山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【兜明神岳・岩神山】気分は、すぅいっつらんど (2009.3.8)

<<   作成日時 : 2009/03/15 11:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

誰が呼んだか、兜明神岳は、

『みちのくマッターホルン』


 やっほー ほとぅららら やっほ ほとぅらららん
 やっほー ほとぅららら やっほ ほとぅららら
 ちーず ほんでゅらんらん 
 やっほほ。


と、
歌いながら、
盛岡から車で1時間弱、
やってきました みちのくのツェルマット  区界高原。

今回は、
そんなヨーロレリッヒー的な区界高原の
兜明神岳(1005m)と岩神山(1103m)をスノーシューハイク。


【9:10】

区界高原ウォーキングセンターから、出発。

区界高原は、
いろいろハイキングコースがあるらしいんだけど、
今回は一番メジャーといわれるコース。
クリックで拡大
↑ クリックで拡大
  国土地理院の地図使用。
   ルートはGPSの軌跡なので誤差アリ。
   雪上なのでコースから外れているかもしれません。
   そのへん御了承ください。



カラマツやダケカンバの森
を、北進。

いたるところに

ウサギの足跡


リス(?)の足跡


テン(?)の足跡
が、いっぱいあって、
小動物の痕跡だらけの森。

と、
いっても、
ぼんいぢ家では、まだ、雪の上で動物を見たことがなくって・・・、
いつか
跳ね進むウサギや、きゅるきゅる動くテンや、くりくり回るリスを見てみたい。

相方がトレースから外れて、

ウサギの足跡を追跡。

「早く早く」
と、手招きしながら呼ぶので、行って見ると

ンコ。
脱糞現場。

はて?
なんで逃げるはずのない糞を見るのに、急ぎ呼ばれたのか?
と、いう疑問はさておき、

道は、
見晴山とのなだらかな稜線鞍部の分岐を右(東)へ。

こっちは、人間の足跡わんさかの 牧柵広場〜かぶと広場。

これは、ワカン。
こっちはアトラスにTSL。MSR。
おや!これは、ツボ足だ。
と、
人間の足跡もさまざま。

広場の足跡のない場所には、



影絵。

兜山荘を左に見るようになったら、

兜明神岳山頂へ直進。

岩場の取り付きでスノーシュー脱いだら、四つん這いに。
じつは、
ここへは数年前の山歩きを始めたばっかりの秋に来たことがあるんだけど、
岩場が怖くて未登頂だったのでした。


【10:10】
登頂デキマシタ。

岩手山。


早池峰。

相方はというと、
「スノーシューを脱ぐのがメンドイ。」

と、いう無精者。

それならばと、
岩場取り付き部から、
登頂中のボクを撮影してもらう。

『マッターホルン登頂にゴキゲン』 之 図


お次は、
岩神山へ。

ここからしばらくは 平坦な、

かぶと広場と、


うまっこ広場を。

前回から軽量のスノーシューにしたせいか、
相方の速度が増したような。

広場から森の中に入ると、傾斜が増して、
ぜいはぁ。ぜいはぁ。

一方。
相方は、

余裕の休憩中。   ぐやじぃー。

冬の間に足がナマっちゃったか。

ナマったものは、しゃーないので、

ときどき振り返り、枝の隙間に見える早池峰を見ながら自分を励ます。

励ましても、
相方との差は縮まらないので、
「兜明神をバックに写真を撮りたいから。ちと待て」
と、
策をろうす。

成功。   追いつく。


【11:12】
岩神山の山頂は二つの岩稜で

東側に三角点。
西側の向こうの岩稜のほうが高そう。

そちらへは、

鉄塔を迂回。

北上高地の真ん中へんからは、360度の展望。
クリックで拡大
西側。
北上平野の向こうに、奥羽山脈ぅ〜。


東側は、
電線が気になるけど、一段と立派な 早池峰。

ここでも、不精な相方は、

「おやつ食べとく」と、待機。

「メンドクサ」
という相方の御機嫌を取り結び、

撮っていただく。

風が強くなってきたので、
昼食は、兜山荘に戻ってからにすることに。

今回は、
GPSの軌跡追従の機能をまだ使いこなせていなかったので、
練習しようと、設定してみる。
んと。えっと。
と、
ポイントの設定に手間取っていたら、
おやつを食べたばっかりなのに、
「おなかペコペコやし。もう 先行くで。」

と、言っていた相方の姿は、
                   ・・・既になし。

兜山荘手前で待っていたのは、

座り心地のいい枝を見つけてご満悦だったから。


【11:58】

兜山荘 着。


きれいに整理整頓済みの山荘内で、お昼ごはん。


【12:31】
山荘からは往路とは変えて、

スキー場ゲレンデ跡を。

スキー場は無くなっても、
そこは、みちのくのツェルマット。

ボードの跡とか幾筋もあったりして、完全にさびれちゃってません。


【12:49】
ゲレンデ跡が途切れると、

ウォーキングセンターに無事帰還。






春は、すぐそこまで。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ぼんいぢさん こんばんは
みちのくのzermattでしたか (・・?
兜明神の岩場、たしかにそう見えてきました

春の足音、確実に近づいてきましたね
Makinobayashi
URL
2009/03/15 23:25
久しぶりですが、お二人ともお元気そうで・・・。

こちらは春の花を追いかけているというのに、そちらでは雪の上の兎のフンを追いかけているとは・・・。

でも、雪の上も楽しそうですね。

今年は今までよりそちらへ出かける機会が増えると思います。
山塔花
2009/03/16 21:41
>Makinobayashi様
兜明神岳の山頂部の岩場がマッターホルンに似てるっていうのは、以前の「ヤマケイJOY」という雑誌で出ていたんです。それで今回はレポに利用させていただいたんです。
そろそろ春山を歩いてみたくなりました。

>山塔花 様
春の花を追いかけているなんて羨ましいです。
岩手の春はもう少しだけ待たなくっちゃいけないようです。
ぼんいぢ
2009/03/16 23:51
小説に出てきた岩手山にかぶりつきー!
記事に関係ないんだけど、リンクしてもよか?
某忍者屋敷やすっかり消え去ってたのでー><

2009/03/17 12:33
>ど さま
リンクしてくれんの? 
さんきゅー。 よろしく。
そんで、
なんて小説? 気になる。おせーてください。
そいでもって、
忍者屋敷は建てつけ悪くて潰れちゃいました。
今は、ファイル置いとく物置になってマス。
ぼんいぢ
2009/03/18 00:15
リンク完了b
伊坂幸太郎の『魔王』という小説。
オススメです。時間があれば読んでみて!

2009/03/18 22:41
まだ山歩きを始める前に区界高原に行った時に
ダンナ様があれが兜明神岳という山と説明してくれた事を思い出しました。
たしかに“みちのくのマッターホルン”ですね。
お天気も良くて楽しそう。。。
途中休憩中の相方さんのお写真、2枚ともかわゆいですね〜 (’-^*)/
mikko
2009/03/20 00:26
>ど さま
そういえば、
だいぶまえから、鈍器のブログを、ここでリンクしてたわ。今更なんだけど、よろしく。
魔王。
図書館に予約してみた。順番回ってきたら読んでみるよ。

>mikko様
前からか覚えていないんですけど、
区界高原のオリジナルソフトクリームは、
紫蘇のソフトクリームでしたよ。
さっぱりした甘さで結構イケマシタ。
今の時期は特別価格で150円なのです。
で、
かわゆい。とは・・・。
相方が、調子に乗ってしまうので、キケンです。
ぼんいぢ
2009/03/20 18:41
雪どっさりですねぇ・・・毎年羨ますぃです☆
そして、私もかわゆい♪って思いますよ〜
カメラのこちら側から見ているぼんいぢさんも、きっと・・・でしょ?ふふふ(^_-)-☆
heppoco
2009/03/24 21:54
>heppocoさま
今年は里にあんまり雪が振らなかったのですが、山にはやはりまだまだたくさん残っています。
heppoco隊にも一度アイスモンスターとご対面し欲しいなって、相方との話題に上がっています。
と、
ご指摘の件でございますが、
『撮りたまえ!』
っていうオーラが出ていたんですよ
ぼんいぢ
2009/03/25 15:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【兜明神岳・岩神山】気分は、すぅいっつらんど (2009.3.8) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる