山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【八幡平】脱いでもスゴイんです。(2009.3.1)

<<   作成日時 : 2009/03/06 10:52   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

八幡平は、盾状火山(アスピーテ)。 
  ※アスピーテは、以前の火山の分類のひとつ。現在は使われてないみたい。
盾状火山の特徴はというと、だら〜ん と した斜面。
って、ことは、
スノーハイク的には厳しくないんじゃないかなって思っていたし、
にわかアイスモンスターフリーク の ボクとしては、
是非とも行って見たい樹氷原のひとつなのです。

だけど、
岩手県側のアプローチの要の八幡平スキー場は、
経営難で現在閉鎖中で、再開のメド無し。

なかば諦めていたら、
秋田県側の秋田八幡平スキー場を使ってのコースがあるじゃないですか。
ウチからだと、
冬季閉鎖の山岳道路が使えないので、
高速を1時間強、鹿角八幡平ICで降りて、下道40分程と、
遠回りになるけど、日帰りできない距離じゃないし、
狙っていた3月1日は、
スノシューやスキーのツアーが幾つか予定されているみたいで、
便乗するにはもってこい。

なにより、
天気予報が、よさげ。


そんなわけで、

じゃがじゃ〜ん。
やってきました どピーカンの秋田八幡平スキー場。
まだ、誰のシュプールもついてないです。

スキー場には営業開始前に、早めについたんだけど、
トップバッターの ラッセラーになる自信はないので、
あわてず、
リフト待ちの数十人の行列の最後尾へ。

最後にリフトに乗ったのに、
誰もゲレンデを滑って戻ってきません。
なんと全員が八幡平行きだったみたい。

【9:02】
ゲレンデトップからスタート。

ばんばんにトレース完備。 らくちん らくちん。

ゲレンデのある山毛森から いったん降って、鞍部へ。

左下に見えるのは、蒸(ふけ)ノ湯温泉。

そうそう。
スノーシューを履くと、足の付け根が痛くなるという相方のために、

買っちゃいましたMSRライトニングあっせんと! めちゃ高価格!
しかるに、
「前のより軽くなって、楽になったでしょ」と、
優しい言葉をのたまう やさしいダンナ様のボク。

と、
いうのは建前。

ホントは、
TSLのスノーシューは、登りで、ほんのちょっと爪が効きづらかったので、
相方の MSR EVO の おさがりをいただいちゃうのが狙い。
まんまと成功。
と、
いうわけで、
これ秘密。 ・・・ご内密に。


【9:13】

鞍部には間欠泉。 蒸気がもうもう。

登りに備えてスキーにシールを貼る人たち数名。
と、
NHKのカメラ!
月末木曜日の「おばんです岩手」で、放送予定なのだとか。
出演できてるか確認しなくちゃ。

さて、
その鞍部から20分程は、急登。 ジグザグ。

ちなみに、
スキーヤー達は、迂回して、
雪に埋もれた山岳道路のアスピーテライン上へ。

けっこうな斜面で、一汗。 休憩。
ふと、
相方のゴーグルを見ると、

青空と景色と、ボク。

急登が終わって振り返ると、

温泉の噴気が幾筋。

あとは、

だらだらとした登り。

標高を徐々に上げていくと、

鳥海山 とか、

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大
遠望も、いい感じ。

途中、

数組のスキーツアーグループやスノシューのグループと抜きつ抜かれつ。


先日の新聞に出ていた記事は、本当で、

樹氷は崩落してました。


アイスモンスターの着ぐるみもアオモリトドマツの足元に、
脱ぎっぽかし。

それを見て、
これが、ボクなら、
「脱いだら 洗濯モノは、洗濯カゴに! って、いつも言うてるやろ!」
そんな感じで、怒られるんだろうな。
と、
いう感想を持ってしまうボクが、
自分のことながら、なにやら不憫に思えてしまう。

ま、
ボクのことは置いといて、


標高をどんどん上げていくと、

アイスモンスターの着ぐるみを脱いだとはいえ、
エビの尻尾を無数に身にまとったアオモリトドマツ達は、
鱗状の甲冑を着ているようで、かなりのイケメンなのでした。


緩やかな登りも終わると、
クリックで拡大
大雪田の中に飛び出して、

正面を見ると、
クリックで拡大
岩手山のテッペンが、雪原の地平線の向こうに。

右手を見ると、
クリックで拡大
秋田駒ヶ岳。

で、
肝心の八幡平の山頂はというと、
クリックで拡大
いつものことながら平らで、
どこかイマイチよくわからないけれど、
人ごみが出来ているのでアソコだと分かったのでした。

にしても、

この光景。
脱いでもスゴイ アオモリトドマツたち
アイスモンスターはいなくても絶景なのデス。


【11:15】

山頂到着。


標柱もこのとおり、すっぽり雪に埋まっちゃってます。

ちなみに、

無雪期は、こんなカンジ。

非難小屋の「陵雲荘」で、お昼を。と、思っていたけど、
山頂は、風もなく穏やかで、それほど寒くもなかったので、

展望台の手すりをベンチ代わりにお昼休憩にすることに。

そのまえに、
「お腹ペコペコ。 すぐ!  今すぐ!  食べるのだ!!」
と、
言う相方を置いて、
クリックで拡大
空身で2〜3分歩いて八幡沼を見に。

戻ってくると、

相方は団体さんの中に埋没中なれど、
お構いなく、
もぐもぐぱくぱく真っ只中。


【11:52】

下山開始。


ぱふぱふぱふ。


タカタカター。
って、
カンジで、かなり快調に下山。

快調なんだけど、

スキーのスピードには敵わず。
どんどん抜かれちゃってます。

途中見つけた、

ダケカンバとアオモリトドマツの、あつぅ〜い抱擁。

ここまでくれば、あと少し。
クリックで拡大
↑怪力女の図。



【13:25】
ゲレンデトップに、生還。

尻セードで、ゲレンデを下山して、おわり。




今回歩いたルート
画像

↑ クリックで拡大
  国土地理院の地図使用。
   ルートはGPSの軌跡なので誤差アリ。
   雪上ですので夏のコースから外れています。
   そのへん御了承ください。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
EVOアッセント獲得おめでとうございます。
でもそれって実は会長の気遣いじゃありません!?
足の付け根が痛いとか言って口実を与えたんですよきっとw
ライトニングは軽くて歩きやすいしアイスバーンに強い、でも深雪のグリップ力や浮力はEVOの圧勝でしょう!

八幡平のアクセスルートにそんなところがあったんですね。
面白そうだから今度行ってみようと思います。
キース
2009/03/07 23:52
>キースさま
秋田側からのルートは、
最初だけキツくてあとは、らくちんでしたよ。
是非オススメです。
ボクも来年もう一度 樹氷がある時にもう一度行ってみたいです。
ぼんいぢ
2009/03/08 22:22
こんにちは ご無沙汰しています
あきらめていましたが、秋田側からのルートがあるんですね(驚
しかも2時間ということは、八幡平スキー場からよりも近かったんですね
来年のお楽しみに取っておきます
makinobayashi
URL
2009/03/09 18:57
>makinobayashi様
コメントありがとうございます。
このコースは標準3時間くらいって
他のサイトで見てたんですけど、
この日はトレースがしっかりしてたんで、
2時間ちょっとでした。
ほんとは岩手県側からのルートを歩きたいので、
八幡平スキー場の再開してほしいです。
ぼんいぢ
2009/03/09 23:08
青空の元で惜しげもなく脱いじゃったモンスター嬢でしたが
最高の眺望ですね。
雪原の上にポッカリと浮かぶ様に見える岩手山も不思議な光景ですね。
八幡平山頂の手すりがベンチ化しちゃっていたり
蒸ノ湯休憩所の標識に手が届いちゃったり
(後に写っている建物ってトイレでしたっけ?)
やっぱり岩手は雪量豊富ですね〜
滑りに行きたいな〜

mikko
2009/03/12 00:36
>mikkoさま
2月中頃に樹氷が崩落しちゃうのは、古今例が無いそうです。今年はそんな暖冬でしたけど、満足の眺望を楽しんできました。
八幡平からの岩手山は、無雪期にも見てるんですけど冬は形容し難い格別さでしたよ。スノーシューレンタル付のツアーもあるようなんで、機会があれば是非。
 蒸の湯の建物はお察しのとおりトイレです。雪で埋もれてました。
ぼんいぢ
2009/03/12 23:43
はじめまして。
やっぱり山頂方面の樹氷もなかなか回復できないようですね。
昨日も別の山からだけど八幡平方面を眺めたら、木々が黒く見えてたし、今日の暖かさでエビの尻尾も融けちゃったかも。

八幡平関連のリンク集に貼りました。今後ともどうぞヨロシクお願いいたします。
malma
URL
2009/03/19 21:53
>malma様
はじめまして、
コメントありがとうございます。
今年の樹氷の復活はもう無理そうですよね?
来年また立派な樹氷を見に行きたいと思います。
リンクしていただきありがとうございます。
こちらこそ、宜しくお願いいたします。
さきほど、
さわりだけですけど、「深山花鑑」を拝見させていただきました。分類がキッチリしてあって・・・尊敬です。これからの花の時期にはボクも登山道脇に咲く花の写真は採っているんですが、とても真似出来ません。というか、花の名前を調べる時に利用させてくださいませ。
ぼんいぢ
2009/03/20 18:28
>今年の樹氷の復活はもう無理そうですよね?
そうですね。来年に期待するしかなさそうです。
去年は一度消えかけても復活したんだけど・・・。
花のほうは狭い範囲の山しか入らないので参考になるかわかりませんが、ご活用下さい。
malma
URL
2009/03/21 21:44
八幡平行ってきました。
除雪の為、道路を越えられず引き返してきました。

《お知らせ》
秋田八幡平スキー場からのアクセスは秋田県側アスピーテライン除雪作業の為、3mの断崖絶壁になっています。
現在、蒸の湯への分岐まで車で進入できます。
ゲート前駐車場からアクセス可能となっています。
時間帯通行止めで17時から翌朝7時まで閉ざされるので注意してください。
なお、後生掛温泉は4月22日まで大浴場補修工事のため男女交替制になっていますので時間確認していったほうが良いですよ。
キース
2009/04/01 12:49
>キース様
もう除雪作業始まっているんですね。
八幡平にも春が来ましたねー。
ぼんいぢ
2009/04/01 23:06
ひとつ戻ってコメント(^_^;)
>heppoco隊にも一度アイスモンスターとご対面し欲しいなって、相方との話題に上がっています。
かなり嬉しいです。
毎年「今年こそは!」と隊長にそれとなく(押しが弱い?)言ってはみてるんですけどね・・・
このぶんだと、御対面したアカツキには、涙チョチョギレテしまうかもしれません(笑)

ペンギン、確かに巨大ペンギン!
heppoco
URL
2009/04/08 22:09
>heppocoさま
アイスモンスターは写真で見てもすごいですけど、実物を見たら! 青みがかった色白の肌つやとか、そりゃぁもう。スンゴイですよ。
今年の八幡平は早仕舞いでしたけど、来年再チャレンジしてみようとおもっています。
ぼんいぢ
2009/04/09 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【八幡平】脱いでもスゴイんです。(2009.3.1) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる