山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 小影山と抱き返り渓谷の秋(2004.10.24)

<<   作成日時 : 2004/10/24 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
日本で第三位の大きさのブナの木があるという
秋田の田沢湖町の小影山へ。

途中トイレタイムで道の駅『雫石あねっこ』に寄りました。

朝から、この快晴。
見事な秋晴れの一日になりそうです。

小影山は渓流の景勝地『抱き返り渓谷』の遊歩道対岸にある。
こちらは角館町になる。

そういえば、この辺も市町村合併で近い将来は、
市町村名も変わってしまうらしいっす。

で、車は、抱き返りの駐車場に。
この日は、紅葉まつりで、この駐車場は有料になるらしいんだけど。
朝早すぎて駐車料金回収の係員が、まだスタンばっていません。
姿は見えます。
話しかけられません。

・・・・・・・ま。
集金に来ないんですからいいかな?

で、売店のオバサマに情報収集。
結果、
この登山口のある駐車場から小影山の向こう側に下山。
後、遊歩道を帰ってくるコースを計画していたのだが。
遊歩道が落石危険により途中で通行止めになっているそうです。
また、小影山の頂上から向こうに側に降りる道は、
迷子になる人が結構いるそうです。

そんなもんで、登頂後は同じ道を戻ることに計画変更。


さぁ!いざ登山口へ

駐車場横の林道を入る。

スグ横にそれ登山道へ、急登。
キッツー

見晴らしの悪い杉林をエンヤコラ。


途中で秋を感じつつ






高圧電線の鉄塔の下に出る。
見晴らしが良い。

車を止めた駐車場があんなに小さく見える。

ここからは、高圧電線の維持のため刈りはらった部分と林を
出たり入ったりしながら高度を上げる。



上に上がるほど紅葉が進んでます。

山頂の稜線部にでると、

秋田駒ヶ岳から乳頭山が見える。

そこから大木が林立する部分を抜け三角点を目指す




山頂部はこんな感じ


近くに



こんな大木。

これか?
これなのか?
第三位はこの木なのか?

周りを見回すがこれ以上の大木は無いなぁ

落ち葉や茂みで、しっかりした踏み跡も無いので、
深入りはせず、昼食。

すると、もう一方が登頂。
同じガイド本『秋田の山登り50』を、もっていた。
ので、ブナの大木の位置を聞くが、お互い知らず。

昼食後、疑問は残るが、迷子になっても困るので、
そのまま下山。


紅葉を愛で、秋を感じながら下山。












こんな切り株も発見!!


下山後、駐車場近くのベンチで休憩。


その後は、抱き返り渓谷遊歩道を歩いてみる。

絶壁の下には清流


今登った小影山を見上げる。





遊歩道の通行止めの所には
美しい滝があったので
いろんな角度でパチリ。








ここからUターン。

川辺に降りれるとこで

まさに清流!!
手を洗う。

気持ちイー。

駐車場に戻って帰宅へ。

そうそう、朝寄った
道の駅『雫石あねっこ』は、
温泉もあるので、入浴に立ち寄る。。

ここの道の駅の露店で売ってた
牛の串焼き、胡椒がきいててウマカッタァ。





そんで、帰宅後、日本第三位のブナの木を
必死でググる。

なんと山頂稜線の奥にあったらしい。
今日見た大木は別物だった・・・・。

いつか再チャレンジを誓う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小影山と抱き返り渓谷の秋(2004.10.24) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる