山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 【秋田駒ヶ岳】文句なしの山歩き(2004.09.12)

<<   作成日時 : 2004/09/12 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
今回の目的地は、秋田駒ヶ岳
秋田駒ヶ岳は、一つの頂の山を指すのではなく、
付近一帯の総称だ。

天気予報は、
岩手県側は曇り、秋田県は晴れ。
さて、県境の秋田駒ヶ岳はどうだろう?
岩手側の峠道は曇っていたが、
仙岩トンネルを越えると、
案ずることなく青空が見えてきた。

自然保護と混雑防止のため、
麓のカモシカ駐車場から
八合目駐車場の間はマイカー規制だ。

カモシカ駐車場に着くと、
もうバス待ちの客が並んでいる。
あわてて、車からザックを担ぎ出し、
トレッキングシューズに履き替える。
紐も結ばず列最後尾へ。

バスが出発。
クネクネ道をバスが行く。
相方はバスに酔う。
オイラは車を運転する時だけのメガネをかけたままだった。
慌てるといいこと無いみたい。

八合目に着く。

ちょっとした売店兼非難小屋があり、
綺麗な水場もあった。

そこから片倉岳コースを行く。
途中に硫黄採掘跡地。


片倉岳展望台。
見晴らし良好。
進行方向に田沢湖が見え、

振り返ると乳頭山・岩手山が見えた。


先に進むと左手に秋田駒ヶ岳最高峰男女岳(1637)が見えてきた。
山頂は、すでにやや紅葉がみられる。


やがて、木道が現れ阿弥陀池のほとりにつながる。
阿弥陀池小屋を素通りで男女岳の頂へ。
ゆっくり登って30分弱。

そこは絶景。

見下ろすと阿弥陀池。


南側は

左側が岩手県で右側が秋田県。
くっきり県境で天気が分かれている。
岩手側は雲海が出来ている。

上の写真のやや右、男岳(1623)。


北東方向、雲海から顔を出す岩手山。


南東の遠くには早池峰と薬師岳。


眺望を堪能し、今度は男岳山頂へ
ここから見える田沢湖も素晴らしい。
ケド、片倉岳展望台と大差なし。よって、写真省略。

で、秋田駒ヶ岳の撮影ポイントで名高い構図。

男岳山頂からの、手前に阿弥陀池、遠景に岩手山。

東を見下ろすと小岳が、ぐりゅっと渦巻いてます。

小岳手前の谷間は馬場の小路。別名:ムーミン谷、なそうだ。

さて、男岳山頂で御飯と、いきたかったのだけれど、
人が多いのと、風が冷たいので、阿弥陀池ほとりに。
木道で昼寝中の人がチラホラいる。
オイラと相方は、阿弥陀池を望むように飛び出た木道で昼食。

腹いっぱいにして、
今度は、男岳と横岳の間をムーミン谷に降りる。

下りながら見た男岳が上の写真。
ここの斜面は、エゾニュウの背の高い枯れ草が、印象的だった。

花の季節が終わったムーミン谷を歩く。

鼻歌でも奏でたくなるウキウキ小道。

ここにムーミン谷とアダナしたひとの気持ちがわかる。
神々の箱庭ともいうそうです。

左手(北側)を見ると横岳が雄雄しい姿を見せていた。


やがて道は突如、荒涼とする。
火山砂礫の大焼砂に入る。


岩手県側からの登山道、横長根を右手に見ながら歩く。

その合流地点目指し、足を砂礫に取られながら大焼砂を横断。


岩手県側からの道と合流し砂礫帯を横岳目指し登る。

一歩進むと砂に足を取られ 1/3歩戻る感じでもどかしい。

ふと、左を見ると、男岳が勇壮な姿をしていた。


横岳を登りきり、今度は焼森を目指す。

向こうに岩手山が姿を見せ、オイラ達を励ましてくれる。

オイラが焼森に、たどり着くと、
一足先に来ていた相方が岩手山を眺めていた。

実はこの写真、結構、気に入っている。
このブログの一番上に使ってもいる。
が、とある写真コンテストに応募したが駄目だった。

焼森から阿弥陀池を見ると

右から男女岳、阿弥陀池、池の向こうに男岳、左に続くのが横岳だ。

ここから右に、乳頭山に続く縦走路が出ている。


今回は左側へ、そのまま8合目小屋にもどり帰宅。

休憩もいれて6時間程度。
それまでの最長歩行時間でした。
結構クタクタ。
でも、乳頭山への縦走してみたくなりました。


記述日:2005/7/13

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ステキな写真入り紀行文に仕上がっていますね。自分がその場にいるように感じられる秀作だと思います。私の登ったのは何年も前になりますが、こんなに天気は良く無かったです。阿弥陀池は殆ど干上がっていたし・・。
でも、泊まった田沢湖温泉は最高でした。
山いろいろ
2005/07/14 10:18
凄いです!2000メートル以下なのにこの景色!
やっぱりいいですね、東北!行ってみたい度がどんどん上がってしまいます。
空気の乾いた感じが伝わってきます、梅雨なのに!
heppoco
2005/07/14 21:59
>山いろいろ さま
この時、男女岳山頂でお会いしたオジサンは、
この秋田駒ヶ岳に年5・6回登っているそうですが、
ここまでスッキリ見渡せることは、なかなか無いと言ってました。
「君たち運がいいよ」と声をかけられたのでした。

>heppocoさま
そうなんです。岩手も梅雨真っ最中で、スッキリしない天気がもう2・3週間続いてるもんで、去年の写真見ながら頭の中で再度登山しちゃいました。
今度の17・18の連休は山日和だといいですね。
ぼんいぢ
2005/07/14 22:40
秋田駒、写真がすごくステキですね!!
やっぱりいい山だなあと思いました。

私は一度秋田駒〜乳頭山へ縦走したことがありますが、
あいにく雨だったもので、
こんな素晴らしい展望は全く得られませんでした。
やっぱり、東北の山はいいです。絶対。
そう思いました。
しげぞう
2005/07/18 21:05
>しげぞう さま
その縦走路。
歩いてみたいんですけど。
歩行時間が心配と、相方のバス嫌い。
寄り道が多いんですよ。写真撮ったり、
知らない人にはなしかけたりと。
それから、乳頭からの戻りはバスになっちゃうんで・・・。
ぼんいぢ
2005/07/18 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
【秋田駒ヶ岳】文句なしの山歩き(2004.09.12) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる