山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【涸沢-奥穂高岳】2.三昧(2008.8.15)

<<   作成日時 : 2008/08/31 13:52   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 9

8月14日。
おそらく、この日 穂高岳山荘に泊まった人たち全てが、
寝る前に 願った事は、
「明朝は、晴れてくれー!」


明けて15日。
窓からは、夜明け前だというのに薄っすら明かりが差し込んでいた。
慌てて、石畳のテラスに出ると、
小屋は、箱舟の様に雲海の上に浮かんでいるかのようでした。
その箱舟の周囲の穂高連峰3000m級の山々は、
まるで、雲海に浮かぶ岩で出来た島々のようでした。
それはそれは、見事な景観なのでした。







って、いうふうに、
世の中 そんなに甘くは無かったデス。
目が覚めた5時前は、
窓から見えるのは、まっしろけな見事なガスっぷりの世界。
テラスの端も定かじゃないです。
ま、
夜中には、窓をバチバチ雨粒が叩いていたんで、
それよりは、だいぶ回復したんですけど。

ご来光にお目にかかれないのは確定なんで、
とりあえず、朝食求めて食堂へ。
テーブルの中央には、
美味しそうな網焼き味噌が香ばしく鎮座。
でも、
この焼き味噌がナカナカの難敵。
1つのテーブル(6人掛けくらい)の真ん中に、一つしか置いてない。
これでは遠慮が先立ち、なかなか手をつけられないです。
全員ちょっぴりづつだけ取って御飯の上に。
予想通り、んめー。
あとは、割り当てられたオカズで御飯をペロリ。
味噌汁も飲んで完食。
でも、
目の前には、遠慮の塊の網焼き味噌が、 まだある。
もうちょい食べたいナー。
と、思いつつ、後ろ髪引かれまくりだけど、
ひとの見る目というものもあるので、
そのまま席を立とうかなとした時、
同じテーブルに座ったライバル達が、
ゾロゾロと立ち上がったのでした。

なれば!

もう遠慮なしに、
腰すえて、
御飯おかわり。
焼き味噌たっぷりのっけて、口を くわっ!っと。
味噌汁もおかわりして、ズイっと。
お腹 パンパン。

相方が、
「アンタ。ガッツキ過ぎちゃう。」
「唐揚の個数でふて腐れるオマエに言われたくない。」
と、言わないのは、ボクが出来た人間だから。
で、
ボクをたしなめた相方もちゃっかり焼き味噌ゲット。


上高地への下山は、最終バスに間にあえばいいので、
朝食後も、ちょっとのんびり。
「奥穂どうする?」と、相方に問うと、
「行ってくれば。
 アタシは、ここで待っとくわ。
 どうせ山頂に行っても何にも見え無さそうだし。」
「んじゃ、そうしよっかな。」と、返事をして相方を見ると、
いつのまにやら 速攻 グースカピー。
コイツ 牛になるな。

時間が経ってもガスは若干程度しか薄くならなかったので、
ザックは小屋において奥穂に向かおうと、
相方を揺さぶり起こし、その旨 言うと。
「いろいろ熟考したけど、アタシも行くわ。」
ちょっと、まて。
熟考してる時間ってなかったはずじゃ?
今の今まで寝てたじゃん。
「寝ながら、考えたの。
 次、いつ来れるかわかんないし、もったいないな。って、な。」


そんな熟睡し熟考できる相方と共に
【7:28】

穂高岳山荘 発

で、
のっけから、ハシゴ!
なんか、ちょー怖いんですけど。

あ。
そうそう。

見ると、人生初の3000m超え!
おぉー、 カンドー。

コレを見たら、
ガスガスのなか山頂に、わざわざ行かなくてもいいんじゃね?
と、朝の登頂意欲激減なボク。 ハシゴコワイ…

相方に言うと。
「はぁア!?」
言い置いて、ガシガシ登っていきます。

対向者に、小学校高学年位の子供とお父さん。
「ずっとこんな感じですか?」 訊いてみると、
「急なのは この辺までで、あとはもうちょっと楽になるよ。」
まずは、一安心。

それから 頭の中は、
『○は? 次の○は? ×はダメ。 →。』
これだけ。

なんとか、霊長類として恥ずかしくなく二足歩行中。


途中ちょっと左に曲がった感じがしてすぐの、
【7:59】
薄っすら見てきました。

奥穂高岳(3190m)山頂 着

動画でドーゾ。



帰宅後、この写真を見て 相方は、
「しまった。
 ワタシ、穂高の頂上に立ってへんわ。
 座ってるわ。
 これは、悔やまれる。」

(ボクは、立ってきました。 ふふん♪)

祠には賽銭箱があったので、
岩手から持参の5円玉をジャラン。
なにより、無事下山をお願いしてから、
他にも、あれこれそれ。あれこれそれ。と。

しかし、
ここは、本当に奥穂高岳山頂なんだろうか?
ジャンダルム 前穂 吊り尾根。       どこよー。

デジカメは、
なんとか無事登頂できたし、あと撮れるような景色もないので、
濡らさぬようしまって、下山開始。


【8:40】穂高岳山荘へ 戻る。
ザック回収し、見えなかった景色を見たくて絵葉書購入。
【8:56】穂高岳山荘 発


西風だったようで、ザイデングラードを降りだすと、
風も無くなり、霧雨の粒も気にならなくなったので、
カッパを脱いでいると、

ガスが、ススーっと。



これが、涸沢!

クリックで拡大
↑クリックで拡大。


おぉー。   あれって常念?

やっと、アルプスらしい景色を見ることが出来ましたー。
正直、
この時まで、
ちぇっ。ガスガスで今遠征は、しくったかも。 と、思っていたので、
感動倍増。

ザイデングラードを抜け、

道を登りと変えて、涸沢ヒュッテへ行くパノラマコースへ。


どど〜ん。


 

 

 

お花畑〜。


 

ずっと見えていて近そうな涸沢ヒュッテ。  でも、一向に近づかない。

屏風が眼前に迫ったら、もうちょい。

屏風の耳経由で上高地に降りようかとも思っていたんだけど、
こりゃキツそう。 むり。 あきらめた。


【10:52】

涸沢ヒュッテ、やっと着いたぁー。


おでん。 カレー。 カールぅ〜。

前穂と吊り尾根も一瞬見えたぁ〜。


【11:32】

涸沢ヒュッテ 発


【12:33】

本谷橋。


【13:32】

横尾。


この辺まで降りてくると、
さっきまでのガスっぷりが嘘のよう。


【14:27】

徳沢。
通過しかけて、看板見て、  「財布財布」と、相方。


めざとい。
1個を二人で食べるのは良いのだけれど、
上が相方 下がボク という分け方は、いかがなものか と、思う。
ま、
コーンは嫌いじゃないんだけど・・・。


【15:10】

明神 通過。

相方絶好調で

ついに離されてしまう。


【15:45】

河童橋。
「2分も待たされた」と、いわれて下山完了。くたくた。


バスの最終まで、まだ時間はあるので、
大正池までゆっくり歩こうか。という話になって、
まずは、その前に、
お土産買って、軽く食事。
お腹も落ち着いて、さて会計にと、立とうとすると、
足が、
カクカクカクカク。

と、いうことで
大正池までの散策はあきらめて、
バスターミナルまで移動。
すぐ バスに乗る気にならなくて、ベンチでのんびりしていると、

相方が、
「あ、あそこで ソフト売ってる」
「また?」
「さっき半分だけしか食べてないし」
そういうわけで、
ボクも本日2個目のコーン。


沢渡に戻り、靴を脱いで見ると、
右足親指付根に まめ。 左足小指先にも まめ。
中に水が溜まっていたので、穴を開ける。
これが大失敗。
近くの上高地ホテルで入浴すると、しみるのなんのって。


その後、
ボクの回転寿司での夕食案は却下され、相方の焼肉案が強行採決されたので、
焼肉店求めて松本市街地へ。
おなかぱんぱんのぽんぽんに焼肉食べて、満足していると、
相方が、店員を呼んで、
「いちごソフトください。」
「はぁ!?」






「じゃ、ボクは抹茶ソフトで。」    コーンだけばっか食ってられるかい!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
いやぁ〜いつもながら楽しい記事です^o^
「ザイデングラードを下りるあたりから、涸沢あたり」
画像も

次回もまた楽しみだね、ホントまじおもしろい
文才ある人って羨ましいなぁ
でらり」
URL
2008/08/31 19:19
雨に濡れた穂高岳山荘脇の垂直ハシゴ
めっちゃ怖そうだと思っていたのですが・・・
ガシガシ登る会長さんにつられて難なくクリア
おめでとうございます。
再び涸沢に降りてきた時の
ガスに囲まれたカールの景色が幻想的で綺麗ですね。
それにしても1日3回のソフトクリームは
超羨ましいです〜
mikko
2008/08/31 20:14
>でらり様
コメントありがとうございます。
また、お褒めいただきましてありがとうございます。
励みにまた山歩きに出かけてきますよー。
今度の休日は晴れるといいナー。

>mikko様
ハシゴ怖かったです。
かなり泣きが入ってました。
途中で子供とすれ違わなかったらビビッて断念しちゃったかもです。
ガスガスの山歩きだったので、景色より食に関心が偏ってしまった山行レポになってしまいました。
ぼんいぢ
2008/08/31 23:07
お二人を知っているだけに、いっそう楽しく読ませていただきました〜(^-^)
こういうユーモアのある文章が書きたいんだけど、、段々、おざなりで面白くないブログになってきた(^-^;; そのわりには長いし(^-^;;(^-^;;



とうこ
2008/09/01 17:27
ソフトといえば、わさびソフトにしょうゆソフト、極めつけは北海道で見た、まりもソフト!←これはちょっと食べる気ににはならないネーミングでした(笑)

私も奥穂はガスガスでした・・・またいつか・・・いけたら、です。
楽しいレポでした♪
heppoco
2008/09/01 22:04
>とうこ様
今回は天気が良くなかったんで、
レポのメインが山歩きでなく食べ物になってしまって。できたら、また北アルプスで天気に恵まれた山行をして、今度は硬派なレポを書いてみたいです。

>heppoco様
実は、昨年わさびソフトを燕岳の帰りに見かけたんですけどその前にマンゴーソフトを食べてたんで食べ損なってたんです。
で、今年こそは食べようと思ってたんです。
でもまた食べ損なってしまいました。
わさびソフト いつか食べたいです。
 ところで、しょうゆソフト気になります。
どこで売ってるんですか?
まりもソフトはウーム。
ぼんいぢ
2008/09/01 23:19
こんにちは。
頂上付近のガスは残念でしたけど、涸沢からの景色はさすが北アルプスの絶景ですね! すばらしいの一言です!

なんだか、カレーライスがメチャ!旨そうに見えるのですが。(笑! 

会長さんのソフト三つ、さすがです! ぼんいぢさんコーン美味しいですよね! 私もコーン好きですよ!(笑!
やまめ
2008/09/03 12:21
しょうゆソフトは確か、四国だったと思います。
それよりわさびはもっと近くにありますよ〜!
奥多摩駅前!どうですか?食べに・・・(*^。^*)
heppoco
2008/09/04 22:26
>やまめ様
ホント、せっかくの長距離遠征なんで是非とも天候に恵まれたかったのですが、残念でした。
これだけは、人の力ではなんともなりませんものね。
また、機会をみつけてアルプスに遠征してみたいです。
涸沢ではおでんにカレーにラーメンとか山なのにいろいろ美味しいものが食べることが出来ました。

>heppoco様
そうなんですか、しょうゆソフトは四国ですか・・・
うむむむむ。ちびっと遠いデス。
奥多摩のわさびソフトは、微妙な距離に・・
ぼんいぢ
2008/09/04 23:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【涸沢-奥穂高岳】2.三昧(2008.8.15) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる