山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【とどヶ崎】とどのつまりってこと? (2006.4.29)

<<   作成日時 : 2006/04/29 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9


ずっと、思ってたんだけど、
このブログのタイトル『山歩き、大好き』て、ベタだよね。
なんで、こんな何のヒネリもないタイトル付けちゃったんだろ?
今更、変更も変だし、かといって、何かコレってのも浮かばない。
なわけで、そのままズルズル来たわけです。
が、今回。 このタイトルで、ちょっと、よかった。

だって、山登りでなく、山歩きが好きってタイトルなわけだから、
頂上を目指さなくたっていいわけじゃん。

なわけで、今回は頂上行きませんっっ!!。

岩手近辺は、1000m以上は大方まだまだ残雪多し。
技術も装備も無しでは無謀。
かといって、せっかくの連休に里山もつまんない。
1日2日6日は仕事。
思い切って、遠出もキツイ。
そこで、閃いた!

本州の端っこ行ってみよう。
東西南北のうち東は、岩手県宮古市の・・

魹(トド)ヶ崎。

家から宮古市市街地までなら車で2時間ちょい。
四つの端っこのウチ唯一徒歩でしかいけない場所。ってのもイイ。
地図で見ると、宮古市市街地からなら車で一時間。
徒歩でさらに1時間30分弱くらいみたい。
ちょうどいいじゃん。

で、しゅっぱぁーつ。

宮古市に向かう国道106号線を東へ。
区界高原付近は、残雪が豊富にみられる。
正面に早池峰が真っ白にそびえる。
そんなドライブを楽しみながら。

着いた場所は、姉吉キャンプ場
車を降りると潮風。
良い香り。良い風。

トイレ・炊飯用あずまや等設備も新しい。
海水浴用かな? シャワー設備もある。

姉吉漁港の

脇に散策路入り口。


入って直ぐに立て札。
 って、?????????

途中で、説明あり。
この森林は森林そのものだけを守るのでなく、
森林を守ることより、周辺の海や海に住まう魚などの生物を守るのだそうだ。
あなどるべからず。 「魚つき保安林」。 ナイスネーミングぞな。

さて、道はアスファルトのつづらおれ。

結構急。

登りは足元に姉吉湾を眺めながら。


10分ぐらいで、登りが終わるとアスファルトも途切れ
以外に大木の多い雑木林の道を行く。

ここからは、殆ど高低差の無い道。

この時期だけ枯れてるのか、枯れ沢を幾つも越える。


さまざまな野鳥のさえずり、波の音が、
まだ新緑前の木々の枝を抜ける風の音と即興楽曲。

木々の奥に藍色の海が見える。
ケド、写真に上手く写せませんでした。

驚いたのは、一箇所だけ、カタクリの群落があったこと。

4キロほどの散策路のうちホンの数十メートルだけカタクリが密生。
他の場所には見受けられなかった。
カタクリって潮風にも強いんだと感心。

一時間ほどで到着。

灯台がお出迎え。

ちょっと離れた場所に『本州最東端』の記念碑。


もっとも東の岩場を、磁石を片手に探す。

ここか?


いやさ。あっちの矢印のほうか?

あっちは、足場が悪くて、怖くて、ちびりそうでいけません。
で、結局どれが一番東かわかりませんでした。
GPSならわかるんだろうか? 欲しいなソレ。

水平線をみていると、なだらかに、微妙に、まるくなってる様な気がする。
やっぱり、地球は丸いのかな。

魹ヶ崎360度の動画はコチラをクリック

で、とうとう、バーナー初実戦です。

1ℓのお湯を沸かしましたとさ。

風が冷たく相方はカッパ着用。

岩の切れ目の荒波にビクビク。   ビクビクシタノハ、ボク。

帰宅後、ネットでここをシーカヤックで通った方を発見。
そのブログによれば、この下に洞窟があるんだって。
見落としたぁ。 ガックリ。

帰り間際。
相方は灯台を引き抜こうとしましたが、
彼女の怪力をもってしてもビクともしません。

こんなにも丈夫なら、
潮や風雪に耐え行き交う船達を事故無く導いてくれると、確信。安心。

来た道を戻り。

一時間後。

石の浜辺で、小石のジャンプ大会開催。

なかなか3回以上跳ねない。
相方は結構上手い。
夫のプライドかけ、形の良い石を選び。
いざ、投擲。
5回ジャンプ。 飛距離も申し分なし。

「どうだ!」と、振り返る。
相方、下見て、石の選別中。
そりゃねぇーよ。




そうそう、【とどのつまり】の語源にこの岬は関係ないようです。残念。


参考ブログ
さだっちょんのドンブラコ岩手生活
続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活




トドヶ崎

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海の日はトドヶ崎・・・上から下から現場検証!
というわけで、これまで海から2度、陸上から一度攻めたことのあるトドヶ崎。 ...続きを見る
 続★さだっちょんのドンブラコ岩手生活
2006/07/23 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ぼんいぢさん! 初めまして、いつもsanaeがお世話になっております。
「とどヶ崎」て良い所ですね、我が家にとってはsanaeのあだ名が「トド」ですので親近感が沸きますよ(笑)。
このGW(5/3〜7)、ぼんいぢさんのお膝元に遊びに行く予定です、もちろん山です。
岩手山等のGW時期の情報がほとんど無く、
今年の雪はまだ多そうなので、GWの前半のラッセル泥棒を期待して・・。(ヘロヘロ トシちゃんですから・・)
トシちゃん
URL
2006/04/30 19:30
わぁ。はじめまして。
コメント頂き有難うございます。

岩手にいらっしゃるんですか?
どの山なんでしょ? 岩手山とかですかね。
ボクは雪山経験がまったくないんで、
情報もこれぞってのがなくて、お役に立てません。
ただ、地元の新聞の記事のURLを
http://www.iwate-np.co.jp/news/y2006/m04/d30/NippoNews_4.html

実は、コレ見て3〜5日の中で天気が良い日を選んで
八幡平に行ってみようかなんて思ってます。

秋田岩手をつなぐアスピーテラインは夜は通行止めですし、早朝も凍結してると、ニュースで報じてました。日中はノーマルタイヤOKですが、時刻がずれると危険みたいです。また、他の山岳道路はまだまだ全面・時間通行止めが多いですし、通行予定の道路情報
調べた方がいいかもです。
ちなみにボクは
http://www.douro.com/
http://www.thr.mlit.go.jp/akita/
とかのライブカメラで道路情報みてます。

よい旅でありますように。
ぼんいぢ
2006/04/30 19:55
八幡平のこのニュース 私も見ました、
再度有難うございます。
夜間通行止めですか!、3日早朝には順番待ちで車の中で仮眠かな? 
私のいびきで(川崎ナンバー黒シビック、スタッドレス)車が揺れていたら私達かもね・・。

ぼんいじさんも楽しいGWで有りますように、また
天気が晴れになりますようにお祈りします。
トシちゃん
2006/04/30 20:44
ぼんいちさん>ご紹介いただき、ありがとうございます。
ちょうど、先週の金曜FM岩手に出演したとき、トドヶ崎のお話をさせていただいたところだったのでビックリです。

私も去年の7月以来行ってないので、また行きたいな〜。
次回は、穴要チェックですよ〜〜

私もたまに山も行きます。
そんなわけで今後ともよろしくお願いいたします!
sada
URL
2006/04/30 22:04
>トシちゃん様
3日は、晴れそうですね。
八幡平行ってみようと相方と話し合ってます。
もし車をお見かけ出来たら話しかけちゃいます。
他の日も天気は概ね良さそうなんで、
このまま予報どおりだと良いですね。

>sada様
コメント頂き有難うございます。
FM岩手に出演してたんですね。 スゴイ。
海からも陸からもトドヶ崎を極めたんですから、
興味津々なお話だったのでしょう。
聞き逃してもったいないことしてしまいました。
アウトドアの楽しいお話満載のブログ期待してます。
ぼんいぢ
2006/05/01 16:33
バーナーデビュー、おめでとうございます♪屋外デビューは奥様と一緒のときにしようだなんて、ぼんいぢさん、優しいですね☆これからもモリモリお湯を沸かしてくださいね〜(笑)。
山頂を目指すばかりでなく、たまにはこうした海岸歩きもいいものですね♪
しげぞう
2006/05/06 18:19
>しげぞう様
バーナー屋外初使用は、優しいってことじゃなく、
アレ、彼女のですもの。しかも、彼女の頂き物、送り主さんの気持ちも有りますし・・・。
山登りもいいですけど、海を間近に見ながら歩くのも良かったし、潮風を体に受けるのが気持ちよかったです。夏以外の海も良いものでした。
ぼんいぢ
2006/05/07 09:56
ぼんいぢさん>いつも拙ブログにコメントどもありがとです。

このたび、またしてもマニアックにトド行ってきたのでトラバ貼らせてもらいました!
sada
URL
2006/07/23 22:31
>sada様
おー。 また行って来たんですね。
・・・・。
今、読んできましたよー。
やっぱあの洞窟すごいなー。
もう一度いってみたいなー。
でも、ボク高いとこ怖いんですよね。
下を覗けるかな。
山が好きなのに・・・。
ぼんいぢ
2006/07/24 23:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【とどヶ崎】とどのつまりってこと? (2006.4.29) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる