山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【至仏山】ひとめぼれ の 尾瀬に ふたたび(2010.5.3)

<<   作成日時 : 2010/05/19 00:19   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

週休一日の ぼんいぢ家にとって、待ちに待ったゴールデンウィーク。
ETC上限1000円も、この連休で終わりかもという巷の噂。
遠征は必須。

で、

目的地選定会議を相方と開いた結果、
吾妻連峰など候補地はいくつかあったんだけど、
昨秋に燧ヶ岳から見た 尾瀬ヶ原と至仏山が、
とっても印象深かったんで、ネットで、調べてみると、

天候しだいなんだろうけど、
GWの至仏山は、初心者でも歩ける残雪期人気の山域になってるみたいだし、
首都圏から近いせいもあり
スノーシューや山スキー・スノボーのバックカントリーのツアーも
いっぱい企画されているようなので、
びびらーのボクでもなんとかなりそうなんで、

尾瀬の至仏山で、残雪歩きをしようってことに決定!!




5月2日 移動日。
至仏山では、どんなギアや服装が適してるのか分かんなくて、
夏服冬服両方、スノーシューに6本爪アイゼン、冬靴夏靴両方 など
わごんR子ちゃん に、てんこもり 詰め込んで、
休憩時間除いても9時間オーバー予想のドライブ いざスタート。

朝6時前には出発できたので、出だし エアコンは暖房だったんだけど、
岩手宮城県境を越えたあたりから車内に日差しが入ってきて、
暑くなってきたんで、エアコンを冷房に切り替えたんだけど、
冷たい風は出てこず。  
                  ただの送風状態。
エアコン故障。

ま、
エアコンガスを補充したら、大丈夫。
荷物てんこ盛りに、わごんR子ちゃんがご機嫌ナナメなったんだわ。
と、軽く考えていたら、
給油がてらSAのスタンドに寄ってみると、
ガスじゃなくて、要 修理。
原因を突き止めたとしても、SAのスタンドじゃ部品があるとも限らないし、
それよりなにより、
GWで、次から次にやってくる給油車の対応に忙しそうな店員さんに
時間のかかる作業を頼むことなど出来るはずもなく、
ETC割引のことを考慮すると途中で高速を降りるのも勿体無くて、
温室効果ばっちりの車内を我慢して、
宇都宮まで。


結局、
スズキは休みだったし、Jamesとオートバックスは、
両方とも部品がないので、連休明けじゃないと修理できないとのこと。

連休中は、サウナ状態で移動決定。

とんだ時間の浪費だったけど、
アクシデントも旅のスパイスと無理矢理思い込み、
せっかく宇都宮で降りたんだから、
宇都宮っていえばギョウザでしょ。 ギョウザといえばラーメンでしょ。
ってことで、
二人ともラーメン・ライス・ギョウザで昼食。
が、車内に戻ると暑くて、ラーメンじゃなくて冷やし中華だったな。
と、後悔。

後悔は先に立たないので、
汗で てらてら顔になりながら、
日光自動車道をひた走り、いろは坂の渋滞にあえいで、
明智平で、一休み。

ロープウェイにも乗って、
中禅寺湖から華厳の滝へ湖水が溢れ出るの見てみる。

いろは坂を昇りきったら、
エレベーターで華厳の滝の下まで行って、見上げてみる。

どど〜ん。って轟音。


華厳の滝の駐車場の近くには、日光自然博物館。

入り口前には顔出し看板。


かなり低い位置に顔出し穴を作るという製作者の強引さが魅力的な一枚。

館内には他にも顔出しパネルがあります。と書いてあったんだけど、
「この熊で満足してもうたから。」
という分かった様な分からない様な理由で館内には入らず。


中禅寺湖の周りをちょっぴり散策

男体山 カッケー。

ちなみに、
男体山は二荒山神社の境内内の私有地らしくて、
登山は、5月5日の山開き以降お願いします。との神社からお達し。
なので、今回の山行候補地にあがりませんでした。

入浴は日光湯元温泉の奥日光森のホテルで。

晩御飯は、もう一度 中禅寺湖のほとりに戻って、

日光名物の湯葉を使った定食。

相方がビールを飲みたそうにしていたので、
「あとの本日の運転業務は免除してあげる」
と、言ったボクは、かなり優しいと思う。
それを、真に受けて、
小ビンでなく中ビンでビールを注文した相方は自己中心的だと思う。


で、
中禅寺湖からは、ボク ひとりで運転。
相方はアルコールが効いて助手席で高いびき。
満点の星空の下の鳩待峠駐車場に着いたのは10時前だったと思う。

翌朝は5時に目覚まし鳴るも、ちゃきっとすぐ起きれずウダウダ。
5時30分頃に駐車場代金請求係員が来て精算。 

2500円なり。


やっとこ身支度整え終わって、
【6:59】出発。

フリースはザック内にして、アウターは上も下も冬バージョン。
靴は冬靴は重そうなんで、防水スプレーたっぷりの夏靴。
スノーシューはザックに括って6爪アイゼン。
結局、
スノーシューは最後まで、とくに必要って感じじゃなかった。










戸倉からのシャトルバス運行前に出発したのに、
前後には結構な人数。



ばびょーんと燧ヶ岳。 尾瀬ヶ原がすこし出現。


ところどころの小ピークは、巻き巻き。


今回の心配箇所”小至仏山トラバース”が、木の隙間の向こう。


樹林帯を抜け出て、白根山や日光方面を背に、うんせわっせ。




【8:40】オヤマ沢田代。







バックは、越後方面かな?


居合わせた人に撮ってもらいました。



ここまで来ると、尾瀬ヶ原も一望。




いよいよ!


小至仏トラバース。  思っていたほど怖くなかった。


武尊山を背に最後の登り。

クリックで拡大
頂上目前。  ゼッケー。




【9:33】
頂上とうちゃく やっほー。

燧ヶ岳と尾瀬ヶ原バックで。


向きを変えて、越後方面をバックで。

クリックで拡大
360度ドーゾ。     山座同定は、シテマセン。

んで、

ウチにも じぇっとぼいるクンが やってきました。
沸騰 はやいッス!

ご飯も 食べ終わって、下山なんだけど、あまりの絶景に、
クリックで拡大

クリックで拡大
もう一回パノラマ撮影。



【10:20】
下山開始。

下山路は、山ノ鼻へ降りるルート。
  このルートは登り限定ルートだと思っていたんだけど、
  ネットで下調べしていたら限定はグリーンシーズンだけで、
  この時期は降りに使っても可だったんで。


山ノ鼻までスコーンと見通せてイイ感じ。

高天ヶ原は、雪が解けていて、



木製階段トットコトー。

また雪面。

かなりの急斜面。

ひとめぼれ号を使って、

びゅ〜〜ん。




だいぶ高度を下げて、


振り返ると、朝の霞も取れて 濃い青空。



樹林突入。


樹林内は雪が緩んでいて、ズブズブ。


樹林を抜け出ると、

はじっこだけど 待望の尾瀬ヶ原ぁ。


雪解けも ちょっぴりはじまり、


木道も顔を ひょっこり。

これが尾瀬ヶ原の木道ぉー。

踏んでみた。   感激デス。


ビジターセンター方面へ。


標柱を見ると、まだまだ雪は深そう。




【11:50】

至仏山荘到着。

昨秋はカップでしか食べれなかった花豆ジェラード。

コーンで食べたほうが美味しく感じます。


至仏山の山バッジもゲット。




【12:16】
名残惜しいけど、

尾瀬ヶ原にさようなら。
できれば、いつの年か 初夏に また来たい。


ピッケル型倒木。

あとは、

川上川沿いに緩やかに登って、



【13:28】

鳩待峠で、山行終了。




そんなわけで、
クリックで拡大
今回のGPS軌跡




この日は、
また中禅寺湖畔に戻って入浴して、
なにやら有名だというビーフシチューセットで晩御飯食べて、
いろは坂の渋滞時間が過ぎるのを待ちながら明日の行動計画会議。

日光江戸村とか行きたかったんだけど、
フリーパス券 一人4500円。 
×2名で、9000円。

車のエアコン修理代金がいくらになるのか分からない時点では、
踏ん切りがつかず、男体山に来たときにでも。って ことにして、
今回は帰路へつくことに。
と、いっても、
結構ヘロヘロになってたんで、那須高原SAで車中泊。





翌日は、
そのまま自宅に帰るのは勿体無い天気だったんで、
岩手を代表する桜の名所 北上市の展勝地へ寄り道。









満開でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
昨年の燧ケ岳に続いての至仏山
GWの超長編ありがとうございます
ひとめぼれ号もうけました (^^♪
Makinobayashi
URL
2010/05/19 10:46
Makinobayashi様
連休になると遠出したくなります。
GWはどの山域もまだまだ残雪が多いので、遠征先選定にいろいろ悩みましたけど、また尾瀬にして良かったデス。
ぼんいぢ
2010/05/19 21:30
ほんと!
見事な絶景です。 天気も最高! 景色も最高!
最高のGWを過ごされましたね♪

残雪の至仏岳をぐるりと楽しませて頂きました。(^0^)v
ありがとうございます。
やまめ
2010/05/20 16:41
やまめ様
おかげさまで、天気めぐまれた楽しい山行ができました。至仏山からは360度の展望で、そこから見える山々はとっても登頂意欲をそそって、またいつか遠征したくなっちゃいました。
ぼんいぢ
2010/05/22 20:03
すっかり尾瀬の魅力にハマっちゃいましたね〜
ツルツルいや〜な感じの蛇紋岩も雪の下で
この時期に登るのっていいかも。。。って思いました
ひとめぼれの尾瀬でひとめぼれ号発信!
ウケちゃいました〜
途中、横から走り出てくる方もさぞや羨ましかった事でしょう!
スピード出すぎて怖かったりしないのですか〜?
止まる時は両足ブレーキが効くのかな〜?
なんて真剣に我が家もチャレンジを考えてるワケです。
(^。^)y-.。o○
mikko
2010/05/29 12:54
mikkoさま
こんばんはー。
いつもコメントいただき ありがとう御座います。
ひとめぼれ号なんですけど、
加速していくと、すさまじくスピード出ます。
足でブレーキをかけつつ滑りました。
あと、コツというか なんですけど、
背中とザックの間に雪が入り込むので、
ひとめぼれ号は、お尻だけじゃなくてザックも乗せた方がイイ感じに滑れます。
なにせ、スキー・スノーボード・ソリとかのガサばるバックカントリーじゃない、折りたためるタダのビニール袋ですので、是非オススメです。
ちなみに、お米の袋より、肥料袋の方がよりいい感じらしいです。あと、普通のゴミ袋はハリがあまりないので、ちょっと不向きみたいです。
ぼんいぢ
2010/05/31 22:59
GWは尾瀬でしたか!
尾瀬がどの季節も良いですよね。
鳩待の駐車場の料金も高いようで実際は安い計算になりますね。

ひとめぼれ号は速いですね!
やはりコシの強さ効いてますかね?
我が家の100均レジャーシートでは
ダメでした。(笑)

山頂でのスナップ写真
奥さんと誰が写っているんですか?
まさか私が知っている「ぼんいぢ」さんじゃあないよね!
トシちゃん
URL
2010/06/02 23:03
トシちゃんさま
ブログを拝見してましたけど、
トシちゃんsanaeさんも
尾瀬に最近お出かけだったんですよね?
水芭蕉いっぱいの写真を見て、
花いっぱいの時期の尾瀬にまた行ってみたくなりました。
今度は尾瀬ヶ原をズドンとぶち抜くように歩いてみたいです。

えっと山頂での写真ですけど、
あれはサナギからかえった 
にゅー ぼんいぢ です。
ぼんいぢ
2010/06/03 22:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【至仏山】ひとめぼれ の 尾瀬に ふたたび(2010.5.3) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる