山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【八甲田大岳】青森へ初遠征! (2006.9.3)

<<   作成日時 : 2006/09/05 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

土曜夜。
目的の山を決定する最終会議。
今回の候補は、4座。

@八甲田大岳
  酸ヶ湯温泉を起点に周回。
A岩木山
  岩木山神社からの百沢コース。
B森吉山
  阿仁から、らくちんゴンドラで。
C三ッ石山
  松川温泉から、幸せの銀の柄杓を探しに。

土曜の午前中までは、Aが最有力候補だった。
B森吉は、花の名山なので、いずれ、花の時期に。
と、早々に候補から脱落。
が、仕事を終え、いざ出発。
って時に見た天気予報。
肝心の津軽地方が変わってました。
北海道と本州の間に、ちっこいちっこい低気圧。
「津軽地方は気圧の谷が通過。大気不安定。雷注意報。」
まじ?
でも、天気マークは、晴れ時々雨。
ここで、相方提案のC三ッ石山がグンと有力に。

でも、二週山は休んでいたので、
近場より遠出。に、気持ちが傾いていた・・・。
天気予報が、はずれるのを願って、
東北自動車道を北上。 津軽地方へ。


じつは、ここで、C三ッ石山を選んでいたなら、
コース的にも、時間的にも、
テントミータカさんとバッタリ確率99%だったはず。
あーもう。 悔まれるー!!



翌朝の天候で、八甲田か岩木山か決めようってことで、
東北自動車道の阿闍羅P.A.で就寝。

翌朝。目が覚めると、東の方に雲がない。
おまけに、出発そうそう西の方に稲光確認。
ので、西の岩木山はあきらめ、行き先は東の八甲田。

【6:25】
酸ヶ湯温泉の駐車場で準備を整え出発。

温泉の向うに山頂。

車道を若干上がると右手に大駐車場。

インフォメーションセンターとトイレ。


車道挟んで向かい側に神社。


その右手が登山口。


はじめは階段状。

快調。快調。




ゴロゴロゴロロロロ・・・・・・

え?

「カミナリ?」
『カミナリだよね?』


ゴロゴロゴロロロロ・・・・・・

「だな。」
『だね。』


空を見る。

さっきまで快晴だったのに・・・・。
暗雲が垂れ込んできてる・・・。

しばし、立ち止まり相談。
「どーするぅ? ヘソ やばくねぇ?」
『ヘソは、だいじょーぶちゃうか』

ゴニョゴニョ相談していると、後続アリ。
男性二人組。
話しかけてみる。
「すぐ収まる。大丈夫大丈夫。行こう。行こう。」
「合羽持ってるんでしょ? 降った時は降った時。しょーがないべ。」
地元の人っぽい言葉の“大丈夫”にちょっと安心。
んじゃあ。ってことで、進んでみる。
すると、頭上の木々の葉に雨のあたる音。
まだ、体にはあたらない。小雨のよう。
と、思ってる間にバラバラバラと、けっこうな雨。

男性二人組みは、どんどん先に行っちゃたけど、
雨脚が強くなってきて、ボクの足は止まってしまった。
相方は、どちらかというと、イケイケ派。
な、もんで、
「せっかくここまで来たんだから。登っちゃおう」と。
でもね。雨はともかく。
今は樹林帯だから、まだいいけど、
山頂近くで、ピカッ!ってのはイヤ。 絶対イヤ!

携帯の電波が立っていたので、
天気予報確認。
[降水確率 午前中50%・雷注意報]


【6:55】
八甲田なら、何度もチャンスは作れる距離だから、
と、相方なだめ、撤退決心。

下山中、2組の登山者とすれ違う。
「早いねー。もう登ってきたの?」
とか、訊かれる。
他の人達は、へっちゃらみたい。


【7:18】
撤退終了。

相方の残念無念のポーズ。  反省猿ではないです。


しょうがないので、
インフォメーションセンターへ。


ジオラマありました。
ボタンを押すと、イロイロなルートが表示されます。









立派な周辺案内。

↑クリックで拡大

このホワイトボードには、

近況の情報が手書きでありました。


あと、
たった1時間に満たない時間でも
終盤だけど花には会えましたよ。

























あっけない。青森チャレンジ失敗山行でした。


八甲田大岳登山口

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
予定通りいかなくて、さぞ残念だったでしょうね。
でも、可愛らしいお花たちの写真を十葉もありがとう。私が何となくでも名前が分かるのはアザミさんだけなんですが・・・。
廣瀬_敏之
廣瀬_敏之
2006/09/06 03:12
うわ〜、二重に残念でしたね〜・・・
会長さんの背中にその無念さが・・・
でも雷はやはり怖いですよ〜
次の機会にまたチャレンジしてくださいね〜♪
sanae
URL
2006/09/06 10:45
ホントに残念でしたね。
私たちも、関東が梅雨で天候が悪いのが長引いたときは、
行きたいのにいけずモンモンとしてました。
でも、雷は相当怖いらしいですよ。
雷雲につつまれたりすると上から横から
ゴロゴロとそりゃもうっ、、て、聞いた話ですが・・・。
なぜか写真のジオラマが稲光に見えてしまいました?

森吉山は阿仁山?とともにJRのパンフレットにも掲載されていて、
結構気になっています。
nobu
URL
2006/09/06 13:05
会長〜! 気持ちよく分かるよ〜!
「ここまで遠征して来て、これ位の雷で・・」
ガクッとした後姿、悔しくてブルブル震えていますよね?! その時の「いつもの動画」が有れば、会長の独り言が聞きたかった(笑)

でもね、雷は恐ろしいですよ!、今回 他の人達は無事に何事も無かったように山行出来たのでしょうが、コレも結果論で、ぼんいぢ隊が行っていた場合は最悪の結果になったかも知れないのですよ!

今年の5月、雷が直ぐ近く(横方向に近い)で鳴っている時は私でも怖かったのを思い出しました(怖) 
トシちゃん
URL
2006/09/06 20:25
雷は怖いですよ〜、一番!雨はまぁいいって最近思えるようになりました。
山に行くようになるまで、雷なんてな〜んとも思ってなかったのに。
最近じゃ〜飛行機の音にも異常に敏感に「カミナリ?」って反応してしまいます(小心者です)

森吉山は私にとって樹氷の山ですよ〜
(去年からずっと・・・・)
heppoco
URL
2006/09/06 21:28
>廣瀬_敏之 様
コメント有難う御座います。
ホント、計画通りいかなくて残念でした。
でも、無理して、展望のない山頂より、
次回、見晴らしの良い山頂に立つチャンスを回したと思うことにしました。

>sanae様
そう、次の機会に期待です。
車で3時間かからない距離ですもん、何度もチャンスはあるはず。撤退した山のほうが気合のノリがちがうでしょうし、次ガンバロー。

>nobu様
カミナリ怖いですよねぇ。
家の窓から見る稲妻は綺麗に感じるのに・・・。
上から横から カミナリって想像しただけで、
恐怖ですねぇ。
 森吉山すごく気になるんですよ。
でも、ウチから直線で近いのに、道路をグルッとすると、八甲田より時間かかりそうなんです。
前泊するとなると山の夜道の運転も大変そうなんで、ついつい後回しになっちゃってます。

>トシちゃん様
会長は、ブルブル震えるほど悔しくはなかったそうです。どちらかというと、purupuruくらいなそうです。
ボクはこの表現がイマイチ分からないので、会った時に、トシちゃんから直接訊いてみて下さい。
ぼんいぢ
2006/09/06 21:43
>heppoco様
そうなんですよね。飛行機の音もカミナリに思えちゃって、ビクビクします。
あと、岩手山の麓には自衛隊の演習場があって、周辺の山で、演習の音とか聞こえると、これまたカミナリに思えちゃって。
カミナリってホント怖い。
ぼんいぢ
2006/09/06 21:48
うわっ、マジ同じ日に八甲田・・・
ということはインフォメーションセンターの前に座っていたのは会長さんでしたか!?
似ているなとは思ってたんですよ。
でもクルマがアレだったから違うだろうなと思って声掛けずじまい。
わたしがインフォメーションセンターの中に入っている間にぼんいぢさんが車で迎えに来られて帰られたんで『えっ、もう登って降りてきちゃったの?』ってマジ思ってました。
あのあと最高に天気良かったのにもったいない。
岩木山も北海道も小川原湖も見渡せる絶景だったのに・・・
超ニアミスでしたね。
キース
2006/09/07 10:01
>キース様
あうあうぁぅぁぅ。
あのあと、天気良かったんですか・・・・・・。
ああぁぁ。
ぼんいぢ
2006/09/07 20:37
あらら・・・・
何と申し上げてよいやら・・・
二度ならず三度まで!今度こそブルブルですね〜
お見舞い申し上げます(^-^;;;
sanae
URL
2006/09/07 21:26
お暇なときにでもお気に入りのアドレス変更をしてもらえると嬉しいな。
タイトルは変わってませんから
http://kazetayo.at.webry.info/
天気が良かった証拠に私のブログの画像を見てもらえれば一目瞭然です。
帰られてから30分後にはあの雨が嘘のように晴れ渡ってましたよ。

本当にご愁傷様です。
キース
2006/09/07 21:40
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
遠征での撤退、くやしいですよね〜。でも、雷は怖いですから。私たちも、雨・雷の音がなっていたら登らないようにしています。

東北の山は、そろそろ紅葉ですか?
きれいな写真&動画、期待しております。
masa
URL
2006/09/08 12:48
>キース様

まさしく、インフォメーション前にいたのは私でございます。
確かに、インフォメーションセンターに入って行かれた男性覚えてます。ただ、"まさか"なのでハッキリお顔を拝見しませんでした。
お声をかけて頂ければ・・・と、残念です。


>sanae様

"だから言ったじゃないの!!"状態でありまする・・
想像つきますでしょう?
ぼんいぢ会長
2006/09/08 13:43
二度目も、ペケとは・・・こういう相性の悪い山もありますよ〜、まあ、楽しみはとっておいてください(笑)。
こちらからでは、八甲田・岩木山はさすがに遠い・・・3連休使っても、運転疲れで、ヘロヘロです。
八甲田清水のそばの小屋で泊って、北と南八甲田を歩いたのも、一昔前の事となりました。また行きたいな〜。
テントミータカ
2006/09/08 16:06
隊長さんの「この山はドコ?」は「?」のままですが、この夏二人が訪れた山の記事拝見しました。過去に歩いた山なので興味深かったです。特に源太ヶ岳が・・・。

裏岩手縦走路は過去に二度ほど歩いています。源太ヶ岳は少し外れているのでその時は寄りませんでしたが、後で松川から同じ道で登りました。源太ヶ岳からは三ツ石山を通って松川に戻りました。三ツ石山は私のお気に入りです。

天気は文句なしの快晴でしたが、この時期はカメラを持ち歩いていませんでしたので、写真が一枚もないのです。ですから写真なつかしく拝見しました。

山頂手前のお花畑からの岩手山、山頂からの爽快な眺めの素晴らしさははっきり記憶に残っていますので、お二人の気持ち十分理解できます。

写真を見て「アレッ!」と思ったことがあります。一つは大深山荘が新品なこと(私が泊まったのは1985年)。それから湿原に木道ができたのと水場に柄杓があること。それに丸森川に橋がなく、渡渉した記憶が・・・。

しばらく東北の山に出かけていないので行きたい気分です。
山塔花
URL
2006/09/08 21:57
本日、ぼんいぢお仕事中のため、私がコメント書かせて頂きます。

>masa様

こちらこそ、はじめまして。コメントありがとうございます。
やはり、雷は怖いのですね・・わかってはいても、止められない!みたいになってしまって。
本当に止める勇気って大切ですものね・・

東北では朝・夕はすっかり涼しくなって、というより寒いくらいです。これで一気に紅葉も深まるでしょう。ご期待にそえるかどうか写真&動画、ぼんいぢのしりを叩いてみますね(笑)

>テントミータカ様

女の勘はいろんな面で鋭いのです。
だから"幸運のひしゃく探し"に行かないから、こんな事に・・
でも先輩の皆様も、こういった思い何度も経験されているのでしょうね・・リベンジの快晴に期待します。

ぼんいぢ会長
2006/09/09 23:24
>山塔花様

"?の山"かならずや解明!・・(できるかな??不安・・)

あーー、裏岩手縦走路の写真残ってないですかぁぁ・・残念です。
昔の姿が見れると、また違った楽しさも発見できたりして。
八甲田も山塔花様のブログ拝見して、すごく行ってみたくなり行ったんですけど・・まさかのカミナリ・・
悔しくて悔しくて・・眠っちゃいましたけど(笑)

ぼんいぢ会長
2006/09/09 23:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【八甲田大岳】青森へ初遠征! (2006.9.3) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる