山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【涸沢-奥穂高岳】1.動機はソフト。(2008.8.14)

<<   作成日時 : 2008/08/25 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

ウチのお盆休みは、8月13-16日の4日間。
けれど、
曜日の配列によっては、5連休となる年も。
で、
今年は17日が日曜日なんで、昨年に続き、5連休!!

6月くらいから、
相方と「夏はどこ行こう?」と、いう話が頻々。
マイレージも溜まってきて、
飛行機でひとっ飛びの北海道も視野に。

当初は、
第1候補:北海道(十勝あたり)
第2候補:北アルプス(白馬岳あたり)
第3候補:南東北(月山か飯豊あたり)
だった。
の、だけれど。

北海道は、
飛行機の予約が必須なので、
天気しだいでの直前の予定変更が出来ないことがネックで、
予約する踏ん切りがつかず グズグズしてる間に、
マイレージで予約出来る席は空席が1席。

って、いう事で、
昨年に続き北アルプス行き決定。
天気しだいでは月山。

一週間前から、天気予報とにらめっこ。
結果は、
中部以北全域、パリっと晴れそうなところが皆無。

今夏は遠征をやめて、来年以降にしようかとも思ったんだけど、
次の5連休がとれそうなのは、
2012年 orz   ロンドンオリンピックじゃん

それまで、辛抱できそうもないので、
多少天気に恵まれなくても、
いざ! 北アルプス 白馬岳へ!!

が、
直前に、
相方が「涸沢にしよ。」

理由は、

ヤマケイJOY2008夏号。
「山でソフトクリームを食べる」
アイスではなくあくまでもトグロ巻くソフトクリームが食べたいらしい。
それが、理由。


そんなこんなで、13日。
お墓まいりでご先祖様方にご挨拶後、
ワゴンR子ちゃんに奮闘いただき、
夕方には松本市内で晩ご飯と温泉。
夜10時ころには沢渡 着。
第二駐車場に入れたので、
さっそく記念に足湯に浸かってみた。
やみつきになりそう。




いよいよ14日。
3時45分の起床に成功。


【5:20】
バス停「沢渡中」出発。
急勾配の釜トンネルを抜け、

上高地バスターミナル 着。


【6:07】

たしか、
河童橋からは穂高連峰が、ドーン。
と、ガイドブック。
    現況は……ガスガス。     ホダカレンポー ドコ?

とりあえず、

聖地:上高地 初進出 記念写真。
と、思ったら、
相方は、高校の修学旅行で来てたと鼻高々。
「河童橋の両岸あっちもこっちもお土産屋やで」
と、
遥か昔の記憶で知ったかぶり。

「見れば分かります。ハイハイ。」
と、
言わないボクは、さすが おとな。

道は平坦。
と、いうか遊歩道。

一向に山道らしくならず。


【6:46】

明神 到着。

チョイ休憩。
相方が朝ご飯に食べきれなかったオニギリを食べだすと、

ばきゅーむかー 参上。

まだまだ、山というより観光地の明神を出てまもなく、

ぽこぽこ 水湧き出す池。
これが、原生林の真っ只中の気配。
でも、人いっぱい。
不思議空間 上高地。

そんで、

左手に、白い石がゴロゴロの梓川。
この光景、マンガの「岳」で見たぁ〜。
と、感慨深い。


【7:34】

おぉー。
これは、テント場で有名な、雑誌で良く見る
徳沢でねべが。
と、
おのぼりさん状態。


じゃじゃじゃ。
建物まで小粋な感じでねっすか。


【8:20】

横尾 着。

まだ現れる自動販売機。
そうと知っていれば、
ザックに2gもスポーツドリンク入れなかったのに…。

橋を渡ると、

やっと山道らしくなって、

左手には、

屏風岩が!
探してみるも、クライマー見つけれず。


【9:25】

本谷橋 着。

だんだん傾斜が出てきて、

もきゅもきゅ 登ります。

調子がいいもんで、
相方を追い越し先頭に立って、歩いていると、
後方で、わめく相方。

「アンタ。そっちは涸沢ヒュッテやで、

涸沢小屋は、下の分岐で右ちゃうんか!」

しまった。
足元ばかり見て見落とした。


【10:35】

「無駄に歩かされたわ。あんたに先頭歩かせたのが失敗や。」
と、
ご立腹の相方 仁王立ち。

たった1分程度のロスタイムに怒る心の狭い相方をなだめて進むと、

おぉー。
ここが、かの有名な涸沢のテント場かー。

もうちょいで、涸沢小屋。

うんせ。わっせ。


【10:48】

着きましたー。

で、
でも、カールの底しか 見えないんですけど・・・
あの雑誌でよく見る ずわ〜ん という広がりのある光景がナイデス。

なげいても、しょうがないので、

念願のアイスクリーム。
食事より先にアイスクリーム。
なぜなら、
すきっ腹に食べてこそおいしく感じるはずや。
と、いう相方の、
すきっ腹アイス激旨理論。

なもんで、
お次がラーメン。
すすっていると、隣の席では、涸沢フェスの打ち合わせ。
ヤマケイの人かな?   耳 ダンボ。
楽しいイベントの裏方は大変そう。


さて、
ラーメン食べ終わって、作戦会議。
今回は昨年の失敗を踏まえ、
一日目に時間があれば、穂高岳山荘まで。
と、出発前から、念入りに言っておいたんだけど、
このガスっぷりではと、ボクがけっこう躊躇。
とりあえず、相方に、
「天気もイマイチだし今日はここまででもいいよ。」
と、遠まわしに言ってみる。
「アタシは行ってもいいで。後であの時 行きたかった。って、言われても困るしな。」
伏線張りすぎたみたい。
しかも、
「ここまでって言うなら、まだ時間もあるんだし、
 下山して、明日 日帰りできる山に行った方がいい様な気がする。」
!?


と、
いうわけで、
穂高岳山荘行き決定。

相席していた方が、ちょうど奥穂高岳から降りてきた人だったので、
様子を聞いてみると、
頂上近くは霧雨で風がそこそこ強く寒かった。
と、いうことなので、


【11:40】

できるだけ着込んで出発。

けど、
5分後

暑くて、カッパ ぬぎぬぎ。


超ガスガスの岩場を前進。

景色はさっぱりわかんないんだけど、

見える範囲にはお花畑があったので、




それを楽しみにして黙々。


この辺からザイテングラードかな?というあたりから、

大粒の霧雨になって、カッパ再着用。


○ とか × とか → とかを、
見落とさないよう。 かつ、滑落注意で慎重に。

もう、景色の見えない岩場には、飽き飽きだゼ。
って、頃に、

あと、20分。


【13:38】

穂高岳山荘 見えたー。


着いたー。
今日の行動は、ここまでぇー。

ガイドブック 曰く、
「気持ちの良いテラスで展望を楽しみながら休憩しよう」
と、書いてあったので、大いに期待していたんだけど、

建物の端っこも見えないんですヨ・・・。  とほほ。

景色もなんもありゃーしませんので、
さっそく、小屋の受付をすませて、

相方はビール。 ボク コーヒー。

んで、
昼寝。

雷か?
と、思ってしまう程の轟音は、相方のイビキ。
それで、目を覚したのが、15時頃。
本物の雷は、16時頃遠くで鳴っていました。

遠くだったけど雷も収まり、霧雨もなくなった17時頃、
近所迷惑の騒音撒き散らす相方とは他人の振りして、
小屋前に出てみる。

涸沢岳方面。


奥穂高岳方面。

部屋に戻ると。
「唐揚だな」と、バツグンの嗅覚の冴えを見せる相方 起床。
夕食の席に着くと、
確かに唐揚がおかずの一品にあった。

食べ終わって

ロビーのテーブルで、お茶。
すると、相方、
「あんな。
 さっきの夕食の隣の男の人に唐揚が3個ついててん。
 アンタ何個やった?」
「1個」
「そやろ。ワタシも1個やねン。」
「家族からもらったんじゃね。」
「奥さんと二人やったはずやから、それでも1個多いねン。」
「1個が小さかったから2個ついてたんじゃないか?」
「ウーン。 なんか納得いかん。」

と、

せっかくの穂高の山小屋での会話は、
唐揚の個数についてで夜は更けるのでした。





2日目に、つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜(^-^)
アップを待ってました。ガスってて残念でしたね。
でも仲良しのお二人のこと、充分楽しんだみたいね。
続きが楽しみです(^-^)/~~~
とうこ
2008/08/26 07:59
おはようございます。
うーん。今年のお盆休みは全国的に生憎の天気で残念でしたね。
でも、さすが北アルプス! 物凄い人気ですね、私は雑誌でしか見た事が無いのでお二人のレポ、興味深々です。
北アルプスも良いのですが、本当はぼんいぢさんと会長さんの駆け引き(会話)の方が、楽しみだったりして。(笑!

続き、楽しみにしてますね!
やまめ
2008/08/26 09:14
ぼんいぢさんのレポは本にしたらきっと売れますよ〜(^_-)-☆
楽しい〜♪
いつも仲がいいですね〜♪ ・・・エッなんですか?
登ってきてすぐのソフト美味しかったでしょうね。
次の日はお天気晴れたのでしょうか、楽しみにしています♪
sanae
2008/08/26 13:53
うわ〜!!!
涸沢小屋のソフトクリームだ〜 ヽ( ´∀`)ノ
山の上で食べるソフトは最高でしょうね。。。
雨の中のザイテンは怖そう (;´Д`)'`ァ'`ァ
翌日の天気が気になるところです
レポの続き楽しみにしていますね。
mikko
2008/08/26 23:15
>とうこ様
コメントありがとうございます。
生憎の天気でしたけど、そのせいで暑くなくバテずに歩くことが出来ました。でも、バテるほどの好天に恵まれたかったというのが本音なんですけど。
それより、
槍ヶ岳レポ読んでましたよ。
一期一会の出会いから始まった槍までの道のり。そして、すっごく綺麗な夕焼け。とっても楽しく拝読させていただきました。

>やまめ様
アルプスって東北の山とジャンルの違う素晴らしさがあるなって、去年と今年の2回だけしか歩いてないですけど、感じました。
岩手からだと、片道だけで一日かかっちゃいますけど、それに見合う感動がありましたよー。
機会があれば、ぜひオススメです。
ぼんいぢ
2008/08/27 00:37
>sanae様
我が家の夫婦仲が良いというのは疑問符がつくと思うのですが、仮に良いとしても、sanaeさんトシちゃんの中の良さには到底適わないですよ。
ソフトクリームは出来れば暑い青空の下で食べたかったんですけど、ちょっぴり残念です。

>mikko様
山でソフトクリームって、とっても贅沢ですよね。
そんなことが出来てしまう涸沢って、やっぱりすごいです。天気のいい夏日にいつかもう一度食べてみたいです。もっとおいしく感じかなー。
ザイテンでは、滑っちゃわないようドキドキでした。
ぼんいぢ
2008/08/27 00:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【涸沢-奥穂高岳】1.動機はソフト。(2008.8.14) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる