかの花畑 楽しみしてたのに。    ホント残念だったなー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 おひさです。お盆休暇は、天気を鑑み、当方、焼石へ行っていました。ひと気の無い泉水沼でぼんいぢサンとであった時のことを思いだし、翌日はやまおやぢさんと再会しておりました。
 白馬、天気が残念でしたが、花一杯で、それなりに楽しめたのではないか?と思っています。先週は鑓温泉二泊でノンビリ遊んでいたので、ぼんいぢ様たちもコレに懲りず、また、再訪してみてくださいね。
テントミータカ
2012/09/01 00:11
今年のお盆休みは散々でしたね。私の山仲間もほぼ同じ日程でした。私も近くで雨の中を歩きました。
お疲れ様でした。
えいじ
2012/09/01 01:26
こんにちは〜!
太平洋高気圧もお盆休みだったのでしょうか〜
なんで休みになると・・・って感じでしたね。
残念なお天気でしたが乗鞍山頂手前で天狗原が見下ろせる所では眺望がひらけていたようで良かったですね。。。
あの眺望は素晴らしいですよね。
そしてたくさんのお花が出迎えてくれてますね。
我が家も1回目の白馬は大雨でしたよ。
なかなか北アルプス遠征は大変だと思いますが
次回はお天気に恵まれる事を期待しましょう!
mikko
2012/09/02 20:21
テントミータカ さま
お盆は焼石だったんですねー。
あの時もう少し勇気をだして声を掛けていればって、今でも後悔しています。
 お盆は我が家では年に一度のアルプス遠征チャンスなんで、かなりの意気込みだったんですけど、お天気には敵いませんでした。でも、霧の中で視界も狭かったですけど、白馬特有の
非対称稜線を歩いてるんだなってのは分かりましたよ。
それが慰めでした。

えいじ さま
お盆の天気はザンネンでしたねー。
でも、
雨具は去年買ったやつで、ジャケットは何かと使ってたんですけど、ズボンはまだ未使用だったんです。アルプスで使い始めなら納得かなって思ってました。オマケに東北と違い岩稜だったんで泥んこの裾の汚れじゃない!って、変なトコで感動しちゃってました。

mikko さま
太平洋高気圧の休みがよりよってお盆期間中なんてガッカリでした。
北アルプスのリベンジリストに奥穂につづいて白馬も加わってしまいました。なかなか機会がないんで何時になるか分からないですけど白馬三山縦走してみたいです。
ぼんいぢ
2012/09/04 21:24
こんにちは!
同じコースを10日ほど早く歩かれたんですね〜(^-^)
お天気が残念でしたね〜。 さきほどNHKプレミアム「おふっ」という番組で八ヶ岳をKIKIさんというモデルさんが友人と二人で歩いていて「私たちには曇りが似合う」なんて言ってらしたけど、こちとら凡人はやっぱり晴れて欲しい。曇ってるとやる気ガタ落ちです。
今回アクシデント続きでした。次からは点検怠りなく山に行きます!(^_-)-☆
とうこ
2012/09/04 22:11
あ、下山は大池へ戻られたんですね。失礼(^_^;大雪渓も良かったです。10日早いと夏みちルートだったでしょうね。登山は自然相手だから中々こちらの思う通りにはならないですねえ。
とうこ
2012/09/04 22:25
楽しみにしていましたが(^^ゞ
お気持ちよくわかります(^_^;)
せっかくの遠出なのに、私も残念に思っています。
素晴らしい眺めをまた見に行ってくださいね。
sanae
2012/09/05 21:22
とうこ さま
靴のソール修理の針金頑丈そうでしたねー。
おとうちゃま の奮闘が伝わってきました。
お天気に恵まれて羨ましいなー。って
ブログ拝見してました。
頂上宿舎下での写真になるのでしょうか?
ポーズが決まっててバックの杓子(?)もバッチリ
カッコよかったです。
雪渓での下山も考えたんですけど、
下山前夜は、どしゃ降りの大雨だったんで、
落石の危険度高いと小屋の人に言われ、
リベンジの時にでもと、お預けにしました。

sanaeさま
昨年お邪魔したときに、聞いてとおり、
白馬駅の前とか、いかにもアルプスの玄関って感じしました。
八方方面にもまわって見たんですけど、
岩手にはないリゾート地っぽい雰囲気よかったです。
ホグロフスのお店があって覗いてみたら、
かっこいいTシャツがあって旅先の高揚から
あぶなく高額商品に手を出すところでした。
ま、いつもどおり相方に止められたんです。
ぼんいぢ
2012/09/05 21:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【白馬岳】視界 数十bの花の山旅 ('12.8.13-14) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる