山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【石上山】ゲゲゲのラーメンスープ泥棒。(2010.11.28)

<<   作成日時 : 2010/12/11 01:23   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

今回は遠野三山で唯一未踏の石上山へ。
遠野三山は、
早池峰・六角牛山と、石上山。
昔は修験者の山だったということで、
今でも修行の地としての名残があるらしい。

遠野といえば、
今年は遠野物語発刊100周年。
この石上山も物語の2話目、
三姉妹の女神との関係の話で登場。

そんな
神様と 妖しと 人間の世界が入り混じってそうな山へ登りだしたのは、


【11:04】
山のぼらー に あるまじき昼前出発。
ま、
たまにはそんなこともありマス。


空 青いです。濃いデス。      雲ないです。


歩き出しは、絵に描いたような景観。


すぐに森の中へ。


森の中には、
ポツンと巨石『婆石』  
遠野物語拾遺によると巫女さんが石になってしまったのだとか。


道はユル過ぎずキツ過ぎズ 杉の中の一本道。


【11:14】

林道との交差点に 二つ目の鳥居


まだまだつづくヨ 一本道。

しばらくすると、

湿った涸れ沢にかかる丸太の橋を何個か渡っていくと、


水のみ場があって、


【11:39】

篭堂小屋。
裏手には水垢離くみ場とかあって、
修行場の雰囲気出てマス。

小屋からは、
ガッキーンと凄まじい急登。

もうね。
急さが、マジっぱねーす。


なんか スゴイ木 発見。   妖怪?

急坂にへこたれず歩いて行くと
刃納め岩ってのがあって、

んりゃーっ!
って
感じで よじり登ると、、


【12:14】

切り立った岩の上に建つ 中ノ堂。


眼下の展望 ど〜ん。

お次は、

鎖梯子・鉄梯子と続く。   とりゃー。


鎖場もあって、


登りつめていくと山頂直下は、兜岩。



【12:29】

山頂には、アンドロメダ岩 と名付けられた 大岩。

そこから西側は大展望

岩手山から栗駒山まで奥羽山脈どば〜ん!!
しかも、
かすかに鳥海山まで。

東側は、



北上高地をまるっと拝見。

ただ北側は木が邪魔して早池峰 見えず。



頂上は南北に細長くなっていて、この祠があるのは その北端。

三角点は南側にあって、
ガイドブックでは藪こぎが必要と書いてあったんだけど、

近年整備されたらしいので、
れっつらごぉー。


切り立った感のある細尾根を南へ。




かなり甲羅の大きい亀。



【12:31】
三角点のある山頂到着ぅー。
ここからは、

12月目前なのに雪がぜんぜん無い 早池峰 ばぁーん。


んで、
三角点の周りは、ちょっとした平坦地になっていて、
先行者3名様休憩中。

その中のお一方に見覚えが、あるような・・・。
たしか・・、
六角牛山に登ったときにお会いした方で、
ボクのブログを見つけてコメントいただいていた方。
じゃないかな?
って、
思っていたらヤッパリそうでした。 ニックネームは オシラさん。
しかも、
一緒にいた お二方も既視感。
山行予定を立てる時に検索でよく出てくるブログを書いてる方っぽい。
話してみたら、
やっぱり そのブログ「雪山と雪女の雪&山 日記」の雪山さんと雪女さん。
オシラさんとお知り合いでした。


六角牛山で出会ったときもイロイロお話を伺ったんだけど、
オシラさんは、
遠野についてとっても詳しい方。
お昼ゴハンのラーメンを作りながらお話を伺っていたら
ドンドン引き込まれちゃって、
いざラーメンを食べようと思ってコッヘルを覗き込むと、
ありゃりゃ?
ラーメンスープがなくなってる。

不思議なこともあるもんだと思っていると、
オシラさんと雪山さん達が下山するとのこと、
せっかくなので、

遠景 早池峰をバックに記念撮影。

お三方がいなくなって、
スープがなくなってしまったラーメンを食べるていると、

相方が、
「思い出した!
 六角牛山でオシラさんに出会ったときは、
 トマトスープパスタだったんだけど、
 その時も、
 話した後に食べようと思ったら、スープが無くなっててん。」

「もしかしたら。
 オシラさんって、
 遠野囲炉裏閑話集に出てくる 伝説の妖怪『シルスイ(汁吸い)』じゃね?
 むかし、
 山仕事をしている人たちの
 昼食にスイトンみたいな鍋物を、食べようとすると現れ、
 巧みな話で、注意をそらし、
 好物の汁だけを吸い、お詫びに具を太らせておくと云う 妖怪。」

「まじで!?
 ほんまやわ。
 このラーメンも、麺が ぶっとくなってるわ!」

そんな感じでラーメンスープを盗まれてしまって極太になった麺を、
すすりながら見た景色。

東側 片羽山と六角牛山とか。

この見えてる山々は、シルスイの行動範囲みたいです。
山行予定のある方 特に汁物系の昼食時には、注意しましょう。

※ シルスイの特徴は、面白くて興味深い遠野の話を話しかけてきます。




【13:26】

同じ道で下山開始。


ちと不安定な鉄梯子。 慎重に。


【13:57】
中之堂 上部の鎖梯子は使わず迂回路があったのでそちらを、

迂回路なんだけど、結構怖い。


高度感あるぅー。。

篭堂小屋の上にも迂回路あり。

そちらへ。


水量まったくなしの滝を見て、


【14:22】

篭堂小屋で通常ルートに合流。


あとは危険箇所もないので、すったかたー。


【14:42】

無事 下山完了。




帰路では、
mikkoさん情報のソフトクリーム屋さんへ。


ウチへのお土産にプリンを買って帰ったんだけど、
これが、めちゃ旨! 絶品。



GPSトラックとか写真撮影時間と場所も確認できます。at EveryTrail

EveryTrail - Find hiking trails in California and beyond









おまけに、

遠野を舞台にしたボクのオススメの本を紹介。
『愛しの座敷わらし』  (著)荻原 浩   朝日新聞出版
・・・いろいろボクの感想とか書くより読んでみてくださいナ。
読後、
ほんわり暖かい気持ち に、なること請け合いデス。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はい、ゲゲゲのシルスイで〜す(笑)。
六角牛以来、本当にお久しぶりでした〜。
楽しい時間を過ごさせて戴きまして、ありがとうございました。 三角点では、私達五人が占領した格好で、雲もない、ピッカピカの好天で、この上ない贅沢を味わいましたね。 
そうですか、ラーメンの汁が無くなっていましたか? 私は、ラーメンを食べた後なので、それは河童の仕業でしょうね(笑)。
シルスイの動き回る範囲の山々では、再び、汁が無くなる事もあるかもしれませんが、二杯目は、大丈夫です(笑)。 
オシラ。
2010/12/11 07:32

ぼんいぢさん・会長さん。

こんばんは(^O^)/
ブログアップ待ってました♪

今年は、自分以外のブログにはコメントを入れていませんでしたが・・
今の私達の夫婦での山行のスタイルと共感する所がありまして 嬉しかったですo(^-^)o


あ!オシラどんさんは遠野の神様なので・・・
遠野の山行には欠かせない大事な方です。私達の守り神でもあります♪お話が楽しいのもトップです(笑)

その証は、オシラどんさんと一緒の山登りは いつも快晴なんです♪

今回も快晴でしたよね(^O^)/

また 何処かのお山で お会いしましょう。

遠野物語に・・・オシラさまや雪女は、お話に出て来るのですが、雪山は無い〜(-.-;)

もしかしたら山男の部類かな? 頭のテッペンも最近涼しくなって来たので・・河童?
ヒェ〜!(?_?)
どうしよう〜
雪山
2010/12/11 20:32
オシラ。様
こんばんはー。
ホント12月直前とは思えない穏やかな天気でしたね。
フリースも持っていったんですけど、日差しがポカポカでずっとザックに入れっぱなしでした。
あれ以来山歩きはしていないんですけど、
さすがに遠野の山々ももう白くなっているんでしょうね。


雪山様
そうでした。
オシラ様は馬と養蚕の神様でしたね。
お陰さまで天気に恵まれてたんですね。
 遠野物語で、大男とか天狗さまとか出てきてましたけど、雪オトコみたいな人が出てくる話ってありませんでしたか?あっても良さそうですよねー。
そういえば、河童って性別はどうなんでしょ?

そういうわけで、
またどこかのお山でお会いした時には宜しくお願いいたします。
ぼんいぢ
2010/12/11 21:55
こんにちはー!
石上山、なかなか手ごわそうな山ですね〜
我が家も遠野三山でこの山は未踏ですが・・・
そこかしこに妖怪が潜んでいそうな
雰囲気のある登山道じゃないですか〜
怖がりmikkoには勇気のいる山行になりそうです。
今年はゲゲゲ年!
旬な山に登ってきたワケですね。。。
TBありがとうございました。
次回遠野方面に出かけた時は
プリンも買ってこようと思います。
(^。^)y-.。o○
mikko
2010/12/14 23:34
mikkoさま
そうなんですよ。
妖怪に出会っちゃう山だと思いマス。
今回は落葉が済んじゃってたので明るい感じの登山道でしたけど、葉がみっしり生い茂ってる時だとイロイロな所に影が出来て妖怪が住み着きやすくなってると思いマス。
鎖場とかも結構楽しかったですし機会があれば是非オススメです。
 プリンは、まじオススメです。
何種類かの味のソースがありましたけど、ボクはソースなしのプレーンを食べましたけど。。。
もう ホッペ が・・・・・。
ぼんいぢ
2010/12/15 21:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【石上山】ゲゲゲのラーメンスープ泥棒。(2010.11.28) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる