山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【森吉山】らくちんしても昼寝(2007.9.9)

<<   作成日時 : 2007/09/16 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 17

いよいよ、この日のメイン 森吉山へ。
が、
安の滝までの砂利道が思った以上にデッコンボッコン。
速度を上げれず、距離のわりに時間が掛かかって、
阿仁スキー場のゴンドラ駅についたのは、
始発の9:00をとっくにまわっていた。

なのに、

相方は、
「ソフトクリームを食べる」と、のたまう。
ゴンドラ乗りながら食べるのだろうと思っていると、
乗る前に食べると言う。

揺れた時に、コーンからソフトがポロンと落ちたら大変。
それが理由。

早く出発したいので、
ボクも食べるのを手伝うことに。
が、
結局、ボクにまわってきたのは、最後のコーンの部分のみ。
ちぇっ。コーンだけかよ。
とは、思うものの、
融けて垂れたソフトがコーンに染み込んでる部分が、
実は、好物。


今回歩いたコースはコチラ
 国土地理院の地図使用。
 ルートはGPSの軌跡なので誤差アリ。
 そのへん御了承ください。


クリックで拡大


ゴンドラでは、埼玉からというお二方と同乗。
標高を上げてくると、男鹿半島らしきシルエット。
あっちは白神山地かな? とか。
初対面なんだけど、けっこう話が弾んで、
狭い空間でも楽しかった。

【10:06】

UV対策をするので。と、言う ゴンドラ同乗者と別れ、
どんなルートで歩こうか相方と相談。
山頂に着いたらガスってました。とは、なりたくないので、
寄りたいところは後回しにして、真っ先に山頂へ。

ゴンドラのおかげで、

すでに樹高も低い。

右手には、

鳥海山と思われる山も。

木道もある緩やかな傾斜の道。

足元には最盛期ではないにしろ花も。

ただのオアモリトドマツも、

モリヨシモンスターという樹氷を冬に見てるので感慨深い。

さすが花の百名山。
道端には、植物の名前のプレートもついていて、
花の時期は終わって葉と茎だけになっても意外に楽しい。









と、いっても、
まったく花が無いわけでもなく、秋っぽい花たち。

めざす森吉山山頂。

山肌には、登っている人たちが見えます。

で、
驚く事に!
この山ではトレイルランニングが大流行。
少なくとも10人以上が、
スッタカターのシュパタタタのテッテケテーと、走り抜けていきました。
あとで、知ったんだけど、
この月の後半に行われる秋田国体の山岳競技が、
この森吉山で行われるのだそうだ。
と、いうことからすると、
すれ違ったところはコースじゃないけれど
トレイルランナー達は、練習を兼ねてコースの下見に行くところだったかも。
それにしても速かった。

【10:26】
分岐到着

左:石森山頂 直進:森吉神社・一の腰方面 右:森吉山山頂

冬。この辺り一帯が雪原だったのを思い出し、

今のこの光景を見ると文章にしがたい想い。

池溏もある湿原。

湿原も徐々に秋めいて、緑から黄金色に変色中。

して、ここにも、





花はあるのでした。

ふと気がつくと、

一の腰の向うに白神山地。そのまた奥に、
うっすらだけど、岩木山?


【10:39】
冬のスノーシュートレッキングの折り返し地点にした阿仁避難小屋。

あらためて、積雪の多さにビックリなのでした。

先程まで尖っていた山頂も

ただのなだらかな丘にしか見えなくなってきて、

山頂直前だというのに、

稚児平という湿原。
名前からすると、
雪が融けるとチングルマが咲き乱れる草原になるのかな?

そこからほどなく、

岩岩になると、


【11:07】

森吉山(1454m)山頂に到着ぅ。

クリックで拡大
広めの山頂。
360度の展望が楽しめました。

西側には

ヒバクラ岳方面の山人平かな?
湿原が点在。

当初は、ヒバクラ岳まで行って、折り返し。
と、思っていたんだけど、
なにやら、
たった1時間程度しか歩いていないのに、
足が重い。

なもんで、登り返しが非常に億劫に思えてきて、
山人平は、いつか花の時期にでも。と、
ボクの怠け心が、ていの良い言い訳を見つけだしたのでした。

そんなわけで、

先程の稚児平まで戻って、お昼御飯。

ヒバクラ岳は行かない事にしたので時間も余ったし、
御飯を食べたら、目蓋が重くなったので、

お昼寝タイム。

長めのコースをがんばって歩くのもいいけど、
短いコースをのんびり歩いて、
時間を無駄に過ごすのも楽しい。
山の昼寝は、そう思えます。

30分ちょっとで、

腕時計のアラームに起こされて出発。
足が軽くなってました。

軽くなっていたので、
柄杓リストには無いけれど念のため、
阿仁避難小屋から5分ほど下ったところにある沢の水場へ。
残雪もないし、ほとんど枯れ沢。
あまりあてにしない方がいいかも。


【12:58】

再度、石森の分岐。

後回しにしていた、

一の腰方面へ。

こちらにも、湿原。

さすが花の百名山。






この時期よりも春には、いたるところで、たくさん花が楽しめそう。


【13:05】







巨岩が御神体の森吉神社と森吉避難小屋。

神社には、

こんな掲示もありました。

てなわけで、
神社には供物でなく賽銭で柏手。
いろいろ欲深くお願い事をしたのち、
戻ろうと振り返ると、

神社から森吉山が正面に見てとれた。
しかも、この場所からの山の形が一番かっこよく思える。
なるほど、この巨岩が御神体として祀られているは、
大きい岩という理由だけでなく、この場所だからなのかも。
そう思える眺め。

神社も見たので、今回の山行の目的達成。
あとは、ゴンドラ駅へ戻るだけ。

石森山へ向かう途中、兎に遭遇。
ナント! 足元10センチまで気づきませんでした。
どうやら、ピクリとも動かず、
ボク達をやり過ごそうとしてたみたい。
が、
あまりに近づき過ぎたので、走り出した。
そんな感じ。

で、
ダーッと、逃げたら、
向うから来た登山者と鉢合わせ。
兎は、必死。
なんだけど、右往左往する兎が可愛くて可笑しい。
可哀相なことをしてしまいました。

巻いていた石森山頂を踏み、

振り返ると、


ガスが上がってきてました。

そういえば、

この看板は、冬も見た。と、感激。

あとは、

樹氷平の展望台へ寄り道して、

【13:36】

ゴンドラ駅到着。

過冷却水の瞬間凍結実験をしていた小屋が、

じつは2階建てだったと驚き。

あ!

あのアオモリトドマツはっ!!
あいつだ。


そんなこんなで、ゴンドラ乗り込み、
森吉山レポおしまい。




おまけ。



熊牧場へ。

エサを自分に投げてもらえるように、





アピール上手な熊達。
指を鳴らしたり、手を打ったり、
往年の聖子ちゃんなみのかわいこぶりっこ。




小熊はもう少し小さい時なら、おさわりOK。
今の時期はもう育ちすぎでタッチ不可。




おまけA
熊牧場見学後は、マタギの湯へ。
お風呂前に、併設してある前回見逃したマタギ資料館へ。


 
マタギの万能ツール:ナガサ。 マタギの秘伝の書。

とか展示中。

熊谷達也の
「相克の森」「邂逅の森」「氷結の森」
と、マタギ三部作を読んでいたので感激ひとしお。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクシデントにめげずに森吉山 −2007.10.6−
体育の日の連休を利用して岩手に行ってきました。 紅葉の期待が高まるこの季節・・・ 山のぼらーとしてはあるまじきアクシデントを乗り越え 森吉山に登ってきました〜 ...続きを見る
mikkoのゆるゆる山歩き
2007/10/14 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
はい、三部作読んだheppocoです(*^_^*)
なので、「アニ〜!マタギじゃー!」と単純に羨ましいです!
「熊がきますので・・・」って「来る」って言いきっちゃってるとこが、阿仁なんだなぁ〜・・・とか。
森吉山に行ったら、絶対帰りに「資料館に寄る!」と決めました。

以前北海道登別のクマ牧場でも、同じようなブリッコちゃん達みました☆
でもその時は「ヒグマ」だったから、あんまし可愛くはなかったんですけどね(笑)

もう秋なんですね〜
heppoco
URL
2007/09/16 22:45
時季変え出かけてみれば、雰囲気変るでしょう。
それが山の魅力の一つと思っています。
東北の山には安らぎを覚えます。
相変わらず、会長さんに対する思いいれ・思い遣り 良く出ています。
輝ジィ〜ジ
URL
2007/09/17 08:18
森吉レポ大変参考になりました。
眺望も良いし、池塘があったり素敵な山歩きが出来そうですね。
そして紅葉時期も綺麗そう・・・
我が家の秋の岩手山行の候補としてほぼ決定です。
ここなら今の私の膝の状態でも大丈夫そうだし。
それにしても、ぼんいぢさん達 早っ!
石森の分岐から山頂までCT1時間のはず。
お花も楽しみながら歩いているのに40分で歩ききってしまうとは・・・
(燕のときもびっくりでしたけど)
mikko
2007/09/17 10:36
>heppoco様
冬に樹氷を見に行った時はマタギ三部作をまだ読み切っていなかったので、マタギ資料館は興味なくてパスしてたんですよ。で、今回はお蔭様で読んでいましたので興味津々で資料館見学しました。早い人だと5分で出てきちゃうと言っていましたけど、三部作マニアにはたまらない時間を提供してくれると思いますよ。
中にはマタギクイズが待っていますよ。
セコ・ブッパ・シカリの上中下の三階級わけになっていますから、ぜひ、heppocoさんもシカリコースでトライしてみてください。

>輝ジィ〜ジ様
ホントですねー。同じ山でもぜんぜん雰囲気が違いました。花の時期には山人平は是非行ってみたくなりました。
ぼんいぢ
2007/09/17 19:18
>mikko様
森吉山のコースタイムは、ゴンドラでいらっしゃる普段あまり歩かない人達も対象にしたかなりゆっくりめで設定してるんじゃないかなと勝手に想像しちゃいました。
ヤマケイの分県別ガイド岩手の山の中には、とても厳しく感じる時間設定の山もありますもの。実際歩いて、このコースタイムは誤植ではなかろうかと、確かめの電話を入れたくなる山もありましたよ。
 森吉山よかったですよー。
山頂に行ったときは、空気が霞んできて男鹿半島がハッキリ見えなくなりましたけど、ゴンドラからは、輪郭はわかりました。秋晴れの早朝だと空気も澄むでしょうから紅葉山行期待大だと思いますよ。
ただ、ゴンドラが9:00スタートをもうちょっと早めてくれればいいのにと思います。
ぼんいぢ
2007/09/17 19:19
神社脇の避難小屋、泊まった事がありますが、何分GWの事で、初秋の森吉山、楽しませていただきました。
 山人平のお花畑・・・今年も行けなかった〜・・・憧れの地なんです。
テントミータカ
2007/09/18 21:04
そちら大雨だったようですが大丈夫でしたか?

森吉山、なんか木道ばっかしみたいですね。全く木道がなかったかどうかはハッキリ記憶していませんが、少なくともこんな立派な木道はなかったです。この分では山人平にも設置されているのではと思います。

それにしてもゴンドラで行くと、気持ちのいい所だけで山頂に立ててしまうのですね。

会長さんへ
例のヒガンバナ、先週は全く何も出ていなかったのですが、今週は細いアスパラのような茎がニョキニョキと出ていて、来週には花を咲かせると思います。暑いにもかかわらず、どうしてお彼岸がやって来るのがわかるのか、真に不思議です。そちらのはどうですか?
山塔花
2007/09/18 22:27
豊かな湿原ですね。もう素敵!
週末、あこがれの裏岩手、ちょっとだけ楽しませていただきました。
まちがいなく、また訪れることになりそうです。

大雨によるかなりの被害、地元の痛手は相当だと思います。
ぼんいぢ家は大丈夫でしたか?
tomomi
2007/09/19 08:08
>山塔花様

ご心配いただきありがとうございます。
我家近辺は特に大雨といった感じでもなく、過ごしました。

最近はフヌケから脱出できず、らくらく登山になってしまってます。花の時期に行くのを逃してしまったので、次回の森吉山は絶対に"お花観賞"をと思っております。

ヒガンバナですが、確認したところ何もありません。
確かにココに埋まっているはず・・でもヒガンバナは葉も残してくれないのでビミョーです。。。
また、報告いたしますね。
ぼんいぢ会長
2007/09/19 20:43
>テントミータカ様
GWの森吉山はどうなんでしょう?
まだまだ山頂付近は残雪豊富なんでしょうか。
 花の森吉の山人平の花畑は次に!と、今回は行かず来年にとっておきました。

>山塔花様
らくちんゴンドラで良いとこどりしてきました。
でも、のぼったー。っていう感じが無いので物足りなさもありますけど・・・。登山道がいろいろついているみたいのでまた違うコースもと思っています。

>tomomi様
森吉は花のイメージが強かったですけど、ゴンドラ駅のポスターとか見ていると、紅葉ももう少し進むとスンゴイみたいですよー。
それより、裏岩手だったんですね。
駅前の写真を見た時は仕事でかな?とおもっていましたが、あの天気予報で、山だったとは! ご無事下山でよかったです。
ぼんいぢ
2007/09/19 23:31
昨年のGW(残雪期)を思い出しました。
登山道脇の木々の高さあり、改めて雪深さを知りました。
東北の地元の方達が愛される山だとうなずける素晴らしい山ですよね。
トシちゃん
URL
2007/09/24 00:38
>トシちゃん様
そうそう、残雪期にトシちゃんたちが歩いたルートをゴンドラから見おろして、sanae組のパワーを再認識したのでした。
で、
昨日なんですけど、東から森吉を眺めました。
東側のヒバクラコースものぼってみたくなりましたよ。
ぼんいぢ
2007/09/24 18:42
>セコ・ブッパ・シカリ
って・・・(笑)
たぶん、私の周りの人間で、意味のわかる人いないと思われます(^_^;)
heppoco
2007/10/01 22:35
>heppoco様
森吉周辺の山々って、まさにマタギの世界で、
マタギ三部作の世界にドップリひたれますよ。
たとえば、
相克の森で、出てきた荒瀬の金物屋では、
ナガサの看板がドドーンと掲げてあったりと、
もう、興奮請け合いですぞ。
ぼんいぢ
2007/10/02 21:08
ぼんいぢさん
ここにコメントしていいものやら。
この週末、またしても岩手へ!
銀の柄杓を手に取り感動(^^)勝手にリンク晴らせていただきました。
事後報告ですみません。
tomomi
2007/10/02 23:38
森吉山は展望が望めなかったので残念でしたが一緒に楽しませていただきました〜♪
近ければ季節を変えて行きたい所ですが何分にも遠すぎて・・・(^^ゞ
でもそちらは好きなエリア、またお邪魔しますね(^^♪
sanae
URL
2007/10/03 13:30
>sanae様
森吉山は樹氷に、初夏のお花畑と見所いっぱいで、何度も何度も訪れてみたい山になりました。
今度は、ラクチンなしで登ってみたいです。
ぼんいぢ
2007/10/04 23:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【森吉山】らくちんしても昼寝(2007.9.9) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる