山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鯨山】海抜0mから (2008.11.9)

<<   作成日時 : 2008/12/07 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

サブプライムローン問題から広がる世界同時金融危機!!
と、いうわけで、
世の中 不景気なら、我が家も当然不景気。ま、正直に言うとウチは恒常的デスケド・・・。
な、
もんで、
この日 相方と久々に山に行こうと計画していたんだけど、
前日に、仕事の予約の電話が入って、迷ったあげく、
金に目がくらみ仕事を受けてしまいました。
その晩、
女々しいボクは、自分で仕事の予約を受けたものの、山への未練断ち切れず、
ガイドブックを見たり、ネットで天気予報とか見ていると、

「キィィィー!
 ウジウジすんな。
 仕事するって決めたんやから
 すぱっと、山は諦めたらどうなん。」
と、
相方は、関西人特有のイラチまるだし。
2分後 つまり120秒後
まだ、ガイドブックを眺めていると、
「もう、ええわ。
 わたしが、仕事しとくから、山に行ってきたらええやんか。」
と、
言う相方。

「しめた。」
という言葉は飲み込んで、
お言葉に甘えて、行くことにしました 鯨山(610.2m 東北100名山)。



鯨山は、岩手県沿岸の山で、
名前のとおり、鯨にまつわる伝説がいくつもある山で、漁業を守る山。
なのだとか。

登山道は、いろいろあるらしいんだけど、
今回は、

打ち寄せる波だけで、引く波がないという 浪板海岸からの表参道。

車は、

鯨山山頂が見える浪板海岸のキャンプ場の駐車場に停め、


【9:40】

美しい砂浜で海水に触れ、海抜0mからスタート。
砂浜にありがちな、花火の跡とかの夏の名残ごみが皆無。
とっても綺麗な砂浜でビックリ。

ネットで見つけた今回参考にした地図と、
地形図とグーグルマップをくらべながら、波板海岸駅周辺の住宅街を抜け

洒落た看板のある登山口へ。

登山口に着いたからといっても、しばらくは舗装路。

ボクの中では岩手の沿岸というと、
魚の臭いが立ち込める漁業の町並みっていうイメージだったんだけど・・・
なんか、
岩手の沿岸部のイメージが変わっちゃう欧風カントリーちっくな景観。

そろそろ舗装路も終わる頃、

ここにも素敵な案内板つき看板。
喫茶店か何かかなって思いつつ素通り。
帰宅後検索。  こんなお店でした。


落葉して森の中でも充分日が差し込んで、明るい。


そんな綺麗な落葉樹の森の中を、ゆるゆる。


1合目。
どうやら距離ではなく標高が基準みたい。


2合目。
左へ。 右は林業用みたい。


伐採地。
踏み跡若干不鮮明。
夏季 丈のある草が茂っているときは要注意のような気がする。

その伐採地の途中、

今にも、草に飲み込まれそうな、膝丈ほどの高さの案内板。
ここを直角に右折し、尾根に取り付き急登の開始。


3合目。
もうちょっとで尾根上。


4合目。


木々の隙間から太平洋。


5合目。


【10:54】

電波塔へ続く作業道(裏参道)と合流。  驚愕の超ヘアピンカーブ。
地形図だと作業道に出たらすぐまた尾根の上へ続く道があるんだけど、
実際は、2〜3分作業道を歩き、

こんな壁面トラバースで尾根にとりつき再度登山道へ。


6合目。


豪快な倒木。
くぐって前進。


7合目。


8合目。
この辺からはさらに斜度が増して、急登。  ぜぇはぁ。


どんどん見えてくるリアス式海岸。


9合目。
もうひとふんばり。


山頂寸前で、
裏参道と合流。


【11:21】

頂上到着。


山頂部は平らでけっこう広い。

さすが、この地域の信仰を集めている山、

権現様を祭っている小屋や鯨山神社あり。

標高が低いわりに、山頂部は落葉も終わっていて、眺めは、いいかんじ。
クリックで拡大
西側:北上高地どぉーん。

クリックで拡大
東側:リアス式海岸 太平洋ばぁ〜ん。

山頂独占でコンビニ弁当を、頬ばっていると、
ふと、
・・・・・シゴトハドーナッテイル?
なんか後ろめたい気分が、一瞬 よぎったような よぎらなかったような。


【12:05】
昼食後、よぎったことは、頭から振り払い、下山開始。
下山には、山渓の分県別ガイドで紹介されいていたルートを、ちょいす。

山田湾方面が一望できる鯨山神社裏から。


いきなり急降下。
ロープに掴まりながら慎重に。


ちょっとだけ降りて、振り返って見上げる。
体感は垂直。


秋色のカラマツ林を眺めながら、スッタカター。
と、
言いたいところだけど、

急坂だし落ち葉が積もって足元が不確かなんで、ソロソロ。


【12:32】
急坂がなだらかになって、とっとこ歩けるようになる頃、

十文字分岐 着。
ここから、ちょこっとだけ藪っぽくなる。

分岐から、きつめで短い坂をのぼったら、

あとは平坦。


【12:51】

リアスの丘(四等三角点) 着。
名前から見通しのきく展望のいいところと思っていたけど、
雑木林で展望なし、残念。

むしろ、
もうちょっとだけ進んだ北西面が伐採されている地点のほうが、

宮古方面に展望あり。
藪っぽいのもここら辺まで。

あとは、

たびたび現れる手作り案内板にしたがって、
ナラや松の林を順調に下っていくと、


【13:15】
県立陸中海岸青少年の家のキャンプ場に出て下山完了。

これは、キャンプファイヤーの設備?   かなりデカイ。
しかも、いっぱいあった。


青少年の家からみる鯨山(奥)

ここから、海でも見ながら スタート地点まで
のんびり歩くのもいいかなって思って、自転車を置いてきて、 後悔。

トンネル内 排気ガス 臭い。  ゲホゲホ。


【14:05】

浪板海岸 到着。


立ち寄り湯は、
『三陸四季湯彩 ますと乃湯』湯船に浸かっていたら、
              ・・・・・シゴトハドーナッテイル?
よぎってしまって、
そそくさと あがって、体ふきふき。

途中、
道の駅で、
餡子が嫌いな相方に、クリーム鯛焼きを お土産に購入。
不機嫌時の場合の準備完了し、

家路へ。


オマケ、
途中見つけたクリスマスシーズンにぴったりの峠。      場所はココ


今回歩いたルート。
クリックで拡大
↑ クリックで拡大
  国土地理院の地図使用。
   ルートはGPSの軌跡なので誤差アリ。
   コースから外れているかもしれません。
   そのへん御了承ください。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
>もう、ええわ。
>「わたしが、仕事しとくから、山に行ってきたらええやんか。」
頼りになる相方さんですね〜
相方さんの女っぷりに惚れそうですわ〜
登山道の紅葉、優しくていい感じですね。
急登続きで大変そうですが登山者も少なそうで
静かな山歩きを楽しめそうですね。
で、帰宅後の相方さんのご機嫌は?
「恋の峠」を走ってきたから大丈夫だったかな。。。
ところで、なんで「恋の峠」なの〜?
mikko
URL
2008/12/09 13:15
ほ〜んと!相方さんに惚れちゃいそうですよ〜(^_-)-☆
面白そうな山ですね。
低くてもゼロメートルからですから登り甲斐があったことでしょうね。
で、山頂に着けば当然恋しい会長さんを思い出すわけで・・・(笑)
クリーム鯛焼きのご利益ありましたか?
それにしても一人で?仕事をこなしちゃう会長さん凄いです!大変だったと怒られませんでした?^_^;

sanae
URL
2008/12/09 15:59
ぼんいぢさん、ご無沙汰しています!なかなかコメントを残すことができなくてすみません!!
それにしても会長さん、かっこいいーーー!
同じ関西出身のものとしてかくありたいと思いましたw
紅葉、岩手ほどの寒いところでも、標高の低いところはまだまだ綺麗なんですね。
恋の峠、素敵な名前だな〜。相手がいなくてもいいことあるかな?(笑)
しげぞう@会社
2008/12/09 19:09
恋ノ峠の由来
検索してみました。

いろいろあるみたいなんですけど、


ちょうどこの峠は恋人の逢う瀬の場所であったり、そのあとの別れの場所とも思われる…うんぬん。
や、
その女性は人魚であったのではないかという人もいる

らしいです。



でも、
有力な由来は、↓
http://web.archive.org/web/20041001135605/
http://www.city.kamaishi.iwate.jp/
kouminkan/unosumai/denshou/koinotooge.htm
ぼんいぢ
2008/12/09 23:59
>mikko様
頼りになるというか、
怖いと言ったほうがいいような相方ですけど、
今回はおかげさまで、山歩きに出かけることが出来ました。
静かな山歩きになりましたけど、道脇の草丈以外は、道自体はかなり整備されていました。かなり地元の方に愛されている山だと思いますよ。真夏は標高が低いので、しんどいと思いますけど、春や秋、冬も楽しめる山らしいので、部長いかがでしょう?
ぼんいぢ
2008/12/10 00:11
あのね〜、
皆さん「恋ノ峠の由来」を聞きたい訳じゃぁないと思うけどね〜!
>不機嫌時の場合の準備完了し
この後が・・
で 効果ありましたか〜? ブルッ
トシちゃん
URL
2008/12/10 00:18
>sanae様
山頂直下だけ傾斜がきつかったですけど、
砂浜と山を一緒に味わえて得した気分でした。
クリーム鯛焼き効果絶大でした。
不景気のこの時期に安上がりで助かりました。

>しげぞう様
相方がカッコいいかどうかは、そこらへんに置いといて、
岩手の中でも沿岸は内陸に比べて冬は暖かいんですよ。紅葉も2〜3週間遅いかもしれないです。雪も少ない地域なので通年山歩き出来るらしいです。
あと、この近くに行ってみたい別の山を見つけました。
ぼんいぢ
2008/12/10 00:26
>トシちゃん様
え?
由来 …いりませんでした? 

さておき、
トシちゃんもクリスマスには効果のあるものをsanaeさんに貢がないといけませんよね?
ガンバ!
ぼんいぢ
2008/12/10 00:35
やっぱり私も、帰宅後の会長さんが気になります(笑)
それにしても、地図で見ると、結構道路歩いたんですね!自転車動画が見たいので、次はぜひお願いしますyo〜
heppoco
URL
2008/12/14 15:00
>heppoco様
帰宅後待っていた相方は……

こんな感じでした。

はい、機会があったらまた自転車使ってみます。
ぼんいぢ
2008/12/16 00:45
こんにちは
思いやりのある会長さんでよかったですね。
海抜0mから、標高差○合目。わかりやすいです。
山に登るたびに悩むんです。
岩手山の馬返し一合目って、遠いですよね(笑
Makinobayashi
URL
2008/12/21 15:24
>Makinobayashi様
そうですよねー。
〜合目って山によって基準がまちまちですもんね。
岩手山も合目だけでなく勺まであるけど、バランスが悪いような気がしますし。
たまに合目にも意外な謂れがあったりして、山の楽しみって登るだけじゃないなって思うんですよねー。
ぼんいぢ
2008/12/23 23:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【鯨山】海抜0mから (2008.11.9) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる