山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【阿仁スキー場】モンスターと、初対面。(2007.2.14)

<<   作成日時 : 2007/02/12 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10


盛岡から車で3時間。
やってきました。  森吉山阿仁スキー場

この日は、どこへ、お出かけしようか、物凄く悩みました。

なんと!寒さ嫌いの相方が、スノーシューに興味をしめしたようなんで、
『鉄は熱いうちに打て』 に、従い。
遊びに行くことを決めたものの、天気予報を見ると、
冬型の気圧配置だし・・・。

スノーシューのフィールドは吹雪く可能性大。
とりあえず、候補地を列挙。
樹氷狙いで、
八甲田・森吉山・蔵王。
麓のスノシューハイクで、
乳頭温泉・安比高原

天候を考えたら、樹氷ねらいよりも、麓のスノーシューハイク。

けれども!

いろいろ、ガイドブックやネットで見ているうちに
どうにもこうにも、無性に!是非にも!樹氷が見たくなってきました。
アイスモンスターに、二人とも、身悶えするほど、ぞっこんになってしまいました。

天気予報とニラメッコ。
蔵王界隈にsanae隊が出没するらしいとの情報もあったりして、
悩みに悩んだのだけれど。
降水確率がちょっとだけ低かったこと。
風速も他より低めの予報だったこと。
などなどで、ここにしたのでした。


ゴンドラ(上り1000円・下り500円)で、一気に樹氷平と呼ばれるところへ。
ゴンドラ山頂駅となりには待避所があって、

相方にスノーシューを借りるため(500円)、寄ります。

さて、心配していた天候は、  …吹雪。

な、もので、
急いで樹氷を見に行く必要もなく、

待避所で行われている樹氷講座を、受講。
樹氷や、エビのシッポの出来る仕組みを、我が脳味噌にインストール。
他にも、
アイスモンスターといわれる樹氷は、
世界の中でも日本の本州、しかも、東北でしか出来ないという。
とくに、森吉のモンスターは大きいことで有名なのだそうだ。
その理由も含めて、いろいろ興味深いことを教えて頂ける有意義な講座でした。
また、
純粋な水は氷点下でも氷にならず、液体のままで存在しえて、
何らかの衝撃があれば、瞬間的に凍結するのだという。

そんな実験も、しました。    実験模様はコチラ


さて、
待避所で有意義な時間を過ごしても天候は回復しません。
悪天候でも、樹氷平のコースは、ロープが張られ一周30分弱。
心配ないよ。との係員の言に従って出発。出発。
と、思いきや。
係員の方が、 「樹氷平を越えた方が素晴らしい樹氷が見られるよー」
赤テープと長い竹竿と鉈を、渡されてしまいました。

えっ? 鉈!?

しばらく工作の時間を過ごし、

あらためて、出発。

って、すぐ目の前に、

いましたー!!
仲良しモリヨシモンスターが、2頭。

こっちには、

礼儀正しい、お辞儀モンスター。

いろいろなモンスターさんと、

ご挨拶しながら進むと、

さぁ! 

係員サンお勧めのポイントに来ました。

な、何も見えません。
っていうか、これを先に進むのは、怖いです。
っていうか、視界がほとんどないこの有様では、進む意味が・・・。
なもんで、工作物はザックの横にさしたまま戻ることに。

ふと、
気づくと、目が明けづらいのデス。

ワタクシ御自慢の上の長いまつげと、
こっちはちょっとだけ御自慢の下のまつげと合体凍結。
ちなみに、この時。
ボクは、数十年ぶりに自覚無くハナを垂らして笑顔で歩きました。

樹氷鑑賞コースを一周し終え、

今日は姿を現さないモンスターたちに、
こんどは、青空の時に、また来るぞー! と、誓うのでした。
できれば、明日にでもまた来たいほどデス。

そんで、

売店で売っていたこのクッキー、めちゃめちゃ美味しかった。



森吉山樹氷平

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰です!
この連休、実は安比高原にいましたよ。
ゲレンデでスノーボードですが。。。

モンスターいいっすねぇ。
私もいつか挑戦したいです。

しかし、瞬間凍結の映像は感動しました。
んぽ(サッチー)
2007/02/13 18:28
ようやく「ばふばふ」出動できたようですね。それにしても、こちらの春のようなポカポカ陽気とは全く別の世界ですね。会長さんも久しぶりの登場ですが、お元気そうでなによりです。

それから、私のブログには今まで「お気に入り」には自分の他のブログ以外登録していなかったのですが、ある依頼があったこともありまして、他の方のHPも登録することにしました。ぼんいぢさんのブログも登録したいのですが、よろしいでしょうか。
山塔花
2007/02/13 23:12
>んぽ様
えーっ! 安比にいらっしゃってたんですか!
ご連絡いただければ、アフタースキーのわんこそば対決の挑戦状を渡しに駆けつけたのに・・・。
残念です。
吹雪の中のモンスターでしたけど、
すごかったですよ。
スキー場自体はこじんまりしてましたけど、
モンスター群には圧倒されました。
もう仕事さえなければ、明日にでもまた行きたいくらいです。どっぷり惚れ込んでしまいました。
んぽさんも、機会があったら是非。
 過冷却水の瞬間凍結すごいでしょー。
相方なんか、調子に乗って3本も、実験しちゃいましたもの。

>山塔花様
盛岡では、今シーズンは、根雪が結局出来ませんでしたけど、お隣の秋田に入って今シーズンはじめてアイスバーンの道を運転し緊張しました。暖冬といいますが、例年に比べて少ないけれど、やはり秋田は豪雪地帯です。
ウチの相方も、結構スノーシューを気に入ったようなので、またどこかに出かけてみたいです。
 山塔花さんのお気に入りに登録していただけるとは、光栄です。
ぼんいぢ
2007/02/14 00:17
うわー!!すごいですね、モンスター。
こんなの始めて見ました。
森吉山の阿仁はJRのパンフレットでも
マタギの森と紹介されていて
とても素敵なところだなーと思っていましたが
冬はスノーシューハイクも楽しめるんですね。
それにしても、ぼんいぢさんの凍ったまつげ・・・・。
ハナミズは凍りませんでしたか?
nobu
URL
2007/02/14 13:28
あにゃ〜!!。阿仁の樹氷を初めて聞きました。立派なモンスターですね。・・・熊鍋が食べたくなりました。
テントミータカ
2007/02/14 23:05
森吉に行った時、樹氷で有名と聞いていたんですよね。こちら吹雪だったのですか?蔵王は吹雪というほどでなく、ホワイトアウト状態でした。
でもお互いに充実した樹氷見物が出来てよかったですね。願わくば青空のもと眺めてみたいものです。
瞬間凍結の実験って、不思議ですね、ちっとも理屈が分かっておりませんが・・・^_^;
で、鉈って、何に使うためですか?
sanae
URL
2007/02/15 14:14
>nobu様
森吉山はブナと花の山で有名らしいですけど、
樹氷もすんごいって聞いて今回出かけました。
マタギの里としても有名なんですよねー。
なもので、
樹氷の講義をしていた方に訊いて見ました。
「熊はいますか?」
『いるいる。』即答でした。
今年の花の時期にも行きたいと思っていたので、ちょっとびびってます。
で、お尋ねのハナミズですが、
唇を舐めた時にしょっぱくて早期に発見し、
凍る前にすすりあげました。

>テントミータカ様
エー!! 熊鍋食べたことあるんですかー?
どんな味するんですか?
今度チャレンジしなくちゃ。
機会があれば森吉の樹氷にもぜひ。
ぼんいぢ
2007/02/15 20:30
>sanae様
気温はゴンドラ山頂駅で−6℃で思っていたほどではなかったんですけど、結構風がきつかったです。
といっても、ゴンドラが運行できる程度ですけど。
蔵王は風がなかったんですか。うらやましい。
えっと、
水道水とかは0度で凍結しちゃいますけど純粋な水は、刺激がないと凍結しないで、マイナス数十度まで水(液体)のままらしいです。
で、刺激をあたえると一気に凍るとのことです。
エビのシッポとか、樹氷も同じ原理で、
大気中の純粋な水分が樹木にぶつかるという刺激を得て凍結し出来上がるとのことです。
そんなわけで、モンスターの鱗はとても綺麗なのだそうですよ。
鉈はでっかい竹竿を短くしたり、細くしたりして赤テープをくくる竹串を作るのに使いました。
係員さんが工作道具一式目の前に持ってきたので、
断りづらくて・・・。
工作の時間になってしまいました。
ぼんいぢ
2007/02/15 20:55
裸眼で行く人も珍しいですね。
普通は紫外線対策でサングラスかゴーグルをするものです。
汗をかきそうなときはサングラス。
吹雪いているときはゴーグルといった使い分けをしましょう!
吹雪いているときは無闇に動き回らないのが賢明です。
ツアーコースを歩くときはGPSなどあるといいですね。
キース
2007/02/21 00:39
>キース様
写真には写ってないですけど、
観光地のせいか、みんな裸眼でした。
なるほど、ゴーグルですね。
準備しなくちゃ!
ぼんいぢ
2007/02/21 20:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【阿仁スキー場】モンスターと、初対面。(2007.2.14) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる