山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鳥海山】何がなにやら。 (2010.7.19)

<<   作成日時 : 2010/08/08 19:04   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

海の日って、
大概 東北では梅雨のさなか だから、
晴れに当たるなんてめったにないんだけど、
今年は天気予報良さげ。
って、わけで、
前泊で、行ってきました。

登山口は、祓川(5合目)。
前夜 登山口に着いた時には、満点の星空で、
山頂まで シルエットがクッキリ。

明日への期待120%で就寝。

4:30起床。

麓は、矢島方面?

山頂は というと、

あれ?
てっぺん だけ ガスってね?
目をこすって見ても、
               ・・・確実にガスってますヨ。

しかも、
海側から湿った風がぁー。

ま、
なるようにしかならないので、

トイレ行ったり 身支度。


【6:02】
しゅっぱーっツ。

あれ?
山頂の雲 ゴッツくなってりゅ。


登山口にある祓川ヒュッテ。


ヒュッテからは、竜ヶ原湿原。

湿原を渡りきると、

祓川神社。

登拝の方は
身を清めたあと、この神社に祈願するとのこと。

どこから、ざんげ坂で、
どこから、タッチラ(ダケカンバ)坂なのかは、よくわかんないけど



めちゃ急坂。


梢越に秋田の海岸線。 風力発電の風車も見えて景色イイゾー。

けど、

お先は、  ・・暗い。            (6合目:賽の河原あたり)


水芭蕉。 まだ咲いてました。


桜も。

ふと、
先を見ると、

雪渓を登っている人が、ちっこく視認。


【7:04】

7合目 御田。


かちんこちん。 つるん。つるりん。


そろ。 そろ。  慎重に。


すべる急斜面雪渓 ひと段落。


【7:24】

避難小屋は、道から一段下。 寄らずに前進。


目印。  頑丈ケルン。


いよいよ。 ガスの中へ。


ソロリ そろり とらばーす。

下を見ると、

七ツ釜避難小屋の屋根。

七ツ釜は雪の下。

七ツ釜っていうのは、
七つの滝壷がある渓流らしい。
秋以降にやっと見ることが出来るんだって。


【7:40】
分岐。

尾根道の康新道ではなく、大雪路ルートへ。




先が見えなくて、こわい。


雪渓 いったん途切れて    皆さん 休憩しちゃったもんだから、


先頭になってしまって、

あわてて、GPSとりだす。
ルートデータ入れてて助かった。 ホッ。

GPSと地図とガイドブックの解説文を頼りに、
長い長い雪渓前進。

また 途切れて、  とりゃー。

氷の薬師の標柱 

ぐにゃり。

氷の薬師は、溶岩でできた、裸岩渓谷。

らしいんだけど、
ガスで よくわかりましぇん。


【8:34】
ようやく雪渓を登りつめて、

舎利坂 突入。

風は強くなってきたし 視界は狭いけど、







足元は、 OH花畑!


固有種チョウカイアザミの蕾?

こちらも固有種

チョウカイフスマ。

道はジャリジャリ

急だし ずりずりして歩きづらい。

鎖はあったけど、
重いし錆びて赤錆汁で手が!

やっと外輪の稜線でたー。

強風。 びゅーびゅー。


【9:30】



七高山山頂到着ぅー。


でもね。
もうね。
風は強いし、眺望はぜんぜん無いし、寒いし、
なにがなにやら ナノデス。
ホントに ここは外輪最高地点?  って感じ。

新山は早々あきらめました。

岩陰に隠れてゴハンにしようと思ったら、
座布団がない。
ガーン。
と、
思っていたら、
後続の方が拾ってくれて持ってきてくれました。
ありがとうざいました。


長居は無用。

速攻 下山。

康新道を予定してたんだけど、風あたりがキツそうなんで、
来た道を戻ることに。

あとは、
同じ道なんで、
ズルして文章省略。































【12:45】

祓川ヒュッテが見えたら 本日の山歩きオシマイ。


お花 まとめ。

けっこう咲いてました。




このコース 天気のいい日に いつか リベンジ じゃ!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ありゃありゃ。。。
ガスガス残念無念でしたね
この時期でこんなに雪渓が残っているのには
びっくりでした〜
いつかは登りたいと思っているのですが
秋がいいのかな〜?
でもこの時期のお花も捨てがたい・・・
なんといっても晴れの日がいいですね。
ぼんいぢさんもぜひ晴れの日狙いでリベンジして下さいね〜
mikko
2010/08/10 22:49
mikko 様
こんばんはー。
このコースは鳥海山の北面なので、
なんと、晩秋まで雪渓が残っていることもあるとガイドブックに書いてありました。
やっと融けた頃に雪が降り出すなんてなんか不思議ですよねー。
それで、
秋 紅葉の頃なんですけど、
お風呂に立ち寄ったフォレスタ鳥海っていう温泉ホテルに紅葉の鳥海山の写真が飾ってありましたけど、とっても綺麗でしたよー。
ウチもその頃リベンジしようかって話が出てたりします。
ぼんいぢ
2010/08/11 22:19
山歩き楽しそうですね・・・いつも見てます。私も長野県で山にはまっている1人です。鳥海山にいつかは登ってみたいです。
まっちゃん
2010/08/14 09:29
はがきが届いたよ。ありがとー!
すごいね!ちゃんと消印もついてたね!

町内会の山歩きに参加したって聞いてた頃は
こんなことになるなんて思ってなかったよねぇ。

ほんと、すごいや。ありがと♪

2010/08/17 19:08
ど さま
んだ。
最初は山登りする人って、アホちゃうか。
って、強烈に思っていたんだけど、
(今でも半分思ってマス。)
なんか、オレもアホだったみたい…。
             どうしよう?
とりあえず。
ハガキが無事着いたようでヨカッタ。

2010/08/17 21:04
まっちゃん様
長野にお住まいなんて羨ましいです。
アルプス行き放題じゃないですか。
ウチからだと数年に一回くらいしか行けないですもの。
鳥海山もアルプスに負けない良い山なんで機会を見つけて是非歩いてみてくださいね。
ぼんいぢ
2010/08/17 21:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【鳥海山】何がなにやら。 (2010.7.19) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる