山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【三ツ石山】祝!相方 初 山ナンパされる。(2009.7.12)

<<   作成日時 : 2009/07/21 00:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

最近、
登山界において、
驚くべき事象が起こっているという。
『女子登山ブーム。』
  ちなみに、
  この場合の女子とは、10代〜アラフォー世代をさす場合が多いようだけど、
  上限は定められていないので、10代〜年齢無制限ともとれる模様。
女の子が山登りって おしゃれ
そんな認識が浸透しつつあるらしい。
現に、最近の女性用の山ウェアって、可愛いモノが多いんだよねー。
しかしながら、
男性の山登りについては、
むさい・臭い等のマイナスイメージが払拭されたかはナゾ。


で、
『山ナンパ』とは?

山に突如現れた女子たちを山で待ち受けたのは、
もともと、山に居ついている中高年層世代の、山ヤ で、
下界のナンパとは違い下心は、ほぼ無いんだけど、
つい、
「山頂までご一緒にいかが?」 と声をかけたり とか、
「こんにちは。」だけの挨拶のつもりが、山ウンチクを聞かせたり。 とか、
知っている山マナーを教え、
「へぇー。 そうなんですかー。」と、返事を欲しがる。
などの、
事柄を指す模様。

さりながら、
女子たちは、うざっ。 と思っているようでも、
下界では有り得ないモテモテぶりに喜ぶ女子も多いという
摩訶不思議な現象でもある。
             ・・・・・・・・・らしい。




そして今回、
めでたく、相方も初ナンパされました。
と、
いっても、
純粋な山ナンパというわけでもないんだけど、
  何をもって純粋というかは、突っ込まないで下さいませ。

この日の予定は、
松川温泉→三ツ石山→源太ヶ岳→松川温泉の裏岩手プチ周遊で、
松川温泉駐車場に車を入れると、
他県から来た男性が、
予定していたパートナーが体調を崩して、単独行となってしまって、
初めての山で、熊と、迷子にならないか心配なので、
三ツ石山頂まで誰かとご一緒したい。
と、思っていたところに、現われたのがボク達だった。
そういうことみたい。



【7:42】
相方には、ボクが もれなくセットになっていることと、
歩くのが遅いうえ写真を撮りながらで歩くペースが変則なのをご了承いただき、

松川荘裏手の登山口から出発。


最初はキツめの階段状。


斜度がなだらかになってくると、裏岩手ムード満点。

ご一緒した方から新知識入手。

アオモリトドマツ(オオシラビソ)の枝が下向きになっているのは、雪の重みの為で、
下向きなっている枝と、横に伸びている枝の境目が
おおよその積雪の高さなのだそうだ。
と、いうわけで、この辺の積雪は4〜5mくらい。なのだそうだ。
そんな
ウンチクを知ってしまうと、
ボクも単独行の時は、若い女子を とっ捕まえて、
この知識を是非、ひけらかしたいと切に思うのでありました。


【9:20】
来るべき山ナンパを前頭葉内でロールプレイングしていると、

三ツ石湿原に到着。

ボクの不浄な妄想も吹っ飛ばしたという
クリックで拡大
ニッコウキスゲの咲く裏岩手を代表する湿原を拡大してご堪能下さい。


三ツ石山荘のデッキから、湿原と三ツ石山を眺めたら、


山頂へ。


っりゃ!

うりゃ!

と、登って、

振り返ると、

裏岩手バンザイ! なのです。


近そうなんだけど、山頂はなかなかやってこない。


ポッコリ岩の山頂。


【10:03】
山頂は強風。

奥に見えるのは、岩手山。

薄手のジャケットでは、風を防ぎ切れなさそうなので、

久々、カッパ出動。
岩の風下で、おやつを食べながら風が弱まるのを待ってみたものの、
強くなる一方なので、
稜線上を歩く今回の予定コースは諦め、来た道を下山することに。


【11:14】

三ツ石湿原 再び。


ワタスゲとニッコウキスゲって同じ時期でしたっけ?


山荘デッキで昼食。
最近、山メシはコンビニ任せ。
つまり、相方を家事から解放させるボクの優しさ。
という事を、ココに強調しておきマス。


あとは、

淡々と下ったら、


ガッツリ下って、


【12:24】

無事下山完了。
他県の方とはここでお別れ。



下山後は、
入浴券のタダ券があったので八幡平ハイツへ。
そのあとは、
松尾八幡平ビジターセンターにある産直でソフトクリーム食べようと、
寄ってみたら、

ランチバイキングやってました。
この辺は、ホウレン草が特産品みたいです。
けっきょく、
お腹パンパンで、ソフトクリーム食べれず。


そんなわけで、今回歩いたルート。

↑ クリックで拡大
  国土地理院の地図使用。
   ルートはGPSの軌跡なので誤差アリ。
   コースから外れているかもしれません。
   そのへん御了承ください。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、水場が枯れてえらい目にあいました
その後の状況はどうなりましたでしょうか?
Q太郎
2009/07/21 09:38
はじめまして。
東北の山もいいところが多そうで羨ましいです。

私も奥さんと同じく登山をしている女性の一人ですが、女子登山ブームってホントかなーと思ってます。
確かに女性用の登山ウェアは男性用と比べても種類が増えてきたように感じますが。
私もナンパじゃないですが、山でよく人に絡まれます。登山の計画とか、山のウンチクとか、果てには下界の仕事の自慢話(?)とか。
声をかけられて嬉しいような、ぶっちゃけ早くその場から去りたくなるような、複雑な気持ちです。
若い男性なら歓迎なんですけど、声をかけてくれるのは60前後のおじさんばかりです。(苦笑)
でもそういうのがあるということは、逆に山に登る女性がそれだけ珍しいということでしょうね。
みおりん
2009/07/21 22:04
>Q太郎さま
こんばんは。
今回は水場のほうへは回らなかったんですけど、三ツ石の水場はよく枯れちゃうみたいですね。
水の確保大丈夫でしたか?

>みおりん さま
はじめまして、
コメントありがとうございます。
東北の山いいですよー。

昨日、百名山の一つの岩手山に行って来たのですが、女性比率高かったような気がしますし、男性が圧倒的に多い山もありますし、地域とか山によって男女比率が違うのかもしれませんね。
山ナンパ対策について最近読んだ山エッセイには、眉間に力を入れ気味にしてみる。と書いてありましたよ。
オジ様方の熱いトークは山女子だけに向けられてなくて、ゴルフ時の時なんかもスゴイですよー。初心者とみると男女関係なく指導してきますから。
山ナンパは、ゴルフ指導と同じニオイがします。
ま、どちらも悪意はないんですけど。

みおりんさんのブログちょこっと見てきました。
京都の方なんですね。嫁さんも京都生まれなんです。といっても丹後なんですけど。
京都市にボクも7・8年住んでいてその時知り合ったんですよ。
ぼんいぢ
2009/07/22 00:46
 おばんです。
 樹海ライン途中の小湿原もキスゲだけでしたし。キスゲとワタスゲのコラボは珍しい景色ですね!。一気に花が咲いたようです。
 これからはトウゲブキの群生も楽しめますね、お近くでいいな〜。
 麓観光の事前調査で、八幡平温泉郷のランチバイキング&入浴・・・数件チェックしていましたが。避難小屋二箇所チェックで終わってしまいました。ひっつみ汁食べたかった・・・。
テントミータカ
2009/07/22 21:24
山ナンパですかぁ。
結構声掛ける人多いんでしょうかねぇ。
若い女の子と話す方がいいからでしょうか?笑

でも、色々と山についての話しを聞けるのは嬉しいですけど、、
聞きたくもない話までは嫌ですね。
山だから、用事がありますので!って逃げることもできないだろうし。
捕まってしまったら、うまく回避する方法はあるんでしょうかね??

そして、そんな色んなウンチクを自分が知ってしまったら・・
やはり若い子をつかまえて知識を披露したくなってしまうのでしょうか?
この先自分がどうなるか楽しみであり不安でもありますね(^^;
やす
URL
2009/07/24 09:32
>テントミータカ様
キスゲとワタスゲって、やっぱり同じ時期は珍しいんですね。
ひっつみ汁美味しいですよねー。
美味しすぎて、ついつい食べ過ぎちゃいました。

>やす様
山に限らず、
何かしらウンチクを知ってしまうと、言いたくてウズウズしちゃいません?
そう感じてしまう自分が怖い今日この頃です。
ぼんいぢ
2009/07/24 22:58
アラカンです
町では、「こんにちは〜!」なんて、大きな声で言えませんが・・・
山では、声はかけますよ (^^♪

三ツ石の水場、20日はたっぷり出ていました
Makinobayashi
URL
2009/07/27 12:58
>Makinobayashi様
アラカンって知らなかったので、検索して初めて知りました。ブログを読ませていただいていると、そうは感じられない行動力にオドロキです。
ぼんいぢ
2009/07/27 23:25
松尾八幡平ビジターセンターのランチバイキングやってましたね。
実は私もその日同じようなメニューを食べました。
特にほうれん草のとろけるプリンが激うま!
八幡平アスピーテラインをドライブだけでしたが黒谷地湿原にニッコウキスゲが咲きとても綺麗でした。
キース
2009/08/16 02:10
キース様
ほうれん草のプリンおいしかったですねー。
でも、カレーのスプーンが無くなって、カレーをプリン用の小さいスプーンで食べてくださいと言われたのにはびっくりしましたけど。
ぼんいぢ
2009/08/18 17:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【三ツ石山】祝!相方 初 山ナンパされる。(2009.7.12) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる