山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【盗森】イーハトーヴのメイプルシロップ (2008.3.23)

<<   作成日時 : 2008/03/28 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

岩手山南麓 小岩井農場の近くには、四つの森がある。
森といっても、この地方では山の意味。
南から、狼森(オイノモリ) 笊森(ザルモリ) 黒坂森(クロサカモリ) 盗森(ヌスットモリ)。
宮沢賢治の童話集『注文の多い料理店』に、
「狼森と笊森、盗森」という童話が収録されている。
擬人化されたその森々と開拓者達のお話。
その童話の中の登場人物(登場森というべきか?)の中の一人、盗森。
そこが、今回の舞台。


昨年、幸運の銀の柄杓が、ご縁を取持ってくれた 岩手自然ガイド協会(INGA)。
その例会に、サワガニ観察会に続いて参加してみました。

今回の例会は、『少年少女 森のシロップ探し』と、題し、
樹木の種類と樹液の量、欧米での樹液の利用状況、自然との対話の方法 を、
少年少女に解説するというもの。
ひらたく言うと、
「楓の樹から、メイプルシロップを作っちゃおう。」
って、ことデス。
座右の銘が、『訊くは一時の恥。知らぬは一生の恥』の、ボクは、
恥ずかしながら、メイプルシロップが樹液から出来ているなんて、
まったく知りませんでした。

そんなわけで、
ボクも相方も、現役で無いけれど少年少女なので、顔面の皮膚を厚くし参加。




集合場所は、滝沢村姥屋敷小中学校前。

雲ひとつ無い イーハトーヴ晴れ です。

集合場所から、盗森近くの目的地へ移動するわけですが、
目的地は私有地で所有者の方のご好意で例会に提供されているため、
詳しい場所は書けません。
もし、場所が分かってしまっても、勝手に行ってはだめですよ。私有地ですもん(念のため)

樹液採取は、3月から4月のはじめに採取するのが適期。 とか、
10:00〜14:00ごろが大量に採取できる。 とか、
メイプルシロップの本場 カナダでは、
幹の直径が25p以下のものでは樹液を採取しない。 とか、
40p以下は一本に穴は1つまで。 とか、
事前説明などを受けて、

まずは、

お世話になる楓の樹にアゲモ(方言で、お供え物 の意)をします。
日本酒を根元にたっぷり。
昨年までありがとう。今年もお世話になります。来年以降もお願いします。
と、いうような感じでしょうか。

さっそく、

ドリルで穴を開け、ストローのようなものを差し込みます。
うまく穴が開けられたようで、樹液が出てきました。
樹液は、粘っこいのかと思いきや、見た目、触った感じは水そのものです。


樹液狙いの虫対策にアルミ泊。


こんな感じに括っておきます。


ポタポタ滴るのをじっと見ていてもいいのですが、

前もって採取していた樹液があるというので、子供達と競って試飲。
氷砂糖を水に薄ぅーく溶かしたような味でした。

これをメイプルシロップにするには濃度を上げるため煮詰めねばなりません。
煮詰めるためには、火 が、必要です。
子供達に火をおこしてもらいます。
が、
チャッカマンは知っていてもマッチは知らないのだとか、

ガイドさん指導のもと、
マッチの使い方や、火は杉の枯葉など燃えやすいものから順々に。
と、いう様な事を実践。

オギリ(炎が落ち着き火力が出る状態、熾火)まで待つ間、

盗森に登ってみようということになって。


「おじいちゃん。私の手につかまって。」
と、いう微笑ましい光景が、
「おじいちゃん。まって、はやいよー。おいてかないでぇ。」
と、いう
おじいちゃんのタフネスぶりの光景に変わるのを目撃。


途中、

これぞ鳥の巣というものを発見したり、

キブシという植物の枝の芯は、

取り出すと、スポンジのようだとか。

コブシの枝を折るとメンソールのような香りがするし、
ホウキの樹も独特の香りがするよ。とか、
ガイドさんが解説。

ある子供が、
「ホウキの香りは、カレーピラフの香りだ。」と、言うので、
もう一度嗅ぎ直すと、まさに、
スパイシーな香りの中に、ほのかにハーブのような香りが!
子供の感性って、何者にも縛られない奔放なものがあるなぁ。
と、感心。


など、
周りの自然を子供達と観察してながら歩いていると、

あっさり登頂。
盗森の標高を帰宅後検索してみましたが分かりませんでしたが、
GPSの高度計では、446mを指していました。



頂上からは、

岩手山が、どど〜ん。


秋田駒ヶ岳や、


和賀山塊も一望。


ガイドさんから、岩手山の雪形の一つキジを教えていただきました。

さぁ、どこでしょう?   ↑クリックで答え


そんな感じで、
頂上でのひと時をすごしてから、戻ります。



いよいよ、

煮詰め始めます。

と、いっても、
すぐさま出来上がるわけはないので、
その間に、お昼ごはんデス。

なんと!
森の所有者の方は、イワナの養殖もやってらっしゃって、
イワナの塩焼きを頂きましたぁー。
獲れたて焼きたてで、
うまー。

他にも、ごよう松の実も食べれるんだよ。と、なって、
それも、ご馳走になりました。
これまた、アーモンドみたいで、
うまー。

話をうかがっていると、いろいろ森の知識が豊富で、
まるで宮沢賢治の童話の中から出てきたような方でした。




お腹もおちついて、まだ、時間もかかりそうなんで、森の観察。

足元には、

福寿草。


キクザキイチゲの葉。

目を転じ見上げると、イワナを狙う猛禽類。

鷲。鷹。鳶。の区別もガイドさんから教えてもらって、
これは、トンビ。


一定の量を煮詰めては、

煮詰まる過程を、ホットケーキでたびたび試食。
「どう? 甘くなって来たの分かるかな?」
なんて、きかれても、
シロップのかかった部分は毎回相方が先に召し上がって、
ボクには普通のホットケーキの部分しか回ってきません。
「ホントだ。甘くなってきてるぅー」
と、言う相方を羨ましく見つめます。
だって、
「嫁さんがシロップが付いたトコロを食べちゃったので、もう ひとかけ下さい」
とは、言えないもの・・・。


さて、
じゃんじゃん煮詰めて、

1.6gが、ご覧の通り。
間違ってひっくり返したらと思うと、怖くてうかつに近づけないほど
希少で貴重。

ちょっぴり づつ みんなで舐めてみます。
森の恵みは、『甘い。』の、でした。

と、いうわけで、
今日の予定をつつがなく終了。



おみやげに、
食べ切れなかったイワナをもらう子供。

イワナを笹で持ち運ぶのが、いかにも。  って、感じでしょー。

ぼんいぢ家には

樹液の原液いただきました。
次の日、自宅で煮詰めて、

ぼんいぢオリジナルのメイプルシロップ完成!




帰宅途中足を延ばして、


最近ウワサの手作りアイスクリームのお店「松ぼっくり」へ。
ものすごく郊外なのに、むちゃむちゃ混んでました。 大人気。

もう一箇所寄り道。
クリックで拡大
一本桜。   ↑クリックで拡大






イーハトーブ満喫の一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはー!
盗森、今回の企画は良いですねー! 子供達の体験学習の様ですが十分に大人も楽しみながら勉強出来ますよね。 マッチを知らない子供たち。確かにうちにもマッチが無いなーっと改めて思いました。(汗) 大人でも自然の中で何も無い所から火を起こすのは結構大変ですよね。 バーベキューとかの炭を起こすのも着火材を使っちゃうし。 この体験学習は良い経験になるはず。
イワナも美味しそうなだー! 今年シーズンまだ釣りに行ってないので川魚を食べて無いんです。(涙) もちろん、天然シロップも美味しそう。
岩手山のキジもの雪渓も確かに!って思っちゃいました。
ためになる情報が盛り沢山でとても良かったです!

一本桜がピンク色に染まるのも、もうすぐですね。
やまめ
2008/03/28 15:59
>やまめ様
岩手自然ガイド協会の企画は毎回趣向を凝らしていて、大人でも楽しいですよ。
ブナと春の花観察・沢蟹観察・蛍鑑賞・天然湖沼観察などなど目白押しのようです。
盛岡駅西口アイーナ内環境学習センターでこの会の年間予定表を配布しているようですので、やまめさんもご家族で参加してみてはどうですか?
参加費無料ですし。
はじめてでも溶け込め安い雰囲気ですし。
ぼんいぢ
2008/03/28 20:54
“メイプルシロップ”の言葉に思いっきりつられて
覗きにきましたぁ!
メイプルシロップだ〜い好きなんです。
ホットケーキに手づくりのメイプルシロップをかけて食べる・・・
いいな〜いいな〜
その後に立ち寄った“松ぼっくり”のジェラートに
再度引きつけられましたぁ〜
スィーツのmikkoですから、次回行った時には
必ず立ち寄って来たいと思っています。
嬉しい情報をありがとうございました。(^-^)v
mikko
2008/03/30 21:36
ウフフ・・・
♪あさなゆうなに、ふりあおぐ、大きし山の懐に〜という校歌ですよん。
 
テントミータカ
2008/03/31 00:48
>mikko様
自分で作ったメイプルシロップだと思うとそれだけでも美味しく感じちゃうんですよ。丸1日かかって、ちょっぴりしか出来ないのが残念ですけど。
松ぽっくりのアイスは、最近地元のTV番組でも何度か取り上げられているお店です。並ばないと買えませんけどその価値はあると思いますぜひご賞味下さい。

>テントミータカ様
おや?
もしかして、母校でしたか?
ほんとに、岩手山が間近の学校で、校庭から見た。校舎と岩手山の景色が美しくて・・・。
そういえば、校庭の端には旧校舎の跡か何か木造の建物が倉庫代わりに残っていました。それがまた風情がありました。
ぼんいぢ
2008/03/31 23:40
手作りのメイプルシロップいいですね。
ホットケーキ大好きなんですよ♪
ぼんいぢさんたちはいつも面白い企画に参加してますね。それをレポしてくださるから嬉しいです。
いろいろ憶えますね。やっぱり実体験が一番なんだろうな〜♪
sanae
URL
2008/04/02 16:02
>sanaeさま
体験企画っていろいろ憶える事が出来て楽しいです。
今度はsanaeさんたちの強化合宿に参加してみたいです。
ぼんいぢ
2008/04/02 23:26
改めてゆっくりと見させていただきました。
体験学習の企画も立派ですが、岩手は正にイーハトーヴ
日本の原風景を見る思いです。
輝ジィ〜ジ
URL
2008/06/28 10:43
>輝ジィ〜ジ様
わがふるさとを褒めていただきありがとうござます。
改めて考えると、岩手って特に他県に比べて秀でているものってないんですよねー。
だから、自然の多さぐらいはと思っています。
ですから、
ぜひ、岩手においでくださいませ。
ぼんいぢ
2008/07/02 20:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【盗森】イーハトーヴのメイプルシロップ (2008.3.23) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる