山歩き、大好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 志和三山縦走 低山ながら険峻な縦走(2005.05.08)

<<   作成日時 : 2005/05/08 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
志和三山縦走と銘打ったこの会。初めての集団登山だ。
志和三山というのは、東根山・南昌山・赤林山を指すのだが
縦走の場合は赤林山の代わりに
箱が森(この山はどちらかというと志和というより雫石より)が入る。
東根温泉・矢巾温泉・繋温泉と三つの温泉をつなぐ縦走路ともなる。
比較的新しい地元の有志に開かれたルートである。
近々この縦走路地図をつくり配布するらしいので、
家からの一番近い山なので是非ほちぃ。

朝5:30集合場所の紫波町のラフランス温泉館に到着。
すでに100人以上集まっている。これを6班に分けるらしい。


オイラ達は5班で最後のほう
1〜4班は箱が森まで行く全行程11時間近くの健脚組。
5・6班は南昌山までの全行程6時間程度の軟弱派。

さて出発

大人数なので全員が登山道に入りきるまでかなり時間がかかる。

まずは東根山山頂を目指す。
ほとんど眺望のきかないブナ林を抜ける登山道
新緑の木漏れ日がゼンマイを照らす。


登山道の脇に数万分の1の確立の白い片栗の花を発見!!

次々に登山者により写真に撮られる。

班長さんがブナの話をしてくれた。
ブナは一本からd単位の落ち葉が出るらしい。
落ち葉は雪溶け水を長く含み続け伏流水となり水田にそそぐ。
これこそが自然のダムになるとのこと。

たまに東側が見通しが良くなる

朝日が水を張ったばかりの田んぼに反射して平野部が全て湖になってしまったようだ。
日本の水田は美しい。


ていうか、海外行った事無いですガ。

若干の残雪を横切り、登り切ると三角点に続く山頂部。
目の前(西側)に、秋田駒ヶ岳が雲上にそびえてオイラ達をお出迎え


三角点よりも此処の方が眺望が良いそうだ
が、
お約束、北へ10分ほど歩き三角点で撮影


ここから縦走路。
南昌山を目指し、まずは急斜面を下るここは残雪だらけで転倒者続出!
っていうか、転んでる人は数人が数回。班人数に足し転倒延べ回数は多い。

降りきり、やや上りに入ったところで降りてきた斜面を見る

オイラが写真を撮ると、班全員が続けとばかりにカメラや携帯を取り出しパチリ。

途中見晴らしの良い分岐路で休憩

ここで撮った写真は人の顔がアップで入り掲載不可。残念。

ここからヤセ尾根が続く。
低山なのに痩せ過ぎの尾根。滑落注意ね。

途中でヘッタクレと云う箇所に
ヘッタクレは方言で根性無しって云う意味に近い。
で、このヘッタクレ片足を置いてイッパイイッパイのヤセ尾根。
怖ぇ!!!!!
へっぴり腰でなんとか渡る。
あまりの怖さに写真に撮るのを忘れた。残念。

後は山腹のブナ林を抜けるルート。雪の重さに負けたのか倒木が結構あった。
ここのブナは背丈が高く、また結構太めの木もある。
立派なブナ林だ。

東西に伸びる高圧電線の鉄塔の下に出る。
この時間になると雲はなくなって日本晴れ。

西側、雫石盆地を抱えて北側から秋田駒ヶ岳から南側和賀岳へ続く山並みが見える

画像クリックで大きい画像見れます。

東側、北上平野の向こうに早池峰が、


この場所で撮影した写真はマニュアルモードで失敗。
青っぽく写ってしまった。残念。

この場所で昼食。

昼食後10分ほど歩くと車の通れる山岳道路へ出る。今は冬季閉鎖中。
ここに南昌山登山口がある。

ここからは気合の要る階段の急斜面。
階段の為自分の歩幅に合わせられずツライ。
頂上では山岳信仰の獅子頭達がお出迎え。

むかしマタギが担いで登ったんだろうか・・・・・?

で、二回目三角点撮影


ここから矢巾温泉目指し下山。
やっとこ登った階段を今度は駆け降りる。
階段終われば、ゆるやかな山岳道路を一時間降って終わり。

なんやかんやで、8時間かかってる。
疲れたァ。

車を置いてきたラ・フランス温泉までバスで戻る。
一風呂浴びた。

いつもと違い集団登山なので遅れたり早まったりしてはいけないので、
写真に時間を掛けれず、少なめの登山になった。
大人数も良し悪しだなと・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
志和三山縦走 低山ながら険峻な縦走(2005.05.08) 山歩き、大好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる